STORY OF THE LC EXTERIOR DESIGN

レクサスの新たな挑戦から生まれた、 唯一無二のデザイン。

Photo: LF-LC。

挑戦するデザイン

2012年、デトロイトオートショーで発表され、大きな反響を呼んだコンセプトカー「LF-LC」。タイヤとの隙も無いほど低く抑え込まれた車高、超ワイドな車幅。製品化を前提としないデザインスタディモデルでありながら、その醸し出す雰囲気は、未来のレクサスを感じさせる「原石」といえる存在でした。LCは、デザインの可能性を示したその原石を、実際に公道を走るクーペとして、より魅力的に具現化することに挑戦。それは、技術を革新することで新たなデザインを創造する、新世代レクサスの幕開けを象徴します。

美しさと、走りの魅力の一致

LCは、LF-LCのデザインイメージをモチーフに、デザインと走りで新世代レクサスを担う、新たなプラットフォーム開発の機会を得たことを最大限に活かし、デザインを創り上げていきました。プラットフォームのレイアウトには、エンジンをフロントアクスルの後方・低位置に配置したフロントミッドシップレイアウトを採用。これによって、クルマの運動性能が向上するだけでなく、エンジンルーム上方に余裕が生まれ、低いフードのデザインが可能となります。LCは、この特徴を活かして低く伸びやかなフロントフードからルーフラインへとつながる、ダイナミックなプロポーションを創造しました。そしてこの低いフードの実現には、新設計のフロントサスペンションが大きく寄与しています。幾度にもわたるジオメトリー検証を経てジョイントの取り付け位置を最適化することにより、走行性能と乗り心地を両立しつつ、低フード化を果たしたのです。デザインの挑戦は、それを実現する技術を伴ってはじめて、一台のクルマとして成立することになります。走りを追求することと、デザインの魅力を高めるベクトルが一致して生まれたデザイン、それがLCです。

エレガンスと機能の両立

デザイン開発を進めるうえで、エクステリア・インテリア共通のデザインテーマを設定しました。それは、先進技術を数多く盛り込みつつ、それらが主張することなく、大人の色気を感じさせるエレガンスで統一したテイストです。サーキットのみが似合うクルマではなく、ドライバーのライフスタイルを感じさせる佇まいのクーペをめざしました。そのエレガンスを象徴するデザインのひとつがフロントピラーです。ピラーの位置を車両後方に移し、角度と曲率、細さにまでこだわることで伸びやかなシルエットを強調。これにより、ドライバーの視界の良さも確保しています。

また、フロントピラーからタイヤに向かって伸びるフレアを作り込み、そこに差すハイライトがあたかもドライバーが手を伸ばしたかのように見えることで、クルマとの一体感を表現しました。このように、一見すると機能と相反するエレガンスのみを表現した造形に見えながら、機能との両立を図るデザインを追求することで、未来を予感させるクーペデザインに挑戦しています。街を走る多くのクルマの中で、その姿が目に飛び込み、見るほどに味わいを深めるクーペとして、LCは唯一無二の存在感を放ちます。