走行性能 足廻り

卓越した高速コーナリング性能のためのテクノロジー

リニアな
ステアリングフィールを追求した
マルチリンクサスペンション

ドライバーの操作や路面からの入力に対し、より微細に動きを制御できるフロントダブルボールジョイント式マルチリンクサスペンションを採用。各アームの配置を最適化することで、ステアリングの切り始めから手応えのある、リニアなステアリングフィールを実現しました。また、旋回時の横力に対する高い剛性を確保し、微小な操舵入力からすぐれた応答性を発揮します。
リヤサスペンションは、アームの最適配置とフリクションの低減により、高いスタビリティと上質な乗り心地を生み出します。
アブソーバーでは、減衰力特性の幅を拡大し、快適な乗り心地と高い操縦安定性能を両立しました。
また、フロント・リヤともに各部品の材質や構造などを徹底して検証。バネ下重量を軽くすることで、しなやかなサスペンションの動きを実現し、タイヤの接地感を向上させています。

ドライバーの意志で
走りを自由に選択できる
ドライブモードセレクト

モードスイッチを切り替えることにより、走行シーンやドライバーの気分に合わせてドライビングを楽しむことができます。







ドライブモード 運転特性
Sport S+ サーキットなどスポーツ走行に対応するモード
  サーキット走行などにおけるアグレッシブな運転操作に合わせ、ステアリングフィールをよりスポーティに切り替え、アクセルレスポンスや加速性能を最大化するギヤ段をつねに選択。
Sport S アクティブな走行や、高速走行に適したモード
  アップダウンやコーナー、高速道路など応答性・パワーを必要とするシーンで高回転のギヤ段を選択し、アクセルレスポンスや加速性能を向上。
Normal 市街地走行に適したモード
  燃費と走行性能のバランスを確保しつつ、ワインディングロードなどでは最適なギヤ段選択により楽しい走りを提供。
ドライブモード 運転特性
Comfort 乗り心地を優先したモード
  ゆったり走りたい時などに適した、しなやかな乗り心地を確保。


Eco 環境に配慮したモード
  穏やかなスロットル特性でドライバーの軽いアクセル操作をアシスト。エアコンの稼働も制御し、燃費の向上に貢献。
Custom 嗜好に合わせて設定できるモード
  パワートレーン、シャシー、エアコンの各モードの組み合わせを自由に選択可能。
ドライブ
モード
運転特性
Sport S+ サーキットなどスポーツ走行に対応するモード
  サーキット走行などにおけるアグレッシブな運転操作に合わせ、ステアリングフィールをよりスポーティに切り替え、アクセルレスポンスや加速性能を最大化するギヤ段をつねに選択。
Sport S スポーティな走行に適したモード
  アップダウンやコーナーなど応答性・パワーを必要とするシーンで高回転のギヤ段を選択し、アクセルレスポンスや加速性能を向上。
Normal 市街地走行に適したモード
  燃費と走行性能のバランスを確保しつつ、ワインディングロードなどでは最適なギヤ段選択により楽しい走りを提供。
Comfort 乗り心地を優先したモード
  ゆったり走りたい時などに適した、しなやかな乗り心地を確保。
Eco 環境に配慮したモード
  穏やかなスロットル特性でドライバーの軽いアクセル操作をアシスト。エアコンの稼働も制御し、燃費の向上に貢献。
Custom 嗜好に合わせて設定できるモード
  パワートレーン、シャシー、エアコンの各モードの組み合わせを自由に選択可能。

意図通りの制動力を追求ブレーキシステム

フロント対向6ポッドアルミモノブロックキャリパー、リヤ対向4ポッドアルミモノブロックキャリパーに高摩擦ブレーキパッドを組み合わせ、高い剛性と耐フェード性能を確保しました。さらに、マスターシリンダーサイズやペダルの配置・踏面形状などの最適化により、高い応答性とコントロールのしやすさを実現しています。ワインディング走行などにおいても安定した効きが得られ、ドライバーの意図する制動力を正確に発揮し、意図通りの速度調整に貢献します。ブレーキを踏み込んでいった際には効き込み感も得られるため、ドライバーに絶大な安心感を提供します。また、フロントには大径2ピースディスクローターを採用し、バネ下重量の低減に寄与しながら、熱変形を抑えて安定した効きを確保しています。

高摩擦ブレーキパッドはLC500h “S package” / LC500h、LC500 “S package” / LC500に標準装備。
ブレーキパッドについては、車速、制動力や車両を取り巻く環境 (気温、湿度等) によってはブレーキノイズが発生することがあります。

走りの楽しさを高める車両統合制御LDH (レクサス・ダイナミック・
ハンドリングシステム)

LDHは、安全とクルマを操る楽しさを両立するために車両を統合制御するVDIMコンセプトのもと、ギヤ比可変ステアリング[VGRS]、電動パワーステアリング[EPS]、後輪の切れ角を制御するDRSを統合制御するシステムです。ドライバーの操作に対し理想的な車両挙動を実現すべく、車速やステアリング操作などに基づき4輪のタイヤ切れ角を最適に制御。高速走行時の高い車両安定性、山岳路など中速走行時での軽快なステアリングレスポンスを実現します。
LCのLDHは、トルセン®LSDを組み合わせ、旋回中の加速性能を向上。
さらに、ブレーキ制御と協調したアクティブステアリング制御により、ドライバーが制御されていることを感じることなく、すぐれた旋回加速性、ライントレース性、車両コントロール性を確保します。
限界領域まで思いのままの走りを実現し、クルマを操る楽しさと安定した車両挙動を高次元で両立します。

“S package”に標準装備









ワインディング走行などで
ドライバーを支援する
アクティブコーナリングアシスト [ACA]

ワインディング走行等のシチュエーションで、思い描いたラインを走行できるようにサポートします。コーナリング中、アクセルを踏み込んだときに発生しやすい車両のアンダーステアを抑制し、すぐれた旋回性能を確保。高い車両安定性を実現します。

“L package” / LC500h / LC500*1 / Convertible*1に標準装備

コーナリング時の加速に貢献するトルセン®LSD

駆動輪であるリヤタイヤのトラクション性能を確保し、コーナーの立ち上がりなどでよりダイナミックな加速を発揮。減速時にもスムーズで安定感のある挙動を確保します。

“S package”に標準装備 LC500*1 / Convertible*1*2にメーカーオプション

パフォーマンスダンパー® (リヤ)

リヤバンパーリインフォースメント部に「パフォーマンスダンパー®」を設定。走行中に生じるボディのねじれや微振動を速やかに吸収し、ハンドリング特性をいっそうシャープにするとともに、すぐれた乗り心地にも貢献します。

LC500 全車に標準装備









*1.
トルセン®LSDを選択した場合、アクティブコーナリングアシスト [ACA] は装着されません。
*2.
トルセン®LSDとフロント245/45RF20+リヤ275/40RF20ランフラットタイヤ&ノイズリダクションアルミホイール (切削光輝) は同時装着できません。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
走行シーンの写真の一部は合成です。
装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。
VDIM: Vehicle Dynamics Integrated Management
VGRS: Variable Gear Ratio Steering
EPS: Electric Power Steering
DRS: Dynamic Rear Steering
LDH: Lexus Dynamic Handling system
LSD: Limited Slip Differential
ACA: Active Cornering Assist
トルセン®、TORSEN®は (株) ジェイテクトの登録商標です。
「パフォーマンスダンパー」はヤマハ発動機 (株) の登録商標です。