DRIVING PERFORMANCE AERODYNAMIC BODY

ボディの細部にまで織り込まれた空力性能

風の流れを走行安定性に活かすボディ形状

LCのダイナミックなプロポーションは、風の流れを利用して車両前後の揚力バランスを整える空力性能を追求しています。低く構えたフロントノーズからフロントピラーへ滑らかにつながる独自の造形により、空気を剥離させることなくスムーズに後方へ誘導。車体下を流れる風は、ダウンフォースを生み出すスポイラー形状により揚力を抑え、さらに、広範囲にわたりフラット化したアンダーカバー下を通り、緩やかに切り上がったバンパー後方へスムーズに導出されます。このように風の流れをコントロールすることで、空気抵抗を低減しつつ、最適なダウンフォースを得て、走行安定性を確保しています。

エレガントなデザインと融合した空力機能

高速走行時に気流が乱れやすいタイヤ周辺の空力処理を、デザインと一体化した機能美として織り込みました。ワイドスタンスを強調する縦基調のターンランプデザインと融合したサイドグリルが前面からの風をフロントホイールアーチへスムーズに流し、また、アグレッシブに張り出したリヤフェンダーに設置したロッカーサイドグリルによって、側面からの風をリヤホイールアーチへ抜ける導線で整流。この前後のサイドグリルにより、空気抵抗の低減とホイールハウス内に発生する揚力を抑制して、高速走行を安定化させます。

操縦安定性を確保するエアロスタビライジングフィン

デザインや空気抵抗に影響を与えることなく、操縦安定性を確保するため、ドアガラス前方にエアロスタビライジングフィンを採用しました。小さなフィンが作り出す空気の渦がボディ側面の空気の剥離を抑え、空気抵抗の低減と車両安定性の確保を両立します。