POINT GUIDE POINT GUIDE
Photo: 海外仕様車

NEW IS POINT GUIDE

新型ISは、ワイド&ローなフォルムにこだわり、
また高精度なプレス技術によってシャープな造形を
実現し、アグレッシブな意匠としました。

Toyota Technical Center Shimoyamaをはじめとする
世界各地で走り込み、
走りの性能を鍛え上げ、
細部まで徹底的にこだわり抜くことで、
日常の走行シーンにおいても
走りの気持ち良さを感じることができます。

EXTERIOR DESIGN

キビキビとした走りを想起させる、
低重心でアグレッシブなスタイルを追求。
これまでの4ドアセダンとは一線を画す、ワイド&
ローかつ流麗なクーペシルエットを創出しました。

確認したい項目を選択してください
進化ポイント
車両サイズ
低重心かつアグレッシブなフロントビュー

新型の薄型ヘッドランプで
低重心を強調。

イメージ

低い先端から始まる立体感。
精度感とスポーティさを両立した
スピンドルグリル。

イメージ
size size size
現行IS
close open
現行IS
抑揚のあるサイドビュー

3種類のホイールデザイン。

イメージ

フレアとの落差で、今までの
4ドアセダンにはない挑発的な造形。

イメージ

後方で蹴上がるロッカーの光受け面と
全体のシンプルで艶のある面。

裾野を伸ばし平面に絞ったキャビン。

エッジを効かせることで
アジャイル感を強調。

size size size
現行IS
close open
現行IS
低重心なスタンスを表現したリヤデザイン

左右のL字形状を結ぶ一文字のリヤコンビネーションランプで、ワイド感を強調。

イメージ

背面視での低いショルダーや
バックドア後端。

立体的なバンパーガーニッシュにより
低重心な構えを創出。

size size size
現行IS
close open
現行IS
front
side
back

INTERIOR DESIGN

乗った瞬間に走る気にさせる、トリムアッパーまで
2トーンカラー化した水平基調の
インストルメントパネルは、
ワインディングやサーキットで左右に頻繁に動く
ドライバーの視線を遮らない、
そんな機能の追求から生まれました。

スポーティな丸型サイドレジスター。

イメージ

インストルメントパネル上部や
ドアパネルに有彩色を設定し
ツートーン配色とすることで、
左右方向の広がりを強調。

指先による直感的な操作ができる
10.3インチタッチワイドディスプレイ。

イメージ

作動と解除をスイッチ操作のみで
行える電動パーキングブレーキ。

イメージ

複数のエンボスラインを交差させた
ドアトリムオーナメント表皮。

イメージ
open close
現行IS

DRIVING PERFORMANCE

さまざまなシーンを想定し、磨き上げた走り。
ISならではの走りの世界が、さらに熟成し、
さらに進化しました。

高剛性・軽量ボディ

スポット溶接のスポット打点の追加やラジエーターサポートサイド、Cピラーインナーの剛性を上げてボディ剛性の増加を図るとともに、フロントドア、リヤドア、ラゲージドアを軽量化して慣性モーメントを低減し走りを向上させました。

ハブボルト締結構造を新たに採用

ハブベアリングとホイールの締結をハブボルトによる締結構造に変更。高剛性化とばね下の軽量化により、すっきりとした手応えのある操舵フィールと質感の高い乗り心地に貢献します。また、ホイール穴を小さくし、伸びやかなスポークのデザインを実現しました。

すぐれた操縦安定性を実現した
空力性能

ベルトモールによるボディとの段差をなくすことで、空気の流れがリヤまでボディを沿うようにし、すぐれた操縦安定性を確保。操縦安定性と意匠性との二律双生を実現しました。

スウィングバルブ
ショックアブソーバー

走り出す瞬間の微細な姿勢変化や、高速道路を巡航しているシーンなどでのボディの微小な動きに対しても減衰力を発生するスウィングバルブショックアブソーバーを設定しました。

SAFETY

事故低減効果の高い予防安全機能を
組み合わせることで、
多面的な安全運転支援を
可能にし、重大事故の低減に大きく貢献します。

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ
プリクラッシュセーフティ
(歩行者〔昼夜〕・自転車運転者〔昼〕検知機能付衝突回避支援タイプ)

ミリ波レーダーの検知範囲を広角化、カメラの性能を向上させたことで、夜間の歩行者と自転車運転者の検知を可能にしました。衝突の可能性が高いとシステムが判断した場合、ブザーとディスプレイで危険をお知らせ。ブレーキを踏めた場合はブレーキ踏力をアシスト、踏めなかった場合は自動的にブレーキを作動させることで、衝突回避を支援、あるいは衝突被害の軽減に寄与します。

交差点右左折支援

交差点右折時に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者の検知も可能となりました。
*走行方向が左側通行の場合。右側通行の場合は左折時。

緊急時操舵支援 (対歩行者)

歩行者と衝突する可能性が高く、操舵回避が有効かつ自車線内で回避が可能とシステムが判断した状態で、ドライバーの回避操舵があった場合、ドライバーの回避操舵と車線逸脱抑制支援を行います。

レーントレーシングアシスト[LTA]

高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時に、車線維持に必要なステアリング操作支援を行います。緩やかなカーブの走行や白線が認識しづらいシーンでも、すぐれたレーントレース性能を実現しました。また、白(黄)線が検出困難な場合でも先行車に追従する支援を行います。白線以外にも、アスファルトと縁石の境界などを見分けて走路を認識することで、より多くのシーンでドライバーへ安心感を与えます。さらに、車線から逸脱する可能性があることを警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作支援を行います。

ロードサインアシスト[RSA]

単眼カメラで認識した「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」「一時停止」の道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示します。道路標識の見落としを減らし、安全運転を促します。また、単眼カメラによって認識された「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」の道路標識に対し、違反動作を行っているとシステムが判断した場合、表示の反転や点滅でドライバーに告知します。

Lexus Safety System +を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System +は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System + およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてはこちら

ご使用になる際のお客さまへのお願い
運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
back BACK TO
TOP PAGE