走行性能 レクサスハイブリッドドライブ

レスポンスの良さを高めたハイブリッドシステム

さらに走りがスポーティになったL4 2.5Lエンジン搭載ハイブリッドシステム
*1
IS300h “version L” 2WD車は、メーカーオプション装着により車両重量が1,730kg以上の場合、17.9km/Lとなります。
*2
IS300h “version L” 2WD車は、メーカーオプション装着により車両重量が1,730kg以上の場合、18.2km/Lとなります。
*3
エンジンとバッテリーにより、ハイブリッドシステムとして発揮できる出力 (社内算定値)。

さらに走りがスポーティになった
L4 2.5Lエンジン搭載
ハイブリッドシステム

Dual VVT-iやD-4Sを採用するエンジンと高出力・高トルクモーターや電気式無段変速機のトランスミッションを融合し、環境性能と走行性能を追求したハイブリッドシステム。市街地を走るときは燃費性能の確保と速度調節が行いやすく、ワインディングロードや高速道路の合流などでは反応良く伸びやかに加速します。アクセル操作に対する駆動力の出力制御を最適化することで、電動モーターがもたらすレスポンスの良さを際立たせ、ドライバーの意図通りに動く、楽しくスポーティな走りを実現しました。

IS300h全車に標準装備

モーターのみで走行可能な
EVドライブモード

ハイブリッド駆動用バッテリーの電力を使うことで、エンジンの始動を制限。早朝・深夜の住宅街を静かに走りたい、屋内駐車場などで排出ガスを出したくないといったドライバーの気持ちにしっかりと応えます。

IS300h全車に標準装備

エンジン水温、バッテリーの充電状態、車速等の条件により、EVドライブモードにできない場合があります。

高い走破性と静粛性を両立した
AWDシステム

前後輪に豊かな動力を配分するトランスファーにトルセン®LSD (センターディファレンシャルギヤ) を採用。前後輪の車輪速度に速度差が生じると作動し、トランスミッションからの駆動トルクを適切に配分します。通常は前後輪のトルクを40:60で配分し、高い走破性を実現。さらに、走行条件に応じて前後輪に50:50から30:70の間で瞬時にトルク配分し、すぐれた操縦安定性をもたらします。また、カウンターギヤ歯車の加工精度を向上させるなど細部にチューニングを施し、レクサスにふさわしい静粛性を実現しています。

IS300h AWD全車に標準装備

燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客さまの使用環境 (気象、渋滞等) や運転方法 (急発進、エアコン使用等) に応じて燃料消費率は異なります。
WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。
D-4S: Direct-injection 4 stroke gasoline engine Superior version
Dual VVT-i: Dual variable Valve timing-intelligent
LSD: Limited Slip Differential
トルセン®、TORSEN®は (株) ジェイテクトの登録商標です。
“LEXUS” ““F SPORT”” “Lfinesse” “D-4S” “D-4ST” “Dual VVT-i” “SPDS” “VDIM” “VSC” “TRC” “ECB” “OPTITRON” “TSOP” はトヨタ自動車 (株) の商標です。