LEXUS SAFETY ADVANCED SAFETY TECHNOLOGY

心おきなく走るための
先進テクノロジー

Lexus Safety System +

歩行者保護にも対応した機能を含む、4つの予防安全システムをパッケージ化。
事故低減効果の高い4つの予防安全機能 (歩行者検知機能付衝突回避支援、車線逸脱防止支援、夜間視界支援、車間距離維持走行支援)を組み合わせることで、多面的な安全運転支援を可能にし、重大な事故の低減を図ります。

プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付
衝突回避支援タイプ)

進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。万が一、車両や歩行者と衝突しそうな場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、ドライバーの回避行動をサポートします。また、仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動します。例えば停止車両に対し自車の速度が約40km/hの場合は、約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援。また、例えば歩行者との速度差が約30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援します。

プリクラッシュブレーキは、対車両の場合は自車速度約10km/h以上、対歩行者の場合は自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態、歩行者の状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。数値は社内測定値。

車線逸脱の可能性を
ドライバーに知らせる
レーンディパーチャーアラート[LDA*1
(ステアリング制御機能付)

道路上の白線 (黄線) を単眼カメラで認識。ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ステアリング振動*2もしくは警報ブザー、さらにディスプレイ表示により注意喚起します。同時に電動パワーステアリング[EPS]を制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。また、車両のふらつきを検知して、警報ブザーとメーター表示により休憩を促します。

本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。レーンディパーチャーアラート[LDA]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

ロー・ハイビームを
自動で切り替える
オートマチックハイビーム
[AHB*3*4

夜間走行時に、周囲の明かりの状況によりハイビームで走行可能と判断した場合、ロービームをハイビームに自動的に切り替え、前方視界確保をアシスト。先行車や対向車などを検出するとハイビームからロービームへ切り替え、ドライバーの切り替え忘れを防ぐとともに手動操作の煩わしさを軽減。スイッチ操作でオフにすることもできます。

車間距離を保ちながら追従走行する
レーダークルーズコントロール
(ブレーキ制御付)*5

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。高速道路の走行時などのシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。

見えにくい並走車の存在を知らせる
ブラインドスポットモニター
[BSM*6*7*8

走行中、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両を検知するとドアミラー内のインジケーターが点灯。車両を検知した状態でウインカーを操作するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。

全車にメーカーオプション*9

駐車場からの後退を支援する
リヤクロストラフィックアラート
[RCTA*10*7*8

駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニター[BSM]のレーダーにより検知。ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーでドライバーに注意を喚起します。

全車にメーカーオプション*9

Lexus Safety System +を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System +は
予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System + およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際のお客さまへのお願い
運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、予め取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
*1.
LDA: Lane Departure Alert
*2.
マルチインフォメーションディスプレイのカスタマイズ機能を使用して、警報ブザーとステアリング振動の警報手段を切り替えることができます。
*3.
AHB: Automatic High Beam
*4.
ロー・ハイビームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時はつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転に心がけてください。
*5.
車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
*6.
BSM: Blind Spot Monitor
*7.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*8.
ブラインドスポットモニター[BSM]およびリヤクロストラフィックアラート[RCTA]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバーご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*9.
ブラインドスポットモニター[BSM]とリヤクロストラフィックアラート[RCTA]は同時装着となります。
*10.
RCTA: Rear Cross Traffic Alert