NEW ES SPECIAL CONTENT

LEXUSが追い求めてきた上品さは、
いま新たな次元へ

基本性能を磨き上げ、
さらなる上品さを追求した新型ES。
ここでは、その進化のストーリーや
インプレッションムービーなど、新型ESの魅力を
あらゆる視点からお伝えします。

STORY OF ES

photo photo
1989
LEXUSの創業時から
世界で愛されてきた一台

LEXUS創業とともに誕生したES。
ブランドの原点でもある
「上質な乗り心地と静粛性」を最大の魅力として、
今まで80以上の国や地域のオーナー様、
そして各地の道と対話を重ね、
その魅力を磨き続けてきたクルマです。 

photo photo
photo photo
2018
期待を超える上品さを
日本のお客様へ

2018年には、「上質な乗り心地と静粛性」を
さらに進化させたESが、日本でも販売開始。

上質な走りを予感させる
流麗かつワイド&ローのシルエットだけでなく、
一度走り出せば
ESが培ってきた上品な走りを感じていただける
一台として日本のお客様にお届けしました。

photo photo
2021
自分らしい豊かな時間に
寄り添う一台を

2021年、ESはさらに進化を遂げ、
特徴である「上質な乗り心地と静粛性」を
向上させるとともに、
ドライバーの意図に忠実でリニアな応答も追求。

自分らしい豊かな時間に寄り添う、
そんなLEXUSならではの移動体験を感じる
一台を目指しました。

新型ESインプレッションムービー

新型ES特長や、進化秘められた
こだわり語ります。

新型ES 走り魅力

LEXUSのDNAである上品さを感じさせる
優れた静粛性乗り心地

ドライバーの意図に忠実でリニアな応答がもたらす
運転シームレスつながる
気持ちよさ

photo photo
DRIVING

優れた静粛性、リニアなレスポンス。
いつもの移動が、優雅なひとときに変わります。

エンジン ▼
L4 2.5ℓエンジン&
ハイブリッドシステム

小型・軽量・高効率化を実現させたハイブリッドユニットと高次元で融合させたハイブリッド制御により、アクセル操作に即応し、スムーズで伸びのある加速感を実現。エンジンのカバー裏に吸音材を設置することで静粛性も向上しています。

photo photo
ショックアブソーバー ▼
ショックアブソーバー

前後サスペンションのショックアブソーバーには、ボディの微小な動きにも応答するスウィングバルブショックアブソーバーを設定。走り出しのすぐれたフラット感や高速走行時にすぐれた乗り心地を実現しています。

“version L”
ES300h
photo photo
フロント
photo photo
リア
  • = 標準装備
  • = メーカーオプション
AVS ▼
AVS

ES300h“F SPORT”に新型のアクチュエーターを用いたリニアソレノイド式AVSを採用。油圧制御用ソレノイドのオイル流量制御バルブの流路を拡大し、低減衰力にも対応させるとともに、減衰力の可変幅を拡大。上質な乗り心地と操舵応答性、安定性を両立しました。

*Adaptive Variable Suspension system
“F SPORT”
  • = 標準装備
  • = メーカーオプション
ブレーキ ▼
ブレーキ

電子制御ブレーキシステムの制御定数変更、ブレーキペダルパッドの形状変更、ブレーキペダルのブッシュ取り付け方法見直しによるペダル横方向の剛性感アップなど、さまざまな最適化によってコントロール性を高めました。

メンバーブレース ▼
メンバーブレース

2枚の板を合わせた新構造にすることで、ねじりや曲げに対する剛性を高め、乗り心地を向上。高速のレーンチェンジといったシーンにおいても、よりリニアでドライバーの意のままのドライビングフィールを実現します。

快適ドライビング支える、
充実室内装備先進安全機能も。

INTERIOR

人間中心の設計で、
運転での疲れにくさを追求。
さらに、大切な人も心地よい
ひとときを過ごせる装備も。

イメージ
12.3インチタッチワイドディスプレイ
&リモートタッチ(タッチパッド式)

直感的に使いこなせるタッチディスプレイを採用。ドライバーとの最適な距離と角度を探求し、画面の隅まで無理なく操作できるようにレイアウト。画面をガラス素材にすることで、視認性や操作性にも配慮しています。

イメージ
センタークラスター
&ヒーターコントロールパネル

レーザーで一本ずつ掘る加工方法から生まれた精緻なヘアライン加飾のオーナメントを採用。艶やかなピアノブラック塗装の加飾パネルとのコーディネートにより、モダンな雰囲気を演出します。

イメージ
「ナノイーX」

「ナノイーX」は「ナノイー」の10倍の量のOHラジカルを含む微粒子イオンです。運転席側吹き出し口から室内へ放出されます。車室内を快適な空気環境に導く「ナノイー」がさらに進化しました。

※「nanoe(ナノイー)」=nano-technology+electric 最先端のテクノロジーから生まれた“水につつまれている電気を帯びたイオン”。
※使用環境によっては「ナノイー」の効果が十分に得られない場合があります。

イメージ
“マークレビンソン”
プレミアム
サラウンドサウンドシステム

インストルメントパネルからドア上端につながるショルダーラインの高さに、まったく同じ性能を持つ7つのUnity™スピーカーを囲むように配置。スピーカー位置が耳に近くなり遮蔽物が減少することで、クリアな音源をお届けします。

“version L”
“F SPORT”
  • = 標準装備
  • = メーカーオプション
イメージ
ウォールナットオーナメントパネル
(運転席・助手席・ドア)

優美で穏やかなウォールナットの木目を活かした、オープンフィニッシュ加工の本杢パネルを採用。新色の墨ブラックは、東洋の文化と美意識を表現しています。

“version L”
ES300h
  • = 標準装備
  • = メーカーオプション
運転席10Way
&助手席8Way調整式パワーシート
(運転席・助手席4Way電動ランバーサポート・ポジションメモリー・助手席肩口パワーシートスイッチ付)

フロントシートは、骨盤角度から検証し、疲れにくい運転姿勢を追求。さらに姿勢くずれを低減するホールド性と包まれ感のあるクッション性も追求し、長時間のドライブであっても快適な座り心地を実現しました。

“version L”
  • = 標準装備
  • = メーカーオプション
イメージ
後席センターアームレスト
/ トランクスルー

後席センターアームレストには、カップホルダーと収納ボックスを設定。ES300h“version L”には、コントロールパネルも設定。また、全車でラゲージルームに積み込めないような長さのある荷物も積載できるトランクスルー機構を標準装備しています。

※写真はES300h“version L”。

リヤシート

フロントシート同様、着座姿勢から検証したリヤシートを採用。シート骨格をはじめとする基本性能から磨き上げることで、快適な座り心地を追求しています。

後席空間

大切なご家族やご友人、お客さまに居心地の良さを感じていただくために、開放的かつ安心感のある空間をめざしました。また、フロアカーペットやシート周りなど広範囲に吸音材や遮音材を配置し、車室内の高い静粛性も実現しています。

電動リクライニング機能

ES300h“Version L”には、電動リクライニング機能、コントロールパネル付のアームレスト、シートヒーターを設定。エアコンやオーディオ、電動リヤウインドゥサンシェードなどを操作することもできます。

足元スペース

足元スペースは、前席との間にゆったりとしたスペースを確保。さらにGA-Kプラットフォーム採用により、ゆとりある乗降スペースも実現しました。

頭上スペース

GA-Kプラットフォームを採用したことで、ゆとりある頭上スペースも確保し、ストレスフリーの後席空間に仕上げました。

フロントシート
リアシート
photo photo
SAFETY

先進安全機能も充実し、
快適な運転をサポート。

レーントレーシングアシスト[LTA]

高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作支援を行うことでドライバーの運転負荷を軽減します。また、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)を使用していない場合でも、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能は作動可能です。

photo photo

※安全性の観点から、ドライバーはステアリングを持ち続ける必要があります。手を放すと、車線逸脱抑制機能と車線維持支援機能が停止します。
※レーントレーシングアシスト[LTA]は自動で運転する装置でも前方への注意を軽減する装置でもないため、運転者はつねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ステアリング操作で進路を修正し、安全運転を心がけてください。
※車線逸脱警報機能(車線維持支援機能中は除く)、車線逸脱抑制機能は約50km/h以上で作動します。
※ 例えば次のような条件下では、車線維持支援機能、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能が正常に作動しない場合があるため、使用しないでください。
●車線と見間違えるような路側構造物がある時(ガードレール、反射ポールなど) ●分合流付近を走行中 ●急カーブを走行中 ●雨・雪・霧などで車線が見えにくい時 など
※例えば次のような条件下ではシステムの作動条件が満たされず車線維持支援機能、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能の作動をキャンセルする場合があります。
●車線を見失った時 ●ドライバーの追加運転操作を検知した時(ステアリング、ブレーキ、アクセルの操作など) など
※車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能は走路の境界がはっきり見えない場合、または直線的ではない場合には正常に作動しない場合があります。
※故意に車線から逸脱して走行するなど、システムの作動を確認する行為はたいへん危険です。絶対におやめください。
※車線維持支援機能が先行車に追従する支援を行う場合、先行車が車線を右、または左に片寄って走行、または車線変更した時は、先行車の位置に合わせて自車も片寄って走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。先行車がふらついた時は、自車もふらついて走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。

Lexus Safety System+を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System+は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System+、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際の
お客さまへのお願い
  • ■ 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、
    ご自身の操作で安全を確保してください。
  • ■ 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、
    最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ 車両姿勢が変化する架装 ・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装 ・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、
    思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
レーダークルーズコントロール
(全車速追従機能付)

先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保つことで追従走行を支援します。先行車が停止したときは、自車も停止して停止状態を保持。先行車が発進したときは、ドライバーの操作によって発進し、追従走行を再開。高速道路の渋滞走行時など停止発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

※本機能は、ドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。
 詳しくはレクサス販売店におたずねください。

Lexus Safety System+を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System+は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System+、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際の
お客さまへのお願い
  • ■ 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、
    ご自身の操作で安全を確保してください。
  • ■ 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、
    最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ 車両姿勢が変化する架装 ・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装 ・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、
    思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
プリクラッシュセーフティ

(歩行者〔昼夜〕・自転車運転者〔昼〕検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

前方の車両や歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

photo

※本機能はパーキングサポートブレーキ(前後方静止物)の対象物である壁などに対しては作動しないシステムで、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)の代替機能となるシステムではありません。
※プリクラッシュブレーキは、対車両の場合は自車速度約10km/h以上、対歩行者、自転車運転者の場合は自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、本機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態、歩行者や自転車運転者の状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。数値は社内測定値。

Lexus Safety System+を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System+は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System+、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際の
お客さまへのお願い
  • ■ 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、
    ご自身の操作で安全を確保してください。
  • ■ 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、
    最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ 車両姿勢が変化する架装 ・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装 ・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、
    思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
交差点右左折支援

交差点右折時に直進してくる対向車および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。ブザーと表示で衝突の可能性を知らせ、その後プリクラッシュブレーキを作動。衝突回避または被害軽減をサポートします(自転車運転者は検知しません)。

photo

※プリクラッシュブレーキは、対車両の場合は自車速度約10km/h以上、対歩行者、自転車運転者の場合は自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、本機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態、歩行者や自転車運転者の状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。数値は社内測定値。

Lexus Safety System+を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System+は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System+、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際の
お客さまへのお願い
  • ■ 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、
    ご自身の操作で安全を確保してください。
  • ■ 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、
    最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ 車両姿勢が変化する架装 ・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装 ・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、
    思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
緊急時操舵支援

歩行者、自転車運転者、車両と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあるとシステムが判断した場合で、ドライバーの回避操舵があったとき、操舵支援を行い、車両安定性確保と車線逸脱抑制に寄与します。

photo

※回避するための十分なスペースがない、また、回避先に物があるとシステムが判断した場合には作動しません。
※プリクラッシュブレーキは、対車両の場合は自車速度約10km/h以上、対歩行者、自転車運転者の場合は自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、本機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態、歩行者や自転車運転者の状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。数値は社内測定値。

Lexus Safety System+を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System+は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System+、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際の
お客さまへのお願い
  • ■ 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、
    ご自身の操作で安全を確保してください。
  • ■ 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、
    最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ 車両姿勢が変化する架装 ・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装 ・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、
    思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
ブレードスキャン®アダプティブ
ハイビームシステム[AHS]

ブレードミラーの回転に合わせてLEDの点灯・消灯を制御することで、照射エリアと遮光エリアをきめ細かく調整。遠方の歩行者や路肩、標識などをより早く認知できる配光を実現します。さらに、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光するなど、夜間走行時のストレスを軽減し、安全運転に寄与します。

“version L”
“F SPORT”
ES300h*
photo

*三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)&LEDターンシグナルランプ(フロント)、ブレードスキャン®アダプティブハイビームシステム[AHS]、ヘッドランプクリーナー、マルチウェザーライトは同時装着となります。
※道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。

  • = 標準装備
  • = メーカーオプション
Lexus Safety System+を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System+は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System+、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際の
お客さまへのお願い
  • ■ 運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、
    ご自身の操作で安全を確保してください。
  • ■ 各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、
    最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ 車両姿勢が変化する架装 ・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装 ・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、
    思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
  • ■ ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
デジタルアウターミラー

室内に設置した5インチのディスプレイに車両左右後方の映像を表示。右左折時や後退時の死角を低減し、視線移動を抑えることで、安全運転を支援します。高性能アウターカメラが夜間でもクリアな映像を実現。鏡面ミラーよりも小型のため、斜め前方の見通しも確保しています。

“version L”
“F SPORT”
photo
ディスプレイ(運転席側)
photo
アウターカメラ
photo
悪天候時
photo
後続車のヘッドランプ入射時
photo
夜間時

*パノラミックビューモニターを選択した場合に装着可能となります。

■デジタルアウターミラーの注意点
※走行前には、必ずミラーの表示範囲調整を安全な場所に停車して行い、走行中には絶対に行わないでください。調整を行っていないと、映像が正しい方向を表示していない場合があります。
※デジタルアウターミラーのリバース連動・ウインカー連動・スイッチ操作による表示エリア拡大時には、通常映像時とは映像に映る人・物・車両のサイズが異なります。あらかじめ両者の映像の見え方を確認の上、ご使用ください。
※後続車のライトがちらついて見える、映像の色と実際の色が異なって見える、夜間に後続車のヘッドライトの周囲が白くぼやけて見えるなどの現象が発生することがありますが、異常ではありません。
※体調、年齢などにより、ディスプレイに焦点が合うまで時間がかかる場合があります。焦点が合わせづらいと感じたときは、安全な場所に停車し、ディスプレイの明るさを調整するなどし、焦点が合うまで運転は控えてください。
※運転中は、目視による車両周辺の安全確認も行ってください。
※立体駐車場など明るい場所と暗い場所が混在する場所や、夜間に後方車両のヘッドライトが映された場合などに、周囲が暗く映る場合があります。
※カメラに水滴、雪、泥などの異物や汚れが付着していると、鮮明な映像を見ることができません。霜などはカメラヒーターを作動させ除去し、泥などの異物は大量の水で汚れを流した後、水で湿らせた柔らかい布でカメラレンズを拭いてください。

  • = 標準装備
  • = メーカーオプション

COLOR SIMULATION

ホワイトノーヴァガラスフレーク〈083〉
※“F SPORT”専用色。
ソニッククォーツ〈085〉
※“F SPORT”は選択できません。
ソニックチタニウム〈1J7〉
ソニッククロム〈1L1〉
ソニックイリジウム〈1L2〉
ブラック〈212〉
グラファイトブラックガラスフレーク〈223〉
レッドマイカクリスタルシャイン〈3R1〉
アイスエクリュマイカメタリック〈4X8〉
※“F SPORT”は選択できません。
サンライトグリーンマイカメタリック〈6X0〉
※“F SPORT”は選択できません。
ヒートブルーコントラストレイヤリング〈8X1〉
※“F SPORT”専用色。
ディープブルーマイカ〈8X5〉
※“F SPORT”は選択できません。

※画像は海外仕様車です。なお国内仕様車の場合、リヤスポイラーはES300h “F SPORT”標準装備、
ES300h、ES300h “version L”にメーカーオプションとなります。