SAFETYOTHER SAFETY

安心感につながる先進安全テクノロジー

広い視認エリアと
夜間や雨天時のクリアな視界を確保する
デジタルアウターミラー

5インチのディスプレイに車両左右後方の映像を表示し、右左折時や後退時の死角を低減。室内にディスプレイを配置し視線移動を抑えることで、安全運転を支援します。また、アウターカメラを鏡面ミラーより小型化したことで、斜め前方の見通しも確保しています。
“version L”にメーカーオプション

■夜間や雨天時にもすぐれた視認性を発揮

雨の影響を受けにくいカメラ形状と照度センサーにより、自動で輝度調整するディスプレイを採用したことで、外部環境に応じたすぐれた視認性を確保。カメラに霜などが付着した場合は、カメラヒーターを作動させることで除去できます。



■右左折時や後退時の表示エリアを拡大

ウインカー操作やリバース操作に連動して、表示エリアを自動で拡大させることが可能です。また、スイッチ操作で、一時的に表示エリアを拡大することもできます。

■デジタルアウターミラーの注意点

⾛⾏前には、必ずミラーの表示範囲調整を安全な場所に停車して行い、⾛⾏中には絶対に⾏わないでください。調整を⾏っていないと、映像が正しい方向を表⽰していない場合があります。
デジタルアウターミラーのリバース連動・ウインカー連動・スイッチ操作による表示エリア拡大時には、通常映像時とは映像に映る⼈・物・⾞両のサイズが異なります。あらかじめ両者の映像の見え⽅を確認の上、ご使⽤ください。
後続車のライトがちらついて見える、映像の色と実際の色が異なって見える、夜間に後続車のヘッドライトの周囲が白くぼやけて見えるなどの現象が発生することがありますが、異常ではありません。
体調、年齢などにより、ディスプレイに焦点が合うまで時間がかかる場合があります。焦点が合わせづらいと感じたときは、安全な場所に停車し、ディスプレイの明るさを調整するなどし、焦点が合うまで運転は控えてください。
運転中は、目視による車両周辺の安全確認も行ってください。
立体駐車場など明るい場所と暗い場所が混在する場所や、夜間に後方車両のヘッドライトが映された場合などに、周囲が暗く映る場合があります。
カメラに⽔滴、雪、泥などの異物や汚れが付着していると、鮮明な映像を⾒ることができません。霜などはカメラヒーターを作動させ除去し、泥などの異物は大量の水で汚れを流した後、⽔で湿らせた柔らかい布でカメラレンズを拭いてください。

接触事故の低減に寄与する駐車支援システム
パーキングサポートブレーキ[PKSB]

パーキングサポートブレーキ (静止物) [PKSB]

低速走行時に壁などの静止物までの距離と危険度を、カラーヘッドアップディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイ、およびフロント・リヤブザーなどでお知らせします。低速走行時に壁などの静止物と衝突する可能性が高いと判断した場合、自動 (被害軽減) ブレーキをかけます。
全車に標準装備

パーキングサポートブレーキ (後方接近車両) [PKSB]

後退して出庫する際、自車後側方から接近する車両の存在を、ドアミラー、12.3インチワイドディスプレイ、およびリヤブザーでお知らせします。自車後側方から接近する車両と衝突する可能性が高いと判断した場合、自動 (被害軽減) ブレーキをかけます。
“version L”に標準装備 “F SPORT” / ES300hにメーカーオプション

ブラインドスポットモニター[BSM]と同時装着となります。

パーキングサポートブレーキ (後方歩行者) [PKSB]

後退して出庫する際、自車後方の歩行者の存在を、12.3インチワイドディスプレイ、およびリヤブザーでお知らせします。自車後方の歩行者と衝突する可能性が高いと判断した場合、自動 (被害軽減) ブレーキをかけます。
“version L”に標準装備

本機能は、ドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態、歩行者の状態等によっては、作動しない場合があります。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
パーキングサポートブレーキ[PKSB]が作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま前進・後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。
歩行者以外の立体物に対しても作動することがあります。ブレーキ作動後はブレーキを踏んで周囲の確認をお願いします。
カラーヘッドアップディスプレイはES300h “version L”に標準装備。ES300h “F SPORT”、ES300hにメーカーオプション。
字光式ナンバープレートは装着できません。

車両周辺の安全確認をサポートする
パノラミックビューモニター

車両の前後左右に搭載したカメラから取り込んだ映像を合成し、車両を上から見たような映像を12.3インチワイドディスプレイに表示。運転席から目視しにくい車両周囲の状況をリアルタイムで確認できます。
“version L”に標準装備

パーキングサポートブレーキ[PKSB]協調表示を行い、画面表示で注意喚起します。
字光式ナンバープレートは装着できません。

車両後側方の安全性に寄与する
ブラインドスポットモニター[BSM]

走行中、ドアミラーまたはデジタルアウターミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラー内またはデジタルアウターミラーディスプレイのインジケーターが点灯、車両を検知した状態でウインカーを操作するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。
“version L”に標準装備 “F SPORT” / ES300hにメーカーオプション

パーキングサポートブレーキ (後方接近車両) [PKSB]と同時装着となります。
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
ブラインドスポットモニター[BSM]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバーご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。

レクサスの予防安全パッケージレクサスの予防安全パッケー

Lexus Safety System +を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System +は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System +、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際のお客さまへのお願い
運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。

ES は「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド> (サポカーS<ワイド>) は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動 (被害軽減) ブレーキ [対歩行者・対車両] 、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトなどの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。
■ Lexus Safety System + / パーキングサポートブレーキ[PKSB]

安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、各機能は、ドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱説明書をご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。
安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心がけてください。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
走行シーンの写真の一部は合成です。
室内写真には機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルが含まれています。
室内写真の計器盤は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。
BSM: Blind Spot Monitor
PKSB: Parking Support Brake