CAR

アップグレードで最新の走りに進化

2023.12.18 MON
CAR

アップグレードで最新の走りに進化

2023.12.18 MON

KINTO FACTORYで提供するLCのアップグレードサービス「LEXUS LC Performance Upgrade Package」の募集が開始された。LCをアップグレードする究極のサービスとは?

新車屋ではなく、自動車屋を目指す

「『我々は自動車屋です』って言うよね。でも、自動車屋じゃない。新車屋なんだよ。自動車屋という以上はクルマの20年のライフを見ないとダメ。

最初の10年が新車保有で、その後、中古車で3代ぐらいオーナーが代わっていく。モビリティカンパニーに変わるこれからは、その中でどれだけバリューを生むことができるかが問われている」

これは2020年11月に当時社長だった豊田章男会長がチームに投げかけた言葉だ。

そのチームの名は「次世代中古車プロジェクト」。このチームが章男会長の言葉からLEXUSで新たにスタートさせたサービスが「LEXUS LC Performance Upgrade Package」である。

これは車両の保有期間の長期化や、車両価格の高騰のような市場環境のなか、LEXUSに乗っているお客様に、より長く楽しんでいただきたいとの想いで始まった新たな取り組みだ。
このアップグレードサービスは、2023年6月に60台限定で発売されたLC500特別仕様車“EDGE”で採用されていた「リヤアルミ中空サスペンションメンバー」、「フロントリヤ専用サスペンション」、「バンパーカナード」の3点を、お客様が使用しているLCに後付けして愛車を進化させることができるものとなっている。

常に挑戦し続けるLEXUS

ブランド創業以来、ラグジュアリーカーの概念を超え、常に革新に挑戦し続ける“Pushing the boundaries”のマインドセットを持ち続け、お客様に新たな技術や価値を提供し続けるLEXUS。
そのクルマづくりとして、その時々においてできる改良は、必ず織り込み商品のたゆまぬ進化を追求していく“Always On”という言葉がある。

この“Always On”という精神のもと、クルマを進化させることで、より多くのお客様に楽しんでもらうことを検討し、今回のLCの企画も立ち上がったという。

LCのチーフエンジニア(CE)を務める武藤康史CEはこの企画についての想いを話した。
武藤CE
LCの開発(市販化が難しいと考えられていた難易度の高いデザインを挑戦と試行錯誤を繰り返して2016年に発売)にずっと関わり続けていて想い入れや愛着を持っているメンバーが多くいます。

そのメンバーが、今回のアルミ製のサスペンションメンバーを企画し、2~3年前に試作車をつくりました。

試作車が完成してから、ニュルブルクリンクを再現したトヨタテクニカルセンター下山のカントリーコースで、みんなで乗ってみましたが、クルマの完成度、この部品の効果と走りの良さに一同が感動し、これをお客様にお届けしたいと決意しました。

その結果、誕生したのが2023年6月に60台限定で発売した特別仕様車の“EDGE”です。

そして、この素晴らしい効果をすでにLCにお乗りの方にも、この走りの味をぜひとも提供したいと思い企画を実現させました。
「LEXUS LC Performance Upgrade Package」は、ハードの交換(サスペンションメンバー交換)や、ソフトの交換をすることで、すでにお乗りのLCで進化をお楽しみいただく新しい選択肢として提供する。

「より鋭く、より優雅に」を進化させる

企画のテーマはLCの開発コンセプトである『より鋭く、より優雅に』をさらに先鋭化させ「Lexus Driving Signature」のさらなる進化。
テーマを実現するために選ばれたパーツがLC500特別仕様車“EDGE”で装着されているアイテムのなかから「リヤアルミ中空サスペンションメンバー」、「フロントリヤ専用サスペンション」、「バンパーカナード」を既販車のLCにつけることだったという。

サスペンションメンバーとは、ボディと足回りをつなぐ部品で、この剛性を上げると車両全体の剛性が上がり、agility(機敏さ、軽快さ、敏捷さ)を上げることができるパーツだ。
今回、アップグレードされるリヤサスペンションメンバーは、アルミ中空サスペンションメンバーを採用することで剛性そのものを上げた。

さらに、サスペンションメンバーをボディにマウントするゴムブッシュもなくし直付けしているという。
図は一例でクルマを後ろから見て左に曲がっている状態。
図は一例でクルマを後ろから見て左に曲がっている状態。
これにより、路面からタイヤを通した入力による車体のたわみが抑えられ、キャンバー変化も減らすことができる。これがリヤのグリップを安定させることにつながり、操縦安定性(スタビリティ―)やステアリング応答性を大きく引き上げることができる。

揚力を減らすカナード一体成形バンパー

フロントバンパーには世界初の樹脂成型技術を使用したカナード一体成形バンパーが採用される。
このカナードが生み出す空気の渦でフロントの接地性が向上し操舵応答も向上する。

生産工場に戻す初の試み

このLCを分解・組み換えをするアップグレードは今まで実施したことのない工程により施されるという。

愛知県豊田市にあるLCの生産工場である元町工場の次世代中古車プロジェクトチームの矢野 佑一郎主幹はこう語った。
矢野主幹
今回の組み換え作業ですが、販売店ではなく、LCの生産工場にクルマを戻して、アップグレードの作業をさせていただきます。

受付は東名阪と九州でKINTOのサービスをやっている指定の販売店で実施しておりますので、詳しく確認されたい方は、サイトをご確認いただければと思っております。

実際の組み替え作業ですが、元町・堤・高岡工場の組立経験者が生産準備を行い、堤工場で組み換え、元町工場の品質管理で検査を行うことで、一つ一つ丁寧に組み立てを行います。

さらに、この検査ラインを見学したり、アップグレードしたお客様のLCを工場のテストコースで同乗していただく体験ツアーもご提供できたらと考えています。
「LEXUS LC Performance Upgrade Package」の予約は12月18日よりスタートした。

※KINTO FACTORY LC商品一覧

次回は、このアップグレードパッケージを企画するまでの担当者の想いに迫る。

<関連リンク>
販売後の愛車に寄り添う新たな挑戦

新型プリウスで始まったトヨタのクルマづくりの変革とは?

空と陸に技術交流がクルマづくりを変える【後編】

LC500特別仕様車“EDGE”
※LC500特別仕様車“EDGE”は完売しました。

この記事はいかがでしたか?

ご回答いただきありがとうございました。

RECOMMEND

LATEST