CAR

渡辺プレジデントが語ったLEXUSの継承と進化

2023.09.20 WED
CAR

渡辺プレジデントが語ったLEXUSの継承と進化

2023.09.20 WED
渡辺プレジデントが語ったLEXUSの継承と進化
渡辺プレジデントが語ったLEXUSの継承と進化

2023年に発表された新型車とコンセプトカーが勢ぞろいしたメディア向けの体験説明会「LEXUS SHOWCASE」が開催された。この会場で語られたLEXUSの継承と進化について紹介する。

創業以来、常に挑戦を続けてきたLEXUS。挑戦を繰り返し、今年発表された新型車やコンセプトモデルが富士スピードウェイに勢ぞろいし、報道陣に向けた「LEXUS SHOWCASE」が2023年9月に開催された。

LEXUSの変革「Pushing Boundaries」

2023年はLEXUSにとっても大きな体制変更があり「継承と進化」の年となっている。ブランド全般を統括するチーフブランディングオフィサー(CBO)として、サイモン・ハンフリーズが就任した。

Lexus International Co.のプレジデントには、UX300eやRZのチーフエンジニアを務めLEXUSの電動化をリードしてきた渡辺剛が就任している。
左:サイモン・ハンフリーズCBO、右:渡辺剛プレジデント
左:サイモン・ハンフリーズCBO、右:渡辺剛プレジデント
LEXUSは多様化するお客様のニーズに応えるため、今年の4月には中国・上海でLM、6月にはイタリア・ミラノでLBX、アメリカ・テキサスではTX、GXを発表し新しいラグジュアリーの価値を提供するモデルをハンフリーズCBOと渡辺プレジデントがリードして世界各地で披露してきた。
LBXのワールドプレミアでハンフリーズCBOはLEXUSがラグジュアリーカーの概念を超え常に革新に挑戦し続けることを「Pushing Boundaries」と一つの言葉に置き換えた。

この言葉はLEXUSが創業以来、持ち続けてきたマインドセットを表している。
初代「LS」は優れた静粛性と乗り心地、おもてなしのディーラーサービスでラグジュアリーカーの概念を再定義した。

初代RX、LFAをはじめ、それ以外のさまざまなモデルでも時代やお客様のニーズを先取りして、常に新しい挑戦を続けている。
2021年以降はNext Chapterと位置づけ、車両の基本性能であるクルマの素性を徹底的に鍛えている。

静粛性と乗り心地の良さ、操舵に対するリニアな応答、すっきりと奥深い走り「Lexus Driving Signature」を追求するため、Toyota Technical Center Shimoyamaをはじめ、さまざまな道で走り込みLEXUSの走りの味を磨いているという。

そして、新体制のLEXUSでは電動化と多様化をブランドの柱に据えた新たな挑戦を始めている。その挑戦についてLEXUS SHOWCASEで壇上に登場した渡辺プレジデントはこう話した。

LEXUSの新たな取り組み

渡辺プレジデント
私は、新体制の発表後すぐ世界各地でグローバルモデルの発表を行ってきました。
常に現場に足を運び、皆様と一緒に「もっといいクルマづくり」に取り組んでいります。

LEXUSはカーボンニュートラル社会の実現に向け電動化をリードするブランドとして、2035年のバッテリーEV(BEV)販売100%を目指すとともに多様化するラグジュアリーのお客様のニーズや地域に寄り添ったクルマづくりを推進していきます。

私が豊田章男会長からプレジデントの内示を受けた際には、「お客様が笑顔になるクルマをつくってほしい」と言われました。

本質を追求したLEXUSらしいクルマづくりでお客様に笑顔をお届けしたい。それが我々LEXUSの想いです。
今年発表したモデルにも、その想いを力強く込めました。

まず、4月に発表した「LM」です。ラグジュアリームーバーを表す「LM」は忙しいライフスタイルを送るビジネスパーソンが素の自分に戻って心身ともにおくつろぎいただける空間の提供を目指しました。
LEXUSが送り出すショーファードリブンカーとして、お客様の移動時間を心地よく自分らしい思考のための特別な時間に変える。

さらにLEXUSらしい後席のおもてなし体験という価値を加えたのが、このクルマの挑戦です。LMは今年の秋に日本でも発売します。

つづいて、LBXです。「サイズのヒエラルキーを超え、新たなラグジュアリーの価値を提供するクルマをつくりたい」そんな豊田章男会長の想いを受けて開発をしました。
本物を知るお客様が素の自分に戻り、気負いなくお乗りいただけるクルマがLBXです。LBXの日本での発売は、同じく今年秋の予定です。

続いてGXです。本格オフローダーとして悪路走破性を高めながら、上質で豊かな走りが楽しめる「GX」。

ラグジュアリーセグメントでもアウトドア志向のお客様ニーズが高まっています。
過酷な悪路から街中の舗装路に至るまでお客様がクルマと共に過ごす様々な場所で心高まるドライブ体験の提供を目指しています。

GXは6月にアメリカでの発表後、多くのお客様のご要望とご期待をいただき日本国内でも来年中の発売を予定しています。

GXの導入と合わせて取り組みを始めたOVERTRAIL PROJECTを紹介させていただきます。

OVERTRAIL PROJECTとは「自然を理解し、ともに楽しむアウトドア体験をお届けしたい」という想いのもと、アウトドアライフスタイルを彩るクルマの楽しさと、さまざまな体験を提供するプロジェクトです。
水素エンジンを搭載したROVなど新たなモビリティの開発や同じ想いを共有するパートナー様との協業にも取り組んでいます。

水素ROVは、CO2を排出することなく自然と共存しながら、力強くパワフルな走りでオフロードを駆け巡ることができます。
今後は、お客様向け試乗プログラムを通して、さまざまなご意見をいただきながら取り組みを進めてまいります。

また、今年6月には北米地域専用車「TX」も発表しました。自分の家族や大切な友人たちと快適に移動ができる3列SUVへの強いニーズにお応えし、実用性、機能性だけでなくLEXUSならではの走りの質を高めました。

LEXUSが目指す電動化の未来

さて、ここからは、今後LEXUSが目指す電動化の未来についてお話します。
カーボンニュートラル社会の実現に向け、LEXUSはBEVを軸に取り組みを進めていきます。

ただし「BEVを作ること」だけがすべてのゴールではありません。

BEVをコモディティ化させない。クルマ屋LEXUSならではの走りの楽しさとお客様のライフスタイルを豊かにする新たなサービスを提供してまいります。

豊田章男と佐藤恒治が約10年にわたり、車両の基本性能や素性を徹底的に鍛え上げLEXUSの走りの味磨きに取り組んできました。
我々は、BEVでもLEXUSらしい走りの味を継承し、電動化技術でさらに高いレベルに引き上げてまいります。

そのコア技術としてこれまで取り組んできたのが、DIRECT4によるシームレスな駆動力コントロールや、ステアバイワイヤによる直感的でリニアなステアリングフィール。人とクルマが一体となった走りの気持ちよさや楽しさを追求し続けてまいります。

また今年の東京オートサロンで発表したAE86とRZ SPORTS CONCEPTではBEVでもクルマを操る楽しさや愛車であり続けていくための学びを得たり、保有のカーボンニュートラルへの取り組みをクルマが大好きなエンジニアとともに進めています。
AE86 BEV Concept(電気じどう車)
RZ SPORTS CONCEPT
11
さらに、Lexus Electrified Sport Conceptを通じて、全個体電池や空力・軽量化・高剛性など未来の電動化技術の開発をけん引してまいります。

また、自然環境を考えたサスティナブルな取り組みにもチャレンジしていきます。

これまでのラグジュアリーの価値観にとらわれることなくウルトラスウェードやそれに代わる再生素材・人工素材を活用し上質で新しい価値や空間を実現していきます。

将来のBEVの本格的な普及に向けて「Lexus Electrified Program」を通じて、お客様の困りごとに寄り添うBEVコンシェルジュを全186店舗へ配備。

充電インフラの拡充とあわせオーナーのライフスタイルを豊かにするサービスや「コト体験」の充実を図ってまいります。

2026年には車体のモジュール構造を変革し生産方法を大きく変えるほかソフトウェアプラットフォームも全面刷新した次世代のBEVをLEXUSから導入します。
このコンセプトモデルを来月開幕するジャパンモビリティショー(2023年10月28日~11月5日)でお披露目します。

デザインもLEXUSらしさに徹底的にこだわりました。ぜひ、楽しみにお待ちいただければと思います。

LEXUSは電動化でクルマの未来を変えていきます。
<関連リンク>
電池や水素で次世代技術 トヨタが示したクルマの未来(トヨタイムズ)
https://toyotatimes.jp/report/technical_workshop_2023/001.html

モビリティの未来が見えてきた“最先端”が一堂に集結!(トヨタイムズ)
https://toyotatimes.jp/newscast/028.html

バッテリーEVとともに豊かな時間を
https://lexus.jp/magazine/20230630/1618/car_interview.html

カーボンニュートラル時代の"愛車"の楽しみかた
https://lexus.jp/magazine/20230124/1533/car_electrified.html

LEXUSが彩るアウトドアライフ
https://lexus.jp/magazine/20230120/1532/car_interview.html

この記事はいかがでしたか?

ご回答いただきありがとうございました。

RECOMMEND

LATEST