VISIONARYMAGAZINE BY LEXUS

CULTURE

オペラ歌手 森谷真理氏に聞く、
初めてでも楽しめるオペラの魅力

2020.06.24 WED
オペラ歌手 森谷真理氏に聞く、初めてでも楽しめるオペラの魅力

2021年8月に東京二期会のオペラ『ルル』で主演を務める森谷真理氏。「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」にて国歌独唱の大役を担うなど、日本を代表するオペラ歌手だ。初めて観る人でも楽しめるオペラの魅力を聞きつつ、王道『椿姫』の上演風景もお届けする。

Text & Edit by lefthands
Photographs by Yoko Ohata

SHARE

この記事をシェアする

オペラは気軽に楽しめる

音楽と歌、そして演技が融合した総合芸術であるオペラ。このように言うと堅苦しく思えるかもしれない。実際、何となく親しみにくいというイメージを持っている人も多いのではないだろうか。しかし、実は厳しいマナーがあるわけではなく、上演中の私語を控えたり、携帯電話の電源を切っておくなど、演劇や映画と同じような注意事項を守ればいい。

服装に関しても、必ずしもスーツやドレスを着る必要はない。過度にラフなスタイルでさえなければ、カジュアルな装いで問題ないので、仕事帰りや休日にふらっと足を運ぶといった具合に、気軽に楽しむこともできるのだ。また、多くの劇場でオペラグラス(小型の双眼鏡)を貸し出しているので、舞台から距離がある席でも出演者のこまやかな演技を見逃さずに鑑賞できる。

オペラを鑑賞したことのない人にとって、もう一つ不安に感じてしまうのは、言葉が分からないと楽しめないのでは、ということではないだろうか。その点に関しても安心してほしい。確かにオペラは多くの演目がイタリア語やドイツ語で歌われるが、ほとんどの場合で日本語字幕がつく。また、オペラには演劇としての側面もあるため、言葉が分からなくても物語を追うだけで堪能できる。そのため、オペラ鑑賞に二の足を踏んでしまう人も、ぜひ一度、劇場で体感してみてほしい。
後述の『椿姫』の上演風景。舞台に日本語字幕が表示されるので、言葉が分からなくても楽しめる
後述の『椿姫』の上演風景。舞台に日本語字幕が表示されるので、言葉が分からなくても楽しめる
そこで、今回は2021年8月に予定されている東京二期会のオペラ『ルル』に出演するオペラ歌手、森谷真理氏にオペラの魅力を聞きつつ、今年2月に上演された『椿姫』の様子をお届けする。

一人一人異なる作品の解釈を楽しんでほしい

母親がオペラ歌手だったため、もともと音楽が身近にあったと振り返る森谷氏。そんな氏がプロの声楽家としての成功をつかむことになる転機は、ニューヨーク留学中にメトロポリタン歌劇場のコンクールでファイナリストになったことだという。

「メトロポリタン歌劇場は、すべての歌手が目指していく特別な場所です。スポーツ選手にとってのオリンピックのような存在だといえると思います。コンクールのファイナルは公開で行われるので、大勢の観客が詰めかけていました。そんな中で歌うことができて、本当に人生が変わりました」
森谷氏は、昨年行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」にて国歌独唱を務めている
森谷氏は、昨年行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」にて国歌独唱を務めている
欧米のさまざまな歌劇場で活躍を重ねてきた森谷氏は、オペラ歌手として日本を代表する存在だ。数多くの演目で主演としてスポットライトを浴びてきた氏にとって、オペラの魅力とは何かを聞いたところ、意外な答えが返ってきた。

「オペラは、歌手やオーケストラといった演者だけでなく、演出家や裏方の人たちも含めると数百人というスタッフが関わっています。そんな大勢のスタッフ全員が一丸となって公演の成功を目指すことが、私にとってのオペラの魅力です」

キャリアを重ねるうえで、同じ演目を複数回演じることも多いが、演出家やオーケストラ、歌手によって、同じ曲でも全く仕上がりが異なるのだという。

「演出家や相手役の人たちがそれぞれに違った解釈を持っているので、そのたびに新たな発見があります。実際に演じてみて、自分が役になりきることで心の動きに気づくこともあるんです。それに、観客の皆さまも作品の捉え方は一人一人違うはず。年齢や性別、その日の気分によっても異なってくるのではないでしょうか。それぞれの解釈を楽しんでもらえればと思います」

オペラの王道『椿姫』

では、初心者にとってお薦めの演目は何だろうか。森谷氏は以下のように語る。

「モーツァルトの『魔笛』は、曲目の一つである「夜の女王のアリア」がCMでも使われることもあるので、聴いたことがある人も多いのではないでしょうか。プッチーニの『トゥーランドット』は、フィギュアスケートの荒川静香さんがトリノオリンピックで「誰も寝てはならぬ」を使っていましたね。ほかにもプッチーニの王道、『蝶々夫人』は明治時代の日本の女性が主人公なので、親しみやすいと思います」

森谷氏は、もう一つ王道のオペラとしてヴェルディの『椿姫』を挙げてくれた。今回、2月に開催された東京二期会の『椿姫』のゲネプロ(最終リハーサル)を特別に撮影することができたので、ここからはそのストーリーをご紹介したい。

舞台は19世紀半ばのパリ。「椿姫」と人々から呼ばれるヴィオレッタの住む屋敷にて、夜ごと華やかに着飾った紳士淑女がにぎやかなパーティーに興じている。この宴で、アルフレードという名の青年がヴィオレッタと出会うところから、物語の幕が開ける。やがて恋に落ちた二人は、パリを離れ、田舎で一緒に暮らし始める。
豪華絢爛な衣装や演出もオペラの魅力だ
豪華絢爛な衣装や演出もオペラの魅力だ
アルフレードが不在の折、彼の父ジェルモンがヴィオレッタのもとを訪れる。ジェルモンは、息子の将来を案じ、息子と別れるようにヴィオレッタに告げる。悲しみに打ちひしがれたヴィオレッタは、別れを告げる手紙をアルフレードに残し、再びパリの夜の世界へと戻っていく。
ヴィオレッタ(写真右)とジェルモン(写真左)が対話するシーンは、『椿姫』の見どころだと森谷氏は語る
ヴィオレッタ(写真右)とジェルモン(写真左)が対話するシーンは、『椿姫』の見どころだと森谷氏は語る
一人残されたアルフレードは、ヴィオレッタの手紙を読み、絶望と怒りをあらわにする。そこに父、ジェルモンが再び現れ、故郷のプロヴァンスに帰ろうと息子を説得する。しかし、アルフレードはヴィオレッタを追いかけてパリへ向かう。復縁を断るヴィオレッタに対し、アルフレードは非難の言葉を浴びせかける。
表情などのこまやかな演技にもぜひ注目したい
表情などのこまやかな演技にもぜひ注目したい
数カ月後、ジェルモンはアルフレードに真実を話し、ヴィオレッタとの復縁を提案する。アルフレードはヴィオレッタのもとへ向かうが、彼女は病に倒れていた。病床で再会を喜ぶ二人だが、彼女はすでに手の施しようのない状態だった。そして、アルフレードの腕の中でヴィオレッタが息を引き取り、幕が閉じる。
  • アルフレードの腕の中でヴィオレッタが息を引き取り、幕が閉じる。
  • アルフレードの腕の中でヴィオレッタが息を引き取り、幕が閉じる。
『椿姫』はこのように悲劇的な内容となっているが、実は、オペラの物語は運命に翻弄される女性の悲劇が多いと、森谷氏は指摘する。

「人間の苦悩や喜びは、時代や文化、国が異なっても普遍的なものなのだと、オペラは教えてくれるのです」

『ルル』への挑戦

もしオペラに興味が湧いてきたら、ぜひ2021年8月28日(土)、29日(日)、31日(火)に開催される東京二期会のオペラ『ルル』を鑑賞していただきたい。森谷氏は、主人公のルル役をダブルキャストで務めており、28日、31日に出演する。

オーストリアの作曲家、アルバン・ベルク氏の遺作である本作品は、実は音楽的に非常に難易度が高いため、日本ではめったに上演されることがないのだという。しかし、同時に、物語が劇的なため、初めてオペラを鑑賞する人でも楽しめると森谷氏は太鼓判を押す。

あらすじは以下の通りだ。貧民街で暮らしていた少女ルルは、新聞社の編集長シェーン博士に救われ、彼好みの女性へと成長していき愛人となる。しかし、シェーンは高級官僚の娘と交際を始め、ルルを初老の医事顧問と結婚させてしまう。ルルは夫を早くに亡くし画家と再婚することになるが、彼女の過去を知った画家もまたショックで死んでしまう。やがてルルは望みどおり、シェーンとの結婚を果たすが……。
「猫のようにしなやかで、強く生きるルルの魅力を引き出したい」と森谷氏は語る
「猫のようにしなやかで、強く生きるルルの魅力を引き出したい」と森谷氏は語る
「以前からさまざまな人に『ルル』を演じた方がいいと言われていたのですが、なかなかその機会がありませんでした。本当に、これまで演じてきた中で一番自分に合うオペラかもしれません。とても難しいのですが、練習していて楽しいんです」

最後に、オペラを観たことがない人に向けて、森谷氏は以下のように語ってくれた。

「全てを理解できずとも、まずは何かを感じていただければいいのではないかと思うんです。オペラはマイクなどの機械を使わないので、劇場の音響が鍵になります。ぜひ劇場に足を運んでいただいて、ライブで楽しんでいただきたいですね」

『ルル』
会場:新宿文化センター 大ホール
公演日:2021年8月28日(土)17:00
         29日(日)14:00 (※キャスト交代)
         31日(火)14:00
上演予定時間:約2時間30分(休憩を含む)
http://www.nikikai.net/lineup/lulu2020/index.html

森谷真理氏 衣装協力:ZIN KATO
同メイク協力:Jane Iredale
記事一覧へ

FOLLOW US

Mail News

レクサスの最新情報をお届けしています。
VISIONARYの記事情報も配信中。

Twitter

VISIONARYの最新記事や過去の人気記事を投稿します。

配信通知

VISIONARYの最新記事をプッシュ通知でお届けします。

RELATED

関連リンク

RECOMMENDED

あなたへのおすすめ

よく読まれている記事RANKING
今週の編集部
おすすめ記事
PICKUP
    よく読まれている記事RANKING
    今週の編集部
    おすすめ記事
    PICKUP
      FOLLOW USVISIONARYの最新情報をお届けします。
      • Mail News
      • Twitter
      • 配信通知