JOURNEY

家で楽しめるバーチャルツアー!
サファリドライブから世界の美術館まで

2020.06.15 MON
JOURNEY

家で楽しめるバーチャルツアー!
サファリドライブから世界の美術館まで

2020.06.15 MON
家で楽しめるバーチャルツアー!サファリドライブから世界の美術館まで
家で楽しめるバーチャルツアー!サファリドライブから世界の美術館まで

外出自粛で溜まったストレスを解消してくれるバーチャルツアーの数々をセレクト。南アフリカの大地から、ニューヨーク、パリの一流ミュージアムまで、オンラインで世界の名所を旅できる。

©Stylus

冒険旅行を疑似体験する

自宅に居ながら勇壮な大自然のサファリツアーを味あわせてくれるのは、南アフリカのラグジュアリーツアー会社「andBeyond」だ。ガイド付きサファリドライブの模様を1日2回のペースで配信している。野生動物を捉えたライブ映像を上映する各回のストリーミング時間は、なんと3時間。同社が高級サファリロッジを構える南アフリカの動物保護区をガイドが案内してくれる。また冒頭の45分間は子ども向けコンテンツになっており、アフリカの野生動物に関する疑問や質問をメールするとストリーミング中に答えてくれる。
アメリカで人気の国立公園をバーチャルに探検できるコンテンツ
アウトドアが恋しくてたまらない旅行者には、「Google Arts & Culture」が提供する、アメリカで人気の国立公園をバーチャルに探検できるコンテンツがお薦めだ。キーナイ・フィヨルド国立公園(アラスカ州)、ハワイ火山国立公園(ハワイ州)、カールズバッド洞窟群国立公園(ニューメキシコ州)、ブライスキャニオン国立公園(ユタ州)、ドライ・トートゥガス国立公園(フロリダ州)の5つで、ツアーの長さは11分から1時間までバラエティに富む。息をのむ美しい自然の映像とナレーション、スライドショーで構成されている。
自然をテーマにしたショートムービー
さらに米国のテレビ番組ネットワーク、AMCが開設したウェブサイト「Wonderstruck」は、自然をテーマにしたショートムービーを多数取りそろえている。このウェブサイトでは、「笑いたい」とか「教育的なものが観たい」など、ユーザーの好みによって動画をキーワード検索できる仕組みになっている。例えば「興味深い」で検索すると、ダムを作っているビーバーや、狩りをするエチオピアオオカミが。「ユーモラス」なら、鳥の健気な求愛行動の特集などを視聴することができる。
マドリードにあるティッセン=ボルネミッサ美術館

美術館を自宅で楽しむ

文化的体験に飢えている人には、世界の一流美術館をバーチャルに堪能できるコンテンツも勢ぞろいしている。例えば、マドリードにあるティッセン=ボルネミッサ美術館は、新型コロナウイルスによって中断された展覧会の展示内容をいち早くデジタル化し、無料で閲覧できるようにしている。

アップルは同社のスマートフォン、iPhone 11のマーケティング活動の一環として、サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館を同機種で撮影した5時間ノンストップのビデオツアーを公開している。またフィレンツェのウフィツィ美術館は、ロックダウン対策として、イタリアの芸術にダンテがもたらした影響に焦点を当てた最新展覧会のコンテンツをフェイスブックで多数共有している。

また、前述の「Google Arts & Culture」は、世界80カ国以上にある2000以上の美術館のコレクションやオンラインの展覧会を“収蔵”しており、自宅に居ながら世界中の名画を鑑賞することができるので、この機会にぜひともチェックしてみたい。

この記事はいかがでしたか?

ご回答いただきありがとうございました。

RECOMMEND

LATEST