VISIONARYMAGAZINE BY LEXUS

TECHNOLOGY

耳が不自由でもミュージカルを楽しめる
エプソンの最新スマートグラス

2019.04.26 FRI
耳が不自由でもミュージカルを楽しめるエプソンの最新スマートグラス

イギリスを代表する芸術劇場「ナショナル・シアター」が、耳の不自由な観客のために字幕表示のできる「スマートキャプショングラス」の提供を開始すると発表した。ストーリー展開に合わせて字幕を瞬時に表示してくれるこのスマートグラスをかければ、目の前で繰り広げられるパフォーマンスをリアルタイムで楽しむことができる。

© Stylus 2019

SHARE

この記事をシェアする

こちらの記事は音声でもお楽しみいただけます。

COLLABORATED WITH

「エプソン」が開発した最新スマートグラス

新旧のシアターが軒を連ね、バラエティに富んだ舞台芸術が上演されるロンドンのウエストエンド。ニューヨークのブロードウェイに匹敵するエリアだが、ここからすぐのテムズ河を渡った河岸に建つのがイギリスを代表する劇場として有名な「ナショナル・シアター」だ。そのナショナル・シアターが、聴覚に障害をもつ観客もミュージカルが楽しめるよう「スマートキャプショングラス」の提供を開始すると発表した。舞台上のストーリー展開に合わせて随時字幕を表示してくれるこのスマートグラスをかけることで、目の前で繰り広げられるパフォーマンスをリアルタイムで楽しむことができるというわけだ。

日本の精密機器メーカー「エプソン」が開発したこのスマートグラスは、ステージで交わされるセリフだけでなく、BGMやサウンドエフェクト、照明の変化といった舞台上の演出をソフトウェアが追跡し、瞬時に字幕を生成する。そのため耳の不自由な観客であっても、ジョークなどストーリー展開の重要なポイントをタイムラグなく理解できるようになるだけでなく、パフォーマンスの最中に起こりうる、当初の台本とは進行が変わってしまった場合などの“ハプニング”にも対応可能な優れものだ。加えて字幕のフォントサイズや色、位置などもユーザーの好みに合わせて変更することができる。将来的にはこのテクノロジーを応用して、英語圏以外の国の観客が自分たちの母国語の字幕を利用することもできるようになるという。

ナショナル・シアターでは2019年10月からこのスマートグラスを導入する予定で、巡回公演が行われる「マクベス」の舞台も含まれている。
記事一覧へ
RANKINGランキング
Daily
Weekly
PICKUP今週の編集部おすすめ記事
    Mail Newsメールニュース
    レクサスの最新情報をお届けしています。VISIONARYの記事情報も配信中。
    購読はこちら
    RANKINGランキング
    Daily
    Weekly
    PICKUP今週の編集部おすすめ記事
      Mail Newsメールニュース
      レクサスの最新情報をお届けしています。VISIONARYの記事情報も配信中。
      購読はこちら