唯一無二の「Experience Amazing」第119回全米オープン選手権 ペブルビーチ・ゴルフリンクス8日間 LEXUS タイアップ特別企画 松山英樹選手応援ツアー

LEXUS OWNERS CUP 2019 HOKKAIDO CLASSIC
2019 年 レクサスオーナーズカップ本大会
選ばれた LEXUS オーナーが体験する唯一無二のゴルフ大会

LEXUS が提供するオーナー向けイベントのひとつ、レクサスオーナーズカップが今年も開催された。
全国の予選を勝ち抜いた LEXUS オーナーと、日本を代表するトッププロ選手がスクランブル方式によるチーム競技で対戦するこのイベント。プロ顔負け、経験豊富な LEXUS オーナーが集い、そこに LEXUS がラグジュアリーな時間と空間を提供する。

今年で 12 回目という長きに渡って大会を開催し、LEXUS オーナーとのリレーションを構築してきたのは、クルマだけでなく、唯一無二のライフスタイル体験を大切にする LEXUS ならではといえるだろう。

#1ラグジュアリーな交流と親睦の場

レクサスオーナーズカップは、単なるゴルフ大会の枠を超えたその質の高さが特筆できるものだ。なにしろ大会に参加する LEXUS オーナーは、地元の予選をくぐり抜けてきた、プロゴルファー顔負けの猛者たち。そこへさらに、総勢 16 名ものプロゴルファーが加わり、混合チームを結成する。LEXUS オーナーがそのゴルフ経験を存分に発揮できるだけでなく、LEXUS オーナー同士はもちろん、プロとの交流や懇親までも愉しめる、まさに夢のような舞台が用意されているのである。ライフスタイルにおけるラグジュアリー体験を、ゴルフというジャンルで昇華し、継続していることが、多くの LEXUS オーナーを惹きつけている魅力だろう。

#2プロゴルファーとの豊かな時間

大会前夜には、ともにラウンドするプロゴルファーとの顔合わせや親睦を深めるための前夜祭が行われた。ここで、抽選により、各 LEXUS オーナーチームとプロゴルファーとのペアリングが決まるのだ。ラウンドパートナーとなるプロの名前が発表されると、テーブルでは笑顔が見え、大きな拍手が起こるところも。プロと LEXUS オーナーが同じテーブルで、地元・北海道の食材をふんだんに使った料理に舌鼓を打ち、ゴルフやその他の話に花が咲く。プロの普段のプレイや裏話なども聞ける貴重な機会だ。過去の大会で、同じチームとしてプレイした LEXUS オーナーとプロとが再会を喜ぶシーンもあり、翌日のプレイに向け、期待が高まっていく。

#3LEXUS がサポートする
数々のライフスタイルコンテンツ

さらに前夜祭では、LEXUS がサポートする松山英樹選手からの特別ビデオメッセージが披露されるサプライズ。LEXUS オーナーも思わずテーブルから身を乗り出し、スマホのカメラを向ける姿も見受けられた。また、当日の賞品にも、松山選手直筆サイン入りグッズが提供されるという豪華さ。ともに世界に挑戦し続けるという共通のバックボーンから松山選手をサポートする LEXUS。これは、クルマにとどまらない、ライフスタイル領域での活動のひとつでもある。ほかの賞品にも、参加した全 16 プロの直筆サインが入ったゴルフボール、大会ピンフラッグ、大会ポスターが用意されるなど、貴重かつ見応えあるものが揃う。このようなプロたちからの強力な“応援”に見られるように、他では得られない体験が期待できるのも、横断的にライフスタイルをサポートする LEXUS ならではといえるだろう。

#4舞台は帝王が設計した理想郷

会場に選ばれたのは、札幌・新千歳空港からほど近い名門、北海道クラシックゴルフクラブだ。かの男子ゴルフ界の“帝王”、ジャック・ニクラスが監修した 18 ホールズは、豊かな自然のなかに戦略性を散りばめた、上級者たる参加オーナーにも充分に打ち応えのあるコースだ。1991 年にオープン、彼みずから「私が手がけた日本のコースのなかで最高であることは間違いない」と言わしめる、こだわりの設計が息づく理想郷。雄大な自然をアートの域にまで昇華させた、やわらかなアンジュレーションが美しい。また、パッティンググリーンは USGA 方式を採用し、つねに上質の環境を保つ。新千歳空港からわずか 20 分ほどというロケーションも特筆すべき点だろう。札幌をはじめとした北海道観光にも便利な、ラグジュアリーな時間を満喫するのにふさわしい場所だ。

#5日常に潜む上品な仕立て

会場には LEXUS からのプレゼンテーションとして、LEXUS ES300h が展示された。フェイスはグリルのフィンが縦に波紋のように連続し、モダンでシャープ、サイドに目をやると前方から流れる流麗なラインが印象的なクルマだ。キレや力強さがさりげなく、エレガントとスポーティーさが同居する外見。同様に、シートに身を預ければ、加速フィーリングやハンドリングは力強く、しかしながら静粛性が徹底されていて、人馬一体の走り心地と、くつろぎの時間の双方を体験できる。まさに、相反しがちな“静”と“動”、“シンプル・エレガント”と“力強さやスポーティさ”といった二律双生の追求を実感できるはずだ。9.5 インチゴルフバッグが4つ収納できるラゲージルームも心強く、ゴルファーにはうってつけのクルマかもしれない。まるで、上品な仕立ての服を纏い、お気に入りの上質な時計を身につけるときのような、日常における心踊る瞬間を演出するもの。そんな佇まいが、LEXUS ES から感じられた。

#6充実したひとときを終えて

この大会で LEXUS オーナーに共通しているのは、ゴルフを極めるようなストイックさと、同時にその時間を愉しもうというリラックスした心持ちが共存していることだ。感想を伺ってみても、「非常に豪華で素晴らしい大会。妻と大いに楽しみ、同じテーブルの LEXUS オーナーの方やプロとも楽しく過ごすことができた」「団体戦は初めてだったが、自分の技量を持って、自分ができることで貢献することの喜びを知り、大変よい経験となった」など、親睦や交流を深める時間を過ごせたことへの満足度が高い。LEXUS オーナー表彰式後、一様に朗らかな笑顔で、帰路につく LEXUS オーナーの姿からは、充実した一日を過ごし、満足げな表情が垣間見えた。「全国の LEXUS オーナーとご一緒できて、また友達になれて嬉しく思う」ある LEXUS オーナーの、こんな声が印象的だった。LEXUS オーナーやプロと一緒に収まった笑顔の記念写真に、この思いが集約されているようだ。まさに LEXUS が提供できる価値は、クルマだけではない、オーナーがいかなる場面でもライフスタイルを楽しめるように、その伴奏者であること、といったほうがよいのかもしれない。

大会概要

大会名称
2019 年レクサスオーナーズカップ本大会
開催日
2019 年 7 月 16 日(火)
開催コース
北海道クラシックゴルフクラブ (北海道勇払郡)
主催
LEXUS

参加プロ選手(50音順)

  • 秋吉 翔太 プロ
  • 出水田 大二郎 プロ
  • 市原 弘大 プロ
  • 大堀 裕次郎 プロ
  • 嘉数 光倫 プロ
  • 片岡 大育 プロ
  • 香妻 陣一朗 プロ
  • 小鯛 竜也 プロ
  • 小林 正則 プロ
  • 重永 亜斗夢 プロ
  • 薗田 峻輔 プロ
  • 時松 隆光 プロ
  • 永野 竜太郎 プロ
  • 星野 陸也 プロ
  • 松村 道央 プロ
  • 武藤 俊憲 プロ

計16名

SNS

lexus.jp 公式SNS / Mail News

コンセプトモデルを含む LEXUS 全車種、
様々なブランドアクティビティをご紹介しております。