Air Show

2016.8.24

第29回札幌航空ページェント
日本初導入の新型機でエアショーを披露

Action and Interview Yoshihide Muroya (JPN)

ファン垂涎の航空ショーに室屋選手登場。

7月24日、快晴。パノラマに広がる北海道の夏空に、室屋義秀選手の新しい愛機「エクストラ330SC」が華麗に舞いました。轟くエンジン音とともに、銀色の機体に陽光をひらめかせながら世界トップレベルのテクニックを披露。アクロバティックな妙技が繰り広げられるたび、訪れた観客の間に大きな歓声が広がる一大航空イベントが開催されました。

この日、北海道・丘珠空港に詰めかけたのは約4万人。大勢の観客が期待するなか、民間最大の航空イベント「第29回 札幌空港ページェント」にレクサスがサポートする室屋選手が特別参加しました。本イベントは、隔年ごとに開催される日本航空界屈指の人気イベント。自衛隊機や米軍機、ヘリコプター、グライダーなど、約50機にもおよぶ多彩な航空機体の地上展示のほか、終日、戦闘機やヘリコプターなどによる様々な展示飛行で航空ファンを楽しませてくれます。

最新鋭のパートナーと自在に空を舞う。

とりわけ注目を集めたのが、今年、新たに室屋選手のパートナーになった新型機「エクストラ330SC」です。この機体は、曲技飛行の世界選手権に出場するトップ選手たちからも熱い眼差しが送られる世界最新鋭機。もちろん日本への導入も初めてで、自然と観客たちの期待は高まります。LEXUSロゴが入ったヘルメットとフライトスーツに身を包んだ室屋選手が登場すると、会場のムードは一段と盛り上がりをみせました。

室屋選手は新型機に乗り込むと、颯爽と大空へテイクオフ。レッドブル・エアレースのトラックをイメージして、低空コースを高速で駆け抜けるデモンストレーション飛行で迫力のアピール。さらに、演技途中には、青空をキャンバスに白いスモークでスマイルマークとレクサスのエンブレムを描くビッグサプライズも用意され、世界最高峰のテクニックを目の当たりにした観客からは大喝采。地上では、機体と並んでLEXUS GS Fが展示されるコラボレーション演出も会場の話題をさらっていました。

MORE
MORE