沖縄県ヤギのチーズを使ったサラダ

★レシピのポイント
爽やかな酸味と甘みのヤギのチーズと鰹が好相性。そこにニンジンと普段使いの調味料をシンプルに加えた、素材の旨味引き立つサラダです。
材料(2人前)
  • 鰹 約120g
  • 塩 適量
  • 黒胡椒 適量
  • ニンジン 1本
  • ニンニク 1/2片
  • ショウガ 1片
  • レモン 1/4個
  • バルサミコ酢 約10cc
  • オリーブオイル 適量
  • ヤギのチーズ「カプラ」 1パック(約80g)

    外部サイトにリンクしています。

    外部のウェブサイトに移動しますがよろしいですか?

    ご確認

    これより外部のウェブサイトに移動します。
    よろしければ下記URLをクリックしてしてください。

    https://www.island-cheese.com/

    ※メールかお電話にてお問い合わせください。

    ご注意

    リンク先のウェブサイトは、LEXUSのウェブサイトではなく、LEXUSの管理下にはないものです。

    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、令和2年7月時点のものです。
    ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、御自身でご確認ください。

    リンク先のウェブサイトの操作方法・不具合等は、リンク先の組織・団体等にご確認ください。

  • ハーブ(ディルやセルフィーユなど) 適量
作り方
  1. 鰹に塩を少々、黒胡椒を多めに振って冷蔵庫で20分ほど寝かせる。
  2. ニンジンは皮を剥いて半分に切り、チーズおろし器などで細く削る。
  3. 削ったニンジンに塩を振り、すりおろしたニンニクとショウガを加え、レモンとバルサミコ酢をかけて全体を混ぜ合わせ5分ほど置く。
  4. 冷蔵庫から取り出した鰹の水分を拭き、切って皿に並べオリーブオイルをまわしかける。
  5. 鰹の上にニンジンをたっぷり盛り付け、適量に切り分けたヤギのチーズ「カプラ」をのせて、最後にハーブを散らして完成。

ヤギのチーズを使ったサラダ

ヤギミルクの文化を復活させたい
宮古島の“現在”と“未来”が詰まった一皿

「沖縄の食文化を語る上で、切っても切り離せないのがヤギ。もちろん宮古島でも古くからヤギ料理が盛んでしたし、ヤギミルクを飲む習慣もありました。現在ではその習慣もすたれつつあり、島で酪農を営む『宮古島チーズ工房』さんも、ヤギのチーズを作るのに島外のミルクを使っているくらい。しかし今、再びヤギミルクを生産しようという動きがあり、来年からは宮古島産ヤギミルクのチーズが作れそうとのことで僕も大変嬉しく思っています。今回のレシピでは、そんな島の明るい未来を感じさせるヤギのチーズと、今も昔も沖縄の定番常備菜であるニンジンしりしりを使いました。鰹も、僕が動画で調理しているのは宮古島の佐良浜産のもの。鰹とチーズ、そしてそこに薬味的なアクセントを添えるニンジンが三位一体となって、宮古島らしさ溢れるサラダが誕生しました。コロナが落ち着いたらぜひ、島の食文化を味わいに遊びにいらしてください!」

Restaurant État d'esprit 渡真利 泰洋
1984年、宮古島生まれ。『Joël Robuchon』を始めパリの名店にて研鑽を積み、帰国後31歳で『Restaurant État d'esprit』総料理長に就任。島の食材を活かした、新たな沖縄料理の形を世界へ発信し続けている。
Restaurant État d'esprit
沖縄県宮古島市伊良部字池間添1195-1
お店のページへ

外部サイトにリンクしています。

外部のウェブサイトに移動しますがよろしいですか?

ご確認

これより外部のウェブサイトに移動します。
よろしければ下記URLをクリックしてしてください。

https://www.konpeki.okinawa/restaurant/

ご注意

リンク先のウェブサイトは、LEXUSのウェブサイトではなく、LEXUSの管理下にはないものです。

この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、令和2年7月時点のものです。
ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、御自身でご確認ください。

リンク先のウェブサイトの操作方法・不具合等は、リンク先の組織・団体等にご確認ください。

生産者のご紹介

ヤギのチーズ「カプラ」

宮古島古来の食文化を掘り起こすことに注力している渡真利さん。かつて島で盛んに飲まれていた、ヤギミルクもそのひとつ。今、ヤギミルクの生産が再び島内で実現しそうで、来年には宮古島産ヤギミルクのチーズを皆様にお届けできそうです。現在は、全国の牧場で飲み比べをし、一番美味しいと感じた高知県産ヤギミルクを使用。そんなこだわりのミルクから作られた「カプラ」はさらっとした口溶けで、爽やかな酸味と甘みが魅力です。南の沖縄でも酪農があるんだということを、ぜひ知っていただきたいですね。

宮古島チーズ工房 冨田常子
2013年にパン屋として開業。取引先であった宮古島の牧場の経営を応援するためにチーズづくりを学び、2018年に工房を設立した。
宮古島チーズ工房
沖縄県宮古島市城辺保良344-9
ご購入はこちらから

外部サイトにリンクしています。

外部のウェブサイトに移動しますがよろしいですか?

ご確認

これより外部のウェブサイトに移動します。
よろしければ下記URLをクリックしてしてください。

https://www.island-cheese.com/

※メールかお電話にてお問い合わせください。

ご注意

リンク先のウェブサイトは、LEXUSのウェブサイトではなく、LEXUSの管理下にはないものです。

この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、令和2年7月時点のものです。
ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、御自身でご確認ください。

リンク先のウェブサイトの操作方法・不具合等は、リンク先の組織・団体等にご確認ください。

※外部ウェブサイトに移動します