ことばもり

祈り、込めて、贈る。
倉敷の街をめぐり完成する、
大切な人を想うお守り。
コミュニケーション道具としての御守り「ことばもり」。大切な人に贈ってこそ、その価値は最大限発揮される。御守りを持つ人の気持ちや生活がほんの少しでも豊かになれば、それが人や地域への貢献になるはず、という想いから製作した。
丹下 直樹 NAOKI TANGE

備中和紙職人

岡山 / OKAYAMA

1979年、岡山県倉敷市出身。千年を超える歴史をもつと言われた和紙作りを伝える家業を継承し「備中和紙」の生みの親となった丹下哲夫の孫にあたり、2代目後継者。岡山県郷土伝統的工芸品となった「備中和紙」に新たな価値を創造するべく日々研鑽を積んでいる。平成25年度日本民藝館展奨励賞受賞。

丹下 直樹