kaminoka-紙ノ香-

つまみ細工を日常に。
和紙から漂う穏やかな香りが、
女性の暮らしに花を添える。
つまみ細工と美濃手漉き和紙、そして日本の香りが融合した、和のアロマディフューザー。江戸時代から受け継がれてきたつまみかんざしの技法を用いた。従来の「生地」ではなく「和紙」を使用することで、優しく香る花を表現した。
藤井 彩野 AYANO FUJII

千葉県指定江戸つまみかんざし製作者

千葉 / CHIBA

千葉県育ち。大学在学中の海外経験から日本文化に興味を持ち、つまみかんざしの技術を習得。2005年「つまみかんざし彩野」の屋号で松戸市を拠点に作家活動を開始。フラワーアレンジメント教室や着物屋での勤務経験を経て開業。関東経済産業局「Next Crafts Generation〜Kanto eleven project〜」千葉県代表。2018年、千葉県指定伝統的工芸品「江戸つまみかんざし」製作者認定。

藤井 彩野