mitate〜見立て〜 シリーズ

カトラリー

まるで金属、まるで竹。
「見立て」が伝える、
新潟漆器の本物の魅力。

400年の歴史をもつ国指定伝統的工芸品「新潟漆器」。その代表技法「竹塗」と江戸期の漆芸家の技である「朧銀塗」を組み合わせた。竹と金属。相反する2つの塗りで見立てられたカトラリーは手にする人を楽しませる。「変わり塗りの宝庫」として名を馳せた新潟漆器を、もう一度盛り上げたいと制作に励む。

真田桃子
真田桃子 MOMOKO SANADA

新潟漆器職人

新潟 / NIIGATA

1989年新潟県新潟市生まれ。2013年伝統的工芸品・新潟漆器の職人となり、ドイツ・アンビエンテ2014・2016に「百年物語」開発商品を出品。以降、数々の国際展示会に出品。2016年イタリア・ミラノ・サローネDENSANブースに「lump」出品。またG7新潟農業大臣会合で、各国閣僚向けの記念品として「竹塗萬代箸/箸置/ぐい呑」が採用された。

2016 「匠」
2016 「匠」一覧