ケシキ ノ マド

食器

ガラスが映し出す
まるでふるさとのような、
懐かしい景色。

「窓から見た田舎の風景のよう」というお客さまの声をきっかけに、開業初期から制作している[mado]を発展させた。時間の経過を感じられるデザイン、ガラスと金属片の組み合わせから生まれる「色の化学反応」も楽しめるプレート。地元にガラス文化を根付かせ、「秋田のガラス」を全国に広めていく。

鎌田祥子
鎌田祥子 SHOKO KAMADA

ガラス工芸作家

秋田 / AKITA

1979年秋田県秋田市生まれ。秋田公立美術工芸短期大学(現、秋田公立美術大学)でガラス工芸に出会う。卒業後同短大で勤務。様々なガラスの技法の中でキルンワークを使った作品作りに魅力を感じ、2005年秋田市にキルンワークの工房「硝子工房窯硝」を設立。主にプレートなどの器をつくる。直線的な模様、金属とガラスの組み合わせで生まれる色の変化を使った模様などが特徴。

2016 「匠」
2016 「匠」一覧