なさ。  〜こぎんファーマーズベスト〜

ベスト

津軽の女性が
刺しつないできた「こぎん刺し」を、
未来へ正しく伝える。

麻生地に綿の糸。天然素材を使い、たっぷり時間をかけて刺繍した。目指したのは、伝統模様を用いながら、現代でも可愛らしさやカッコよさが感じられるデザイン。名前の「なさ。」は、津軽の言葉で「あなたへ」の意。一針一針、心を込めて刺されたベストが大切な人を暖かく包む。

角舘徳子
角舘徳子 NORIKO KAKUDATE

草木染め・こぎん刺し作家

青森 / AOMORI

2006年弘前大学入学を機に青森へ。2009年に卒業制作で、こぎん刺しと出会う。卒業後、弘前こぎん研究所入社。2012年に独立し化学染めを経て草木での染色を始める。青森県を中心に展示会やクラフトフェアなどに出展。2014年渋谷ヒカリエにてグループ展を行う。2015年星野リゾート界津軽にて企画展示。海外でも「Japan Expo 16」wabi-sabiブース出展。

2016 「匠」
2016 「匠」一覧