39 LEXUS TEAM SARD レクサス チーム サード

ABOUT TEAM

トヨタのレースカーエンジニア、加藤眞氏が1972年に設立した会社を前身とするチームで、1973年のル・マン24時間レースに日本人として初めてオリジナルマシンで参戦している。以来、国内外のレースで活躍。1989年からは「チームサード」として活動を開始。SUPER GT/JGTCにおいてもシリーズ設立初年度の1994年に参戦を開始し、2016年には初のGT500クラスタイトルを獲得した。2018年のドライバーラインナップはF1のトップチームでの活躍を経て、2016年に参戦2年目でSUPER GTチャンピオンに輝いたヘイキ・コバライネンと、こちらもF1を経てWECやスーパーフォーミュラで活躍してきた小林可夢偉が新たに加入。元F1経験者のコンビに注目が集まる。

TEAM DATA

監督
佐藤 勝之
ドライバー
ヘイキ・コバライネン / 小林 可夢偉
カーナンバー
39
クラス
GT500
レース車両
DENSO KOBELCO SARD LC500
タイヤ
ブリヂストン
公式サイト
http://www.sard.co.jp

PAGE TOP