2018 SUPER GT ROUND 7 AUTOPOLIS GT 300km RACE SAT 20 - SUN 21 OCT 2018 AUTOPOLIS, OITA

GT500 / GT300レポート

LEXUS TEAM、表彰台独占の大逆転劇

au TOM’S LC500 が予選 4 位を獲得 !

2018 年の SUPER GT は九州へ上陸。 10 月 20 日(土)、21 日(日)、大分県のオートポリスを舞台に第 7 戦「AUTOPOLIS GT 300km RACE」が開催された。

阿蘇外輪山の標高 800m に位置するオートポリスは、日本屈指の雄大な自然に囲まれたサーキットで、中高速コーナーが連続するテクニカルなレイアウトと高低差 52m の激しいアップダウンを持つ。

それゆえに似た特徴を持つ第 6 戦の舞台、スポーツランド SUGO と同様にホンダ NSX-GT が有利なコースと言われている。事実、秋晴れに恵まれた 20 日(土)の予選ではARTA NSX-GT が 1 位を獲得したほか、KEIHIN NSX-GT が 2 位、RAYBRIG NSX-GT が 3 位につけるなどホンダ勢がトップ 3 を独占。

対する LEXUS 勢の最上位は au TOM’S LC500 の 4 位で、Q2 でアタックした関口雄飛選手がコースレコードを更新するものの、トップとのタイム差は 1 秒以上で、「8 号車(ARTA NSX-GT)のタイムに届く手立てがない」と関口選手は険しい表情を見せていた。

それだけに 21 日(日)の決勝においても、多くのファンがホンダのワンサイドゲームになることを予想していたに違いない。しかし、65 ラップで争われた決勝レースで主導権を握ったのは LEXUS 勢だった。

主役を演じたのは平川亮選手が予選 Q1 でコースレコードを更新して 3 位、Q2 でニック・キャシディ選手が 5 位につけた KeePer TOM’S LC500 だった。予選での NSX-GT の速さに舌を巻きながらも、「決勝はチャンスがある。タイトル争いを考えると 100 号車(RAYBRIG NSX-GT)の前でフィニッシュしたい」と平川亮選手が語れば「1 ポイントでも多くとりたい」とキャシディ選手も意気込む。

その想いがディフェンディング・チャンピオンを駆り立てた。ランキング首位につける RAYBRIG NSX-GT の山本尚貴選手、ジェンソン・バトン選手に対して 14 ポイント差の 3 位で追う KeePer TOM’S LC500 の両雄にとって、この九州ラウンドはタイトル争いを左右する重要なレース。逆転王座にむけた、まさに背水の陣で臨んだブルー×ホワイトの LC500 は見事な逆転劇を演じた。

LEXUS TEAM TOM’S の追走劇。au TOM’S LC500 がレースを支配 !

21 日(日)、オートポリスには澄んだ青空が広がっていた。気温 17 ℃、路面温度 36 ℃と熱を帯びるなか、14 時 06 分、65 ラップの決勝レースが幕を開けた。ここで躍動したのが予選 4 位の au TOM’S LC500 で、中嶋一貴選手がスタートで 3 位に浮上。さらに 11 周目に 2 位、続く 12 周目に首位へ浮上した。

20 周目、後続の GT300 車両がスピンを喫したことによりセーフティカーが導入された。この結果、au TOM’S LC500 が築いていた 8 秒以上のマージンが帳消しとなってしまったものの、25 周目に再スタートが切られると再び au TOM’S LC500 は後続を引き離していく。

これに続いたのが予選 5 位の KeePer TOM’S LC500 で、7 周目に RAYBRIG NSX-GT をかわして 4 位。さらに前を塞いでいた 2 台の NSX-GT がピットに入ったことで、27 周目、KeePer TOM’S LC500 は 2 位へ浮上を果たす。

KeePer TOM’S LC500 が今季初優勝を獲得 !

29 周目、1-2 体制を築いていた 36 号車、1 号車の LEXUS TEAM TOM’S の 2 台が同時にピットイン。その作業は完璧で、全てのマシンがピット作業を終えた 42 周目には au TOM’S LC500 が再び首位、KeePer TOM’S LC500 が 2 位と盤石の態勢でレース後半を迎える。

その後も au TOM’S LC500 は安定したラップを刻み、トップを堅守していたが、「終盤になってトラクションが悪くなった」とセカンドスティントを担当した関口選手が語るように au TOM’S LC500 がペースダウン。それに対して平川選手にスイッチした KeePer TOM’S LC500 が猛追を披露し、60 周目に au TOM’S LC500 をかわしてトップでチェッカーを受けた。続いて、終始レースを支配した au TOM’S LC500 が 2 位となり、LEXUS TEAM TOM’S が第 5 戦の富士以来、今季 2 度目の 1-2 フィニッシュを達成した。

レース後に「チームの素晴らしい戦略とピット作業で勝つことができた」と優勝したキャシディ選手は力強いポーズと笑顔を見せたが、タイトル争いは次戦の最終戦まで続く。ポイントリーダーの RAYBRIG NSX-GT が今回のレースで5位に終わったことで KeePer TOM’S LC500 が RAYBRIG NSX-GT と同ポイントに並んだ。11 月 10 日- 11 日に行われる最終戦「MOTEGI GT 250㎞ RACE GRAND FINAL」で雌雄が決する。

巧みな戦略で WedsSport ADVAN LC500 が殊勲の 3 位入賞

予選から一転、鮮やかな逆転劇を演じた LEXUS TEAM TOM’S の 2 台だが、その背後でも LC500 が快進撃を披露していた。

なかでも注目を集めたのが、WedsSport ADVAN LC500 だった。「決勝のことを考えて強い(耐久性のある)タイヤを選んだのでタイムは伸びなかった」とチーフエンジニアの林寛幸氏が語るように、20 日(土)の予選で WedsSport ADVAN LC500 は 10 位に終わったが、21 日(日)の決勝はドラマチックな追走劇を演じる。そして、その奇跡的な追走を実現させたのが巧みな戦略だった。

「ウォームアップ走行でタイヤがもたないことがわかったので 2 ピット作戦を採用した」。LEXUS TEAM WedsSport BANDOH の坂東正敬監督がそう語るように、山下健太選手がステアリングを握る WedsSport ADVAN LC500 は 15 周目にピットイン、タイヤ交換と給油を行って再び山下選手が戦線へと復帰した。

この時点で WedsSport ADVAN LC500 は最下位に後退したが、20 周目のセーフティカーの導入で 40 秒以上のギャップが短縮。再スタート後も山下選手が安定した走りを披露。ライバルチームがピットストップを行なったことで、33 周目、WedsSport ADVAN LC500 は一時トップへ浮上した。

WedsSport ADVAN LC500 は 41 周目に 2 度目のピットインを行い、タイヤ交換と給油、ドライバー交代を実施した。この間に LEXUS TEAM TOM’S の 2 台に先行されたものの、WedsSport ADVAN LC500 は見事3位でコースへ復帰。国本雄資選手が着実な走りでチェッカーを受け、WedsSport ADVAN LC500 が 3 位入賞、LEXUS 勢が表彰台を独占した。そのほか、予選 8 位の ZENT CERUMO LC500 も決勝で 4 位入賞。

さらに GT300 クラスでも予選 10 位の K-tunes RC F GT3 が、中山雄一選手と新田守男選手の果敢な走りで、第 3 戦の鈴鹿に続いて今季 2 勝目を大逆転で飾り、LEXUS 勢が 2 クラス制覇を達成した。

LEXUS のパフォーマンスモデルを体感せよ

このレースウィーク中、サーキット内の LEXUS イベントブースでは、GT500 マシンだけではなく、レーシングカー譲りのパフォーマンスを誇る市販モデル、LC500RC FGS F が展示され来場者の注目を集めていた。

LC500 は今年 7 月初旬に行われた英国のスピードの祭典「GOODWOOD FESTIVAL OF SPEED」でのヒルクライム走行も話題となった。また GS F は IMSA ウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの公式ペースカーとして導入されている。

BASE MODEL

WINNER TEAM

Po No. MACHINE DRIVER LAPS BEST LAP Diff.(km/h) TIRE WH
1 1 KeePer TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
65 1'36.961 1:56'02.296 BS 47
2 36 au TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
中嶋 一貴
関口 雄飛
65 1'36.883 0.436 BS 40
3 19 WedsSport ADVAN LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
国本 雄資
山下 健太
65 1'37.611 12.614 YH 15
4 38 ZENT CERUMO LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明
65 1'37.385 21.331 BS 36
5 100 RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
山本 尚貴
ジェンソン・バトン
65 1'37.532 21.628 BS 61
6 17 KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
塚越 広大
小暮 卓史
65 1'37.021 32.944 BS 40
7 24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
J.P.デ・オリベイラ
高星 明誠
65 1'37.501 37.072 YH 18
8 39 DENSO KOBELCO SARD LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
ヘイキ・コバライネン
小林 可夢偉
65 1'37.776 45.462 BS 36
9 6 WAKO'S 4CR LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
大嶋 和也
F.ローゼンクヴィスト
65 1'37.653 48.517 BS 34
10 64 Epson Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
65 1'36.697 1'00.596 DL 3
11 12 カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
佐々木 大樹
ヤン・マーデンボロー
65 1'36.776 1'04.447 BS 29
12 8 ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
野尻 智紀
伊沢 拓也
65 1'36.513 1'12.433 BS 49
13 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
本山 哲
千代 勝正
65 1'38.277 1'18.125 MI 12
14 16 MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
武藤 英紀
中嶋 大祐
64 1'35.808 1 Lap YH 16
15 23 MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
64 1'38.152 1 Lap MI 39

PAGE TOP