2018 SUPER GT ROUND 5 FUJI GT 500mile RACE SAT 04 - SUN 05 AUG 2018 FUJI SPEEDWAY, SHIZUOKA

GT500レポート

LEXUS TEAM TOM'Sが悲願の1-2フィニッシュを達成!

シリーズ最長の500マイルレースで、au TOM’S LC500が予選3位を獲得

2018年のSUPER GTシリーズは折り返しを迎え、8月4日(土)、5日(日)、静岡県の 富士スピードウェイを舞台にシリーズ第5戦「FUJI GT 500 MILE RACE」が開催された。

同大会は文字どおり、距離にして500マイル=約805km、時間にして約5時間とシリーズで最大の長さを誇る。

「4ストップ、5スティントの長いレースなのでタイヤに厳しいし、ブレーキにも想像以上に負担がかかるでしょう」とLEXUS TEAM au TOM’Sのチーフエンジニア、東條力氏が語るように真夏のロングレースはマシンにとって過酷な一戦だが、それと同時にドライバーやメカニックにとっても同様で、LEXUS TEAM LEMANS WAKO’Sのチーフエンジニア、田中耕太郎氏は「ピットストップの回数が多いので、ドライバーはもちろん、ピット作業もミスをしないことが勝敗を分けるだろう」と語っている。

世界で最も速いGTレースと呼ばれるSUPER GTでは、ドライバーはもちろん、メカニックも高いパフォーマンスが求められる。例えばレース中にタイヤの交換を実施する“タイヤマン”だけを見ても、12名で4本を交換するF1、6名で4本を交換するDTMに対して、SUPER GTはわずか2名で4本のタイヤを交換している。

1本のタイヤの重量はホイールと合わせて約20kgと重い。「タイヤ1本を5秒で交換することができればトップレベルで、それ以上かかると遅いと言われる世界」とは前述の田中氏で、まさにピットワークはメカニックにとっても激しい戦いの舞台であり、500マイルの今大会は最低4回のピット作業を実施することになる。そして、5日(日)の決勝ではこのピット作業がレースの行方を左右した。

予選3位のau TOM’S LC500が今季初優勝。KeePer TOM’S LC500が2位でLEXUS勢が1-2フィニッシュを達成!

夏晴れのなか始まったレースウィークは波乱の幕開けとなった。午前中の公式練習で立川祐路選手の乗ったZENT CERUMO LC500が1コーナーで壮絶なクラッシュを起こし、マシンに一見修復不可能とも思える大きなダメージを負ってしまう。すぐさまメカニックたちはほんのわずかな可能性を信じてマシンの修復作業に取りかかるなか始まったQ1では、ランキングトップのDENSO KOBELCO SARD LC500が11位、WAKO’S 4CR LC500が13位とQ1で敗退するも、Q1を3位で突破したau TOM’S LC500がQ2でLEXUS勢の最上位となる3位を獲得。同じくQ1で4位につけていたWedsSport ADVAN LC500が6位、Q1で8位につけていたKeePer TOM’S LC500が7位を獲得する。

翌5日(日)、500マイルレースという新たな扉を開いた富士スピードウェイは朝から真夏の太陽に照りつけられていた。陽炎がゆらぐなか、大観衆の前で177周の決勝が幕を開ける。ここで素晴らしいパフォーマンスを披露したのが、予選3位のau TOM’S LC500だった。関口雄飛選手が23周目に2位に浮上。さらにポールポジションからレースをリードしていたMOTUL AUTECH GT-Rがピットインを行ったことで首位に浮上した。

36周目、首位のau TOM’S LC500が1回目のピットインを行ったが、まさかのタイヤ交換のミスで大きくタイムロス。それが響き、ほぼ全てのマシンが1度目のピットインを終えた40周目、au TOM’S LC500のポジションは4位へと後退する。しかし、セカンドスティントを担当した中嶋一貴選手が60周目に3位、63周目に2位と着実に順位を上げていく。70周目には首位のカルソニックIMPUL GT-Rが2度目のピットストップに入り、au TOM’S LC500は再び首位へと浮上を果たす。

こうしてトップに返り咲いたau TOM’S LC500は73周目に満を持して2度目のピットインを実施。しかし、ここで再びタイヤ交換で失敗。築いたリードを失い、au TOM’S LC500は5位までポジションを落とす。

予想できない浮き沈みを繰り返し、ドライバーにとってタフな展開となったau TOM’S LC500だったが、関口選手が駆るホワイト×オレンジのLC500は今一度ハイペースな力強い走りを披露する。110周目に3度目ピット作業を行い、再びau TOM’S LC500は2位へと浮上した。

しかし首位を走るカルソニックIMPUL GT-Rとの差がなかなか縮まらない。中嶋選手も「ミスがあったので今日は2位で終わると思っていた」とレース後に語っていたのだが、au TOM’S LC500が4度目のピットインを行った終盤148周目にレースは予想外のドラマが待ち受けていた。先に最後のピットインを消化し、4位までポジションを上げていた実質トップのカルソニックIMPUL GT-Rの突然のスローダウンがモニターに映し出される。そして最後のピットワークを迅速に行なったau TOM’S LC500が首位となり、薄暮のなかでレースはいよいよチェッカーへのカウントダウンへ向かっていく。

「ブレーキが厳しいと言われていたので、ペースをコントロールしながら走った」と最後のスティントを託された関口選手が語るように、au TOM’S LC500は慎重な走りでラップを消化していく。そして、中嶋選手、メカニックたちがピットウォールに身を乗り出して迎えるなか、ホワイト×オレンジのLC500は薄暗くなりはじめたストレートを駆け抜けてチェッカーを受けた。前戦のタイで勝利を手中に収めかけた最終ラップにまさかのガス欠でストップするという悪夢、そして今レース中2度にわたるピットワークのミスを乗り越えドライバー渾身の走りでつかみ取った勝利であった。

「ライバルチームのトラブルもあったけれど、この優勝はノーダメージで走りきったご褒美だと思う」と中嶋選手が語れば、関口選手も「このチームに移籍して初の表彰台が初優勝になった。結果を残せてほっとした」と語るように、au TOM’S LC500が今季初優勝を獲得した。

一方、au TOM’S LC500に続いたのが、重いハンディウェイトを背負いながらも予選7位から驚異的なペースの走りを見せたKeePer TOM’S LC500だった。レース序盤で4位に浮上するとその後もau TOM’S LC500に続いて、ホワイト×ブルーのLC500はレース中盤で3位、終盤で2位に浮上。そして、最終スティントではau TOM’S LC500の背後に迫り、TOM’S勢の最終ラップまで続くバトルを予感させ会場を盛り上げた。2位でチェッカーを受けた平川亮選手は「何度もバックマーカーに引っかかったことが残念だが、TOM’Sで初めて1-2フィニッシュできたことは良かった」と語り、「勝てる可能性もあったので少し悔しいが、TOM’Sの1-2フィニッシュは嬉しい」とニック・キャシディ選手も悔しさを滲ませながらも喜びを語った。KeePer TOM’S LC500が2位に入賞したことでLEXUS勢がホームコースで1-2フィニッシュを達成。そして意外ではあるがLEXUS TEAM TOM’SにとってSUPER GTで初めての1-2フィニッシュを達成した歴史的な1日となった。

なお、決勝の走行が危ぶまれたZENT CERUMO LC500はメカニックたちの徹夜でのマシン修復作業を経て決勝のグリッドに並んだ。レースはGT100戦目を迎えた石浦宏明選手とクラッシュのダメージが足に残るなか出場した立川選手の粘り強い走りで見事8位でチェッカーを受けた。

なお、今大会では4日(土)・5日(日)に渡って、LEXUSがサポートするエアロバティックパイロット、室屋義秀選手によるフライトパフォーマンス「YOSHI MUROYA Special Flight@FUJI SPEEDWAY Supported by LEXUS」が開催された。2017年のレッドブル・エアレースの年間総合チャンピオンが、富士スピードウェイの上空でその名を世界に知らしめる“室屋ホイール”などの曲技を連続披露。そしてプログラムのハイライトはLFA、LC500、RC Fの3台とともに超低空飛行でホームストレートを滑空。大迫力の空と地上のコラボレーションで6万人の来場者を沸かせた。

BASE MODELLC

美しさと走りの魅力を追求した、
ラグジュアリークーペ。
ドライバーの意志に鋭い切れ味で応えながら、優雅に振る舞うドライビングの幅広さと奥深さは、想像をはるかに超えていきます。
SHOW MORE

WINNER TEAM

Po No. MACHINE DRIVER LAPS BEST LAP Diff.(km/h) TIRE WH
1 36 au TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
中嶋 一貴
関口 雄飛
177 1'31.185 4:40'08.601 BS 30
2 1 KeePer TOM'S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
177 1'31.427 1.564 BS 58
3 17 KEIHIN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
塚越 広大
小暮 卓史
177 1'31.695 21.184 BS 50
4 8 ARTA NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
野尻 智紀
伊沢 拓也
177 1'31.675 26.906 BS 48
5 100 RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
山本 尚貴
ジェンソン・バトン
177 1'31.366 32.197 BS 64
6 24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
J.P.デ・オリベイラ
高星 明誠
177 1'30.987 52.449 YH 14
7 6 WAKO'S 4CR LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
大嶋 和也
F.ローゼンクヴィスト
177 1'31.309 56.084 BS 58
8 38 ZENT CERUMO LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明
177 1'31.162 1'22.587 BS 52
9 23 MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
177 1'30.899 1'23.911 MI 62
10 19 WedsSport ADVAN LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
国本 雄資
山下 健太
176 1'31.485 1 Lap YH 26
11 39 DENSO KOBELCO SARD LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
ヘイキ・コバライネン
小林 可夢偉
176 1'32.053 1 Lap BS 70
12 12 カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
佐々木 大樹
ヤン・マーデンボロー
175 1'31.310 2 Laps BS 36
13 64 Epson Modulo NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
166 1'31.165 11 Laps DL 6
14 16 MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX-GT / HR-417E
武藤 英紀
中嶋 大祐
162 1'31.275 15 Laps YH 16
15 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
本山 哲
千代 勝正
139 1'31.693 38 Laps MI 18

PAGE TOP