EVENTS & FEATURES

INTERVIEWS

DRIVER INTERVIEW
石浦宏明 / 立川祐路 From LEXUS TEAM ZENT CERUMO

今シーズンの開幕前に、LEXUS陣営の中で何人かのドライバーが移籍した。それぞれのチームが興味深いドライバーの組み合わせとなったが、「このチームは強い」と玄人筋を唸らせたのが、LEXUS TEAM ZENT CERUMO。1999年からこのチームのエースとして活躍する立川祐路は、SUPER GTにおいて最も多くの勝利とポールポジションを獲得した最速の男。そこに、LEXUSの開発ドライバーを務める理論派の石浦宏明が加わった。チャンピオンの有力候補と目される彼らは、何を考えながらマシンを走らせているのか。

“最速の男”と言われる立川祐路選手がどのようなドライバーなのか、間近で見ている石浦選手から紹介してください。

石浦宏明:僕が紹介するのも失礼なぐらいの実績を残しているドライバーです(笑)。LEXUSのなかでも最も長きにわたって活躍されていて、年間チャンピオンも3回獲得しています。SUPER GTというカテゴリーで、一番結果を出しているドライバーだと言って間違いないでしょう。

では反対に、石浦宏明はどういうドライバーなのか、立川選手から紹介してください。

立川祐路:ドライバーとして優れているのはもちろんですが、石浦は人間性が素晴らしいですね。誠実な人柄で、多くの人から信頼されています。

今シーズンからTEAM ZENT CERUMOに加わった石浦選手にお尋ねします。このチームの特徴をひとことで教えてください。

石浦宏明:このチームは、明らかにほかのチームと違います。チャンピオンをたくさん獲っている名門だから、雰囲気がピリピリしていると思うじゃないですか。でも全然そんなことはなくて、みんな本当に仲がいい。そして、オンとオフの切り替えが素早いです。オフの時は、「こんなにユルいのか」と思うんですが、オンになった瞬間に動きがスピーディになって連携もすごい。

立川祐路:確かに、ここぞという時の集中力がすごいチームですね。ただユルいだけじゃ、こんなに勝てませんから(笑)。

シーズン開幕前のテストで、立川選手は去年より大幅にマシンが進化した手応えがあるとおっしゃっていました。LEXUS RC Fは、具体的にどのように進化したのでしょうか。

立川祐路:去年の段階で、信頼性は非常に高いレベルにありました。今シーズンは、それに加えてスピードを上げることに取り組みました。エンジンのパワーは昨年と比べものにならないし、空力性能も大幅に向上しています。ただしスピードだけでなく、足まわりや扱いやすさなど、総合的にパフォーマンスがアップしたと感じています。

石浦宏明:去年のLEXUS RC Fは、コーナーの多いサーキットで好結果を残しました。去年1年間でいろいろなコースをライバルと走ってみて、もう少し高速サーキットのストレートでスピードが伸びるともっと勝てる、という印象がありました。したがって、特に重点的にそこに取り組みました。

立川選手はさまざまな記録をお持ちです。なかでも嬉しかったレースや、人生を変えたレースがあれば教えてください。

立川祐路:やはり年間チャンピオンを獲ったレースはよく覚えていますね。年間チャンピオンは、ドライバーだけが頑張ってもマシンだけがよくても獲れない。マシン、チーム、ドライバーのすべてが噛み合って、そこに運も揃ってようやくチャンピオンになれるわけですから。ただし、嬉しかったレースよりも悔しかったレースのほうが記憶に残っています。僕らレーシングドライバーは、過去に何百勝しても次のレースに勝てなかったらここにはいられないかもしれない。だから、過去のレースの思い出に浸るよりも、次のレースで勝つことばかりを考えています。

石浦選手は、ニュルブルクリンク24時間レースなど、海外のレースの経験も豊富です。海外のレースで気をつけていることはありますか。

石浦宏明:向こうのドライバーは僕のことを知らないので、相手になめられないというか、簡単に譲るドライバーだと思われないようにしているところはあります。でも、レースが始まれば日本もヨーロッパも変わりませんね。むしろ、ファンの方のレースの楽しみ方が大きく違うように感じます。日本のSUPER GTに関しては、お子さんや家族連れが多いのが特色です。日本のサーキットは、家族で食事やアトラクションが楽しめるように工夫されていますから。一方、去年初めてSUPER GTを開催したタイでは、スタンドで躍りながら声援を送ってくれました(笑)。

さて、ここから真夏のレースが続きます。夏場のレースで特に気を付けていることを教えてください。

立川祐路:とにかく体調を万全に整えることですね。夏場は、レースが終わると体重が2〜3キロも減っています。それだけ体力を消耗するので、コンディション調整には気を配ります。

石浦宏明:僕は今シーズンが始まる前に体重を8キロ落としたんです。肉体改造をして挑むシーズンなので、自分でも期待しています。

PAGE TOP