EVENTS & FEATURES

INTERVIEWS

LMcorsa 飯田章 / 吉本大樹


ドライバーの声が反映されたマシンはテストでの感触もいい

飯田章

日米欧で進めている、LEXUS RC FのGT3プロジェクトに当初から関わってきました。正直、どうなるんだろうという時期もありましたけれど、やっとスタートラインに立てるところまで来ました。ただ、僕らはまだ新参者で、とにかくマシンの精一杯の性能を出し切って、どういう結果が出るのかを模索する年になると思っています。もしかすると優勝できるかもしれないし、10位がやっとかもしれない。想像がつかないですね(笑)。もちろん期待はしていますが、ライバルだって何十年もやっているわけですから。ただし「こういう方向で開発したい」というドライバーの声は反映されたマシンで、テストの感触もいい。ベテランとして、経験で開発の役に立ちたいと考えています。


準備期間が終わり、真の意味で「GT3」と呼べるのは今シーズン

吉本大樹

2年にわたってLEXUS RC Fを走らせてきましたが、正直に言って辛抱の2シーズンでした。この2年間は試験期間、準備期間だと思っていて、真の意味で「GT3」と呼べるのは今シーズンからだと思います。準備が終わって、ようやく戦いに参加できる、というのが今シーズンです。ただし、世界の強豪メーカーが何十年もかけた積み重ねが現在のGT3マシンであるわけで、僕らも一筋縄ではいかないと思っています。それほど甘くはない。けれども、気持ちのうえでは最初から勝ちに行くつもりでいます。それくらい、チームが成長していることは感じています。ただ、この2年は優勝を争っていないので、ぎりぎりの場面での勝負勘を取り戻すことは課題でしょうね。


2017 SEASON PREVIEW TOP

PAGE TOP