EVENTS & FEATURES

INTERVIEWS

LEXUS TEAM KeePer TOM'S ニック・キャシディ / 平川亮


じっくり日本に腰を落ち着け、最高のチャンスを活かしたい

ニック・キャシディ

16歳の時にレーシングドライバーとしてのキャリアをスタートさせて、本当の意味でプロフェッショナルになったのは2016年シーズンにLEXUSからSUPER GTに参戦した時だと思っています。LEXUSのドライバーになるのは一生に一度しかない最高のチャンスです。日本に来て3年目になりますが、日本のカルチャー、チームの仕事振りに触れられたことは、自分の財産になっています。昨シーズンは日本とヨーロッパを行ったり来たりという生活でしたが、じっくりと日本に腰を落ち着けたほうがいいかなと思っています。ちょうど、新幹線も飛行機も便利な場所に引っ越したところなんですよ(笑)。


シーズン終盤まで王者争いに絡めば、おのずと結果は付いてくる

平川亮

今シーズンからレッドブルのアスリートを務めることになりました。レッドブルのアスリートは世界で600人以上、日本でも10人以上いるんですが、日本人のレーシングドライバーとしては自分が初めて選ばれたそうです。いろいろな活動がありますが、日本にモータースポーツの文化をもっと広めたいという気持ちはあります。海外のレースも経験していますが、SUPER GTはレース規模も大きいし、お客さんの数も、出走する車両数やメーカーも多いので、とても華やかな印象がありますね。今シーズンに関しては、去年はひとつも勝っていないので、まず1勝が目標です。シーズン終盤までチャンピオン争いに絡めれば、結果は付いてくると思っています。


2017 SEASON PREVIEW TOP

PAGE TOP