上海モーターショー2021
「LF-Z Electrified」コンセプトと
新型「ES」を出展

中国・上海で2021年4月19日(月)開催の2021年上海モーターショーで、「LF-Z Electrified」コンセプトを展示するとともに、新型ESを世界初披露しました。

*.正式名称は「The 19th Shanghai International Automobile Industry Exhibition(Auto Shanghai 2021)」
  4月19日(月)~20日(火):プレスデー、4月21日(水)~4月23日(金):特別招待日、4月24(土)~28日(水):一般公開

- プレスカンファレンス映像 -
Lexus International President /
Chief Branding Officer
佐藤 恒治 コメント
皆様、こんにちは。レクサスインターナショナルの佐藤恒治です。
皆様に直接お会いして、ご挨拶をできないのは残念ですが、
こうして上海国際モーターショーにオンラインで参加することができ、
とても嬉しく思っています。

2020年の中国におけるレクサスの販売は過去最高の22万台となり、
グローバルでの販売をけん引し、レクサス事業の大きな柱となっています。
改めて、レクサスをご愛用いただいている中国のお客様の
お一人お一人に心から感謝を申し上げます。

さて、自動車業界は今100年に1度の大変革期を迎えています。
お客様のライフスタイルや価値観も
我々の想像を超えるスピードで変化し、多様化しています。

私が社長の豊田から、Chief Branding Officerのバトンを引き継いだ際に
「レクサスに変革を起こして欲しい」と伝えられました。
カーボンニュートラルや持続可能な開発目標への対応といった
社会的使命を果たしながら、いつの時代もクルマの楽しさを追求し、
お客様に笑顔を提供するブランドになれるよう、
大胆な変革を進めて欲しいという強い想いを込められたものと受け止めました。

そのレクサスの変革への想いを具現化したコンセプトカーが、LF-Z Electrifiedです。

LF-Z Electrifiedはレクサスが満を持して実現するEVの象徴です。
クルマ屋としてレクサスがお客様にご提供したい
独自の価値やドライビング体験を凝縮したクルマです。

レクサスは2005年のRX400h発売以降、
ラグジュアリー市場における電動化の先駆者として、
世界約90の国と地域で9車種のHVやEVを販売し、
2020年末時点での累積販売台数は約193万台となりました。

私たちは、これまで長年に渡ってハイブリッドで培ってきた、
モーター、インバーター、バッテリー等の技術に基づいて、
これまでにない電動車の魅力を創造し、一気に電動化を加速させます。

これからまた新たな挑戦を始めるにあたって、
マスタードライバーの豊田と一緒にLCを開発した時を思い出しています。
あの時豊田はステアリングをきった時に手に伝わる感覚にこだわり、
何度も何度も繰り返しテストをいたしました。
レクサスらしいクルマとの一体感や五感に訴える走り、
ドライバーとの対話ができる電動車の実現に向けて、
もう一度マスタードライバーの豊田と共に魂を込めて開発をしていきます。

具体的には、バッテリーやモーターの最適配置により、
理想的な慣性諸元を追求し、車両の基本性能を大幅に向上します。
電動車ならではの自在な走りを実現する、
新しい4輪駆動力制御技術「DIRECT4」を採用します。

また、「DIRECT4」の高精度な4輪駆動力コントロール技術に、
ステアバイワイヤによる直感的なステアリング操作を組み合わせることで、
ドライバーの操作とクルマの挙動がシンクロし、
従来のクルマとは一線を画した、高い運動性能を実現します。

コックピットには、手綱一本で意思疎通を図る人と馬の関係性に着想を得た
「Tazuna」コンセプトを採用し、ドライバーとクルマの一体感を高めていきます。

そしてデザインも電動化に合わせて進化します。
EVならではの、低いノーズから後方にピークを持たせた滑らかなキャビンを中心に、
連続するシルエットで全体のフォルムを構成しています。

高出力モーターの力を路面に伝える大径タイヤを4隅に配置し、
低重心でワイドなスタンスを実現しています。

また、レクサスのデザインアイコンであるスピンドルグリルは
電動化の進展と共にその役割が変化します。
エンジンを冷却するという機能から空力性能を高める機能へと進化を遂げて、
スピンドルボディーという新しい造形へと発展いたしました。

クルマの技術や機能の進化と共に、持続的に発展し続けるデザインは、
私たち、レクサスの姿勢そのものを象徴しています。

LF-Z Electrifiedでご紹介した技術やデザインは、
これからレクサスの市販車に順次導入していきます。

ここまではレクサスの電動化についてお伝えしてきましたが、
今日はもう1台、新型車を世界で初めてご紹介いたいと思います。

レクサスのESは、威風堂々としたデザインで、
大切なお客様やご家族を後席にお乗せする際に、
広く快適な空間でおもてなしをしたい、という中国の皆様の想いにお応えし、
現在のレクサスラインアップの中で、中国のお客様に最もご愛顧いただいております。
そのご期待に応えるべく私たちは、ESをさらに磨きあげて参りました。

新型ESの特徴をご紹介しましょう。

エクステリアは、ヘッドランプ、フロントグリル、ホイールのデザインを変更し、
よりモダンに進化をしました。

走りは、ご好評をいただいている静粛性と上質な乗り心地を一層高めると共に、
レクサスならではの、ドライバーの意図に忠実で、リニアな応答を追求しました。
たゆまぬ進化を続ける新型ESが、中国のお客様のライフスタイルに
彩りを添える愛車となることを願っています。

レクサスの変革は今日から始まります。
将来のサステナブルな社会の実現に向けた挑戦と共に、
足元の環境変化を踏まえた現実的な取り組みの両方を着実に進めていきます。

これからも、中国のお客様やレクサスに携わる全ての皆様の幸せと笑顔のために、
進化していくレクサスにどうぞご期待下さい。
ご清聴ありがとうございました。
全文読む 閉じる

新型「ES」初披露

新型ES(海外仕様)

LEXUSは、新型「ES」を世界初公開しました。日本での発売は、2021年秋頃を予定しています。
ESは、1989年にフラッグシップセダンLSとともに販売を開始しました。世界中の多くのお客様に静粛性と乗り心地、広い室内空間がご好評をいただき、これまでに80以上の国や地域において累計約265万台を販売してきたLEXUSラインアップの基幹モデルです。

Lexus ES Concept Movie