2016 BEIJING MOTOR SHOW

北京モーターショー2016 New IS World Premiere

4月25日(月)~5月4日(水)開催の第14回北京モーターショーでマイナーチェンジした新型スポーツセダン「IS」をワールドプレミアしました。

ISはLEXUSセダンのラインアップにおいて、ユーザー層の拡大を担うスポーツセダンとして、ドライバーの意のままに操ることができる優れた操縦安定性とスポーティなデザインを特徴とし、支持を集めてきました。
今回発表の新型ISは、歴代ISが受け継いできた個性をさらに際立たせるため、エクステリアをよりアグレッシブなデザインとしたほか、内装の質感を向上させています。

また、サスペンションの熟成によるさらなるハンドリングの気持ち良さ、乗心地の質感向上により、ISならではの運転の楽しさを進化。
さらに、予防安全パッケージLexus Safety System +を新たに採用し、LEXUSのアイデンティティとも呼べる「先進性」を一層強化しました。

なお、新型ISの日本での発売は、2016年秋頃を予定しています。

プレスリリースはこちら

Exterior

“Aggressive Sports”をデザインテーマとし、従来型ISで好評だった高い走行性能を予感させるイメージを進化させ、よりアグレッシブなデザインに。
ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、フロントおよびリヤバンパーを中心に、力強くスポーティなスタイリングを実現しています。

フロントまわりは、フェンダーからダイナミックにつながる塊感のあるバンパーコーナーにより、スポーティでアグレッシブな造形を追求。
ヘッドランプはL字型のクリアランスランプと連続性を高め、内側に延長した特徴的な形状とし、鋭さを強調しました。

LEXUSのデザインアイコンであるスピンドルグリルは、上下の比率を変化させ、グリル下部がより大きく広がり、両下端のブレーキダクトへ空気を導く機能性も表現した、低重心でスポーティな印象を与える造形としています。

写真は、中国仕様です。

Interior

インテリアは、機能性の向上やISが本来持つスポーティさを進化させるとともに、LEXUSセダンとしての質感の高さを向上させました。

マルチメディアディスプレイを10.3インチに拡大し、ナビゲーションやオーディオの情報をより大きくより鮮明に表示するとともに、リモートタッチ側面にEnterボタンを設置し、操作性も向上。また、メーターフードは、スタートスイッチを押しやすい角度に調整したほか、フードステッチの通し方を変更することで、スポーティさを演出しています。

写真は、中国仕様です。