Life with LEXUS

既成概念にとらわれない”CRAFTED”なライフスタイルを送るレクサスオーナーから、
クラフトマンシップを極めたものづくりが行われる世界有数の生産工場まで。
「ライフスタイルブランド」を掲げるレクサスの世界観を体験する。

既成概念にとらわれない”CRAFTED”なライフスタイルを送るレクサスオーナーから、クラフトマンシップを極めたものづくりが行われる世界有数の生産工場まで。
「ライフスタイルブランド」を掲げるレクサスの世界観を体験する。

“匠”がつくりあげる
レクサスクオリティを目撃する

レクサスの生産拠点は国内と北米工場の6拠点に限られている。なかでもレクサス車生産総計の約6割を担うトヨタ自動車九州宮田工場(福岡県宮若市)は、米国市場調査会社J.D.パワーによる品質調査(「IQS」自動車初期品質調査)の工場部門で最高位のプラチナ賞に通算5度も輝く世界屈指の自動車生産現場としてその名を広く知られている。
生産工程に“匠”を配することで職人の精神が宿るレクサスクオリティを生み出すかの地に、日本のファッション界を代表するクラフトマンシップを誇るテーラー・信國太志氏が足を踏み入れた。

日常空間をアウトドアに持ち込み、
非日常の寛ぎを満喫する

クリエイターであり経営者、そして父親とさまざまな顔を持つ尾花大輔さんと渡邉桂志さん。クルマを生活&仕事の友として日常的に活用する2人は、豊かな愛車遍歴の末にNXにたどり着いた。そんな彼らが仕事後の寛ぎと次へのインスピレーションを求めて、ニューオープンした東京クラシックキャンプへと愛車で繰り出した。

真っ赤なCTがクリエイティビティを刺激する

高校生の頃からレクサスに強い憧れを抱いていたというジョージ・ハークネス三世が購入したのは「CT200h “F SPORT”」。ロサンゼルスをベースに、映像作家兼音楽プロデューサーとして活動する彼にとって、人生初のクルマは単なる移動手段を超えた“相棒的存在”だという。

レクサスとアメリカと現在 (いま) の自分

大学生時代に留学したアメリカ。外国人学生として奮闘するなか、日本ブランドとして現地で着実に基盤を築いていくレクサスの存在に勇気付けられたという牧野紗弥さんは、以来“大のレクサスファン”を自任する。現在は、超人気ファッション誌『VERY』でモデルとして活躍する一方、育ち盛りのお子さん3人を育てるママとしてオンオフ双方に愛車レクサスRXを駆使する毎日について訊いた。

アドベンチャー好きを唸らせる
ポテンシャル

ルックス、機能性、そして環境問題。そのすべてに妥協できないと語るオーネラ・デ・ラ・クルーズ。金融のプロとしての顔をもつ彼女が、行き着いた結論がレクサスCTだった。自動車移動が不可欠なロサンゼルスでこれまでに乗り継いできた愛車たちと比較しても「ベスト中のベスト」と評するCTが秘める驚きの“マジック”とは?

RECOMMENDED