JOURNEYS IN TASTE REFINING TASTE

シェフ トム・キッチン

PRESENTED BY LEXUS AND GQ

「私には、旅先のあらゆる地形に
対応できるクルマが必要です。
RXは本当に安心感があるので完璧です」と、
トム・キッチンは言う。

2006年にエディンバラの
歴史あるリース港に
レストラン
「The Kitchin」をオープンしてから
わずか数か月でミシュランの
1つ星を獲得した
彼が供すのは、
現代的なスコットランド料理だ。

仕入先を地元にしぼって集めた
食材で
構成されるメニューには、
キッチンが言うところの
「地元感」がこめられている。

「自然が生み出したものこそ王様」
というのが
トム・キッチンの
一貫した精神(エートス)だ。

生まれ育ったスコットランドの地を
食材の宝庫として考える42歳の彼は、
ありのままの味わいに彩られた、
旬の素材を楽しめる料理で
名声を得ている。

キッチンは、フランス語を
ひと言も話せず
パリで暮らしていた
21歳の頃の日々を
「生き残る
ための闘いだった」と語る。

「シェフであるということは、
仕事ではありません。
生き方そのものであり、
情熱と粘り強さです」。

「この景色は私たちの誇りです」と、
ハイランド地方の美しさを眺めつつ
キッチンは言う。

「自然の中へやって来ると
いつでも
何かしら新しい発見がありますし、
料理のアイデアがひらめきます。
外へ出て、自然を探検することは、
私の人生の一部なのです」。

キッチンがこの自然の
風景をめぐるのは、
まず、
みずからの足を使ってだ。

狩りで獲ったばかりのライチョウに
合わせる
野生のベリーを採る。
LEXUS RXのハンドルを
握るのはそれから。

ハイランドを縦横無尽に駈けめぐり、
狩猟番やフライフィッシングの
漁師など
さまざまな専門業者に
会いに行く。

そんなキッチンにとって、
RXはぴったりの1台だ。

「スコットランドのために
作られたクルマですね。
うねるように続く山のなか、細い道、
海岸沿い……。
どこに行っても
シームレスに走れるのです」。

人、そしてクルマは、
土地とひとつになって
生きる喜びを
鮮やかに思い出させてくれる。