JOURNEYS IN TASTE Reinventing Taste

シェフ ウラジーミル・
ムーヒン

PRESENTED BY LEXUS AND GQ

改革には、過去への理解と
未来へのビジョンが必要だ。
7代目である新型ESは、
スポーティーな走りを実現している。

モスクワで有名なレストランである
「White Rabbit」を
率いる
シェフのウラジーミル・ムーヒンは、
血筋をたどれば5代目にあたる。

ムーヒンは伝統的なロシア料理の
レシピに
食材の実験的な要素を取り込み、
「White Rabbit」を3年連続世界ベスト
50
レストランにランクインさせた。

ムーヒンとESは、大胆かつ
エキサイティングな
未来を
創造するために歴史を刷新したのである。

ESはレクサスセダンの上質な
乗り心地と、
スポーツカーのような
敏捷性を兼ね備えている。
この驚くほどの精巧さと大胆さが
ESを唯一無二の存在にする。

ムーヒンは父親と祖母のもとで
伝統的な
調理方法を学びながら
幼少期を過ごした。
そして、自分のスタイルを確立すべく
モスクワへ行き、彼は見習いから
エグゼクティブシェフまで登り詰めた。

ESのように、予想外の食材の
組み合わせが織りなすムーヒンの
料理には、
驚きが満ちている。
「魔法みたいなものさ」
と彼は言う。

名誉が欲しいわけではない。
インスピレーションがあるかどうか。
これは仕事ではなく、
生き方なのです。
―― ウラジーミル・ムーヒン 
White Rabbit 料理長

ムーヒンは自らの調理場を
精緻に造り込まれたマシンに
たとえている。

クオリティへのこだわりは、
調理場を
飛び出して
食材の生産現場にまで及ぶ。
ムーヒンが使う食材の多くは、
自身で育てているものだ。
彼のレストランに食材を
納めている農家は、
厳選されたほんの一握りにすぎない。

この、畑からテーブルまで貫かれた
強い信念により、「White Rabbit」は
世界中から高い評価を得ている。

細部への徹底的なこだわり、
卓越性の追求は、
ムーヒンとESを唯一無二の
存在にする。

Reinventing Taste
VLADIMIR MUKHIN

心を揺さぶる、
エモーショナルなセダン
LEXUS ES

感性と呼応するドライビング。心を解放し、くつろぎをもたらす空間。刺激的かつ魅惑的なESは、見る人を惹きつけ、触れる人に高揚感をもたらします。

革新を実現したESの魅力とは