GARAGE

COMING SOON
NOW FEATURING
February 26, 2019 - March 15, 2019

作品を実際に“あじわい”ながら、舌の上で感覚の旅を体験「Journey on the Tongue」

INTERSECT BY LEXUS – TOKYOでは、2月27日(水)〜3月15日(金)の期間、「あじわうこと」を「旅」に例え、体の内側のあらゆる感覚に研ぎ澄ませながら「旅」を体感する、食を通じた新たな旅の体験をご提供します。次々に訪れる感覚の刺激に誘われて、人間の五感の鋭さや本能へ対する気づきを得ることができる体験型エキシビション「Journey on the Tongue」を開催いたします。

本展のために特別に調香した12種類の香りの中から、気に入った香りを一つ選ぶことから旅が始まります。この香りが旅先を示す指針となり、香りとリンクした実際にあじわえる作品を口に入れると、触感・匂い・音・味・質感・温度などの複数の感覚を、口内で共感覚的に体感することで、時間経過や空間移動を感じていただきます。複数人で体験することで特有の感覚と感情を共有することができ体験深度の深い、記憶に残る旅体験に。さらに体験の一部をフードプロダクトとして購入して持ち帰ることもでき、どこでも旅の記憶を思い出すことができます。

LEXUSのクルマづくりにおいても五感は重要な要素です。LEXUSは僅かな違和感にも気づくような、五感を研ぎ澄ましたクルマづくりを行い、お客様の五感を満たすクルマづくりを心がけてきました。このモノづくりの在り方、五感を重要視する両者が本イベントを共催します。
五感を刺激するフードインスタレーションを実現するアーティスト、諏訪綾子さんと、新たな触感体験を探求するメディアアーティスト・筧康明さん設計による触覚デバイス、音の空間体験を拡張するサウンドアーティスト・evalaさんによる新たな旅の体験を、ぜひINTERSECTで体験してみてください。


期間:2019年2月27日(水)〜3月15日(金)体験時間:12:00-19:00
※2月26日(火)19:00-21:00レセプション(入場無料)

■限定フードプロダクト「Taste of Journey」
3flavors(Set of 3 flavors 税込1500円/1 flavor 税込500円)
・自由と超越
・野生と瞑想
・狂気と狂喜

諏訪 綾子 氏
アーティスト・food creation主宰
石川県生まれ。金沢美術工芸大学卒業後、2006年よりfood creationの活動を開始、主宰を務める。2008年に金沢21世紀美術館で初の個展「食欲のデザイン展 感覚であじわう感情のテイスト」を開催。たべものを人間の「感情」としてあじわう「感覚であじわう 感情のテイスト」を発表する。現在までに東京・福岡・シンガポール・パリ・香港・台北・ベルリン・バルセロナなど国内外で、パフォーマンス「ゲリラレストラン」やディナーエクスペリエンス「Journey on the table」、フードインスタレーションなどを発表している。2014-15年には金沢21世紀美術館 開館10周年記念展覧会「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」を、東京大学総合研究博物館とともに開催。人間の本能的な欲望、好奇心、進化をテーマにした食の表現を行い、美食でもグルメでもない、栄養源でもエネルギー源でもない、新たな食の価値を提案している。

〈触覚デバイス〉
筧 康明 氏
インタラクティブメディア研究者/メディアアーティスト
1979年京都生まれ。2007年に東京大学にて博士(学際情報学)を取得。慶應義塾大学SFC、株式会社プラプラックス、MITメディアラボ等での活動を経て、2018年より東京大学大学院情報学環准教授として新たに研究室を立ち上げる。先端技術を駆使し、人間の感覚・知覚や物理素材の特性を拡張する物理的なインタラクション表現の開拓を行う。工学研究としてのアウトプットのほか、Ars Electronica、SIGGRAPHなど国内外で作品展示を展開し、ACM CHI Best Paper Award (2017)、Good Design Best 100 (2012)、平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞など受賞も多数。今回の作品で扱う「触感」に関する近著として、共著『触楽入門 はじめて世界に触れるときのように』(朝日出版社)がある。

〈サウンド〉
evala 氏
音楽家/サウンドアーティスト
先鋭的な電子音楽作品を国内外で発表。立体音響システムを新たな楽器として駆使し、2016年より新たな聴覚体験を創出するプロジェクト「See by Your Ears」を始動。音が生き物のように躍動的にふるまう現象を構築し、新たな音楽手法としての“空間的作曲”を提示する。代表作に「大きな耳を持ったキツネ」(Sonar+D, Barcelona 2017)、「Our Muse」(ACC, Gwangju Korea 2018)のほか、ソニーの立体音響技術Sonic Surf VRを用いた576ch音響インスタレーション「Acoustic Vessel Odyssey」(SXSW, Austin 2018)を展開。また舞台、映画、公共空間などにおいて、先端テクノロジーを用いた多彩なサウンドプロデュースを手がけている。 

協力:日本フィルメニッヒ株式会社/株式会社オカムラ


food creationについてはこちら
http://www.foodcreation.jp/jp/