EVENTS

Jun 13,2019. UPDATE

代表の別所哲也さんも来場。
アジア最大級の国際短編映画祭「SSFF&ASIA」オープニングパーティー開催

5.29 Wed 17:00 START

2019年5月29日、「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF&ASIA)」のオープニングパーティーが、INTERSECT BY LEXUS - TOKYOで開催。渋谷ヒカリエにて執り行われた華々しいオープニングセレモニーに続いて、SSFF&ASIAの関係者や豪華ゲストらが、INTERSECT BY LEXUS - TOKYOを訪れました。

SSFF&ASIAは、米国アカデミー賞公認のアジア最大級の国際短編映画祭。21回目となった今年のSSFF&ASIAのテーマは、「Cinematic Attitude」。2019年5月29日〜6月16日の会期中、世界130の国と地域から集まった短編映画約1万作品から厳選した、約200作品を各会場で上映しています。

オープニングパーティーは、SSFF&ASIAの諏訪慶さんの挨拶からスタート。諏訪さんは、「昨年から映画祭グランプリが『ジョージ・ルーカス アワード』に変わり、今回からは、アカデミー賞の短編部門への推薦枠が4作品に拡大しました」と、成長を続ける短編映画祭について話しました。

続いてLEXUS INTERNATIONALの沖野和雄が、「この場所はINTERSECT BY LEXUS - TOKYO。人と人がインターセクトして、ここからまた新しいプロジェクトが生まれることを願っています」と話し、乾杯の挨拶を行いました。

会場に続々と集まる大勢のゲストが、食事やドリンクを手に会話を楽しむ中、SSFF&ASIA代表である俳優の別所哲也さんが登場。別所さんは21年前、「短編映画のおもしろさを伝えたい」との考えからSSFF&ASIAをスタートさせ、現在も同映画祭の代表を務めています。オープニングパーティーでは、別所さん、監督をはじめとする方々が「SHORT FILM THEATER」入口に設置したパネルに、直筆のサインを寄せる一幕もありました。

SSFF&ASIA2019に協賛したLEXUSは、映画祭の会期中、INTERSECT BY LEXUS - TOKYOにSHORT FILM THEATERをオープン。LEXUSが掲げる「CRAFTED」に共鳴する、各国から激戦した5作品を上映しています。

「CRAFTED」とは、相手のことをとことん考え抜き、相手が真に求めるものに、その人以上に思いを巡らせること。数分間の鑑賞を経た先には、どんな余韻が残り、どんな感情が立ち上がるでしょうか。短時間に心理的な変容を実感できるのもまた、短編映画の醍醐味です。

代わる代わる訪れたゲストが対話を楽しみ、賑わいが絶えないオープニングパーティーは、別所さんの、「SSFF&ASIA2019は、明日からスタートですのでよろしくお願いいたします。みなさんありがとうございました」との挨拶をもって終了しました。

回を重ねるごとにさらなる飛躍を遂げる短編映画祭。21回目も多くの人たちの歓声と拍手に包まれてスタートいたしました。

「SHORT FILM THEATER」

INTERSECT BY LEXUS – TOKYO 1Fガレージでは、5月29日(水)〜6月17日(月)の期間、“Nothing is Crafted Like a LEXUS”の世界観が体験できる、世界各国からセレクトした殊勲の短編映画 5作品を上映いたします。
https://lexus.jp/brand/intersect/tokyo/garage/shortshorts2019.html

Nothing is Crafted Like a LEXUSについてはこちら
https://lexus.jp/brand/crafted/

LEXUSはSSFF&ASIAに協賛しています。
https://lexus.jp/pressrelease/news/20190531.html

SSFF&ASIAについてはこちら
https://www.shortshorts.org/