EVENTS

Sep 22,2017. UPDATE

Roberuの岩元慎治さんによる、 CRAFTED FOR LEXUSワークショップ開催

9.09 Sat 17:30 START

2017年9月9日、東京・南青山のINTERSECT BY LEXUSで、CRAFTED FOR LEXUSのワークショップを開催。表参道、青山、原宿エリアで世界最大級のショッピングイベント「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2017」が開催されたこの日、INTERSECT BY LEXUSでは、CRAFTED FOR LEXUSに作品を提供するハンドメイドのレザーブランド、Roberuの岩元慎治さんを招き、会場に集った100人を超える参加者が世界にひとつだけのブレスレッド作りを行いました。



CRAFTED FOR LEXUSは、LEXUSのクラフトマンシップに共鳴する若き匠による、LEXUSのライフスタイルコレクション。岩元さんも若き匠のひとりとして、2017春夏コレクションで新色を発表した、LEXUSが誇るスーパーカー「LFA」のシートレザーと同じ素材を使ったレザーペンケースや、イタリア製のレザーとキャンバス生地を組み合わせたバッグをリリースしてきました。

当日、1階GARAGEに置かれた作業台に並んだのは、ブレスレッドの材料となるレザーパーツに、パキッと折ると蛍光カラーに光るサイリウム。参加者は、LEXUSの象徴であるスピンドルグリルを模した形を始め、3種類からチャームをセレクト。レザーパーツは、パーツごとにライトグレー、サドルタン、ブラック、ブルー、オーカーの5色から好きなものを選べました。選んだレザーパーツにサイリウムを組み合わせたら、岩元さんによってイニシャルが刻印されたチャームを取り付けて完成です。

レザーのスリットからサイリウムの光が漏れ出すブレスレッドは、この日のために岩元さんがデザインした特別なアイテム。「今日は夜のイベントだけど、サイリウムそのままでは見た目がいまいち。そこで、レザーをひし形に抜いたスリットから、控えめに光が見えるようにしました」と岩元さん。「今日は、LEXUSのLFA、LSレザーと天然のベジタブルタンニンレザーを使いました。人気があった色は、ブルーとライトグレー。女性にはオーカーも人気でしたね。イニシャルの刻印は、記念になることもあって海外でワークショップをやる際にも人気があります」と続けました。

今回用意したチャームのスピンドリルグリルの形やレザーパーツのひし形の型抜きなどは、ひとつひとつ手打ちで行ったそう。チャームのINTERSECT BY LEXUSのロゴの刻印も、すべてハンドメイド。ここまで手作業にこだわる理由を、岩元さんは「自分たちのモノ作りは自分たちで責任を持ちたいから」と語ってくれました。

インスタグラムの告知を目にして、友人4人とやってきた女性参加者は「自分でパーツを選べたのがおもしろかった」と、ブレスレッドの写真を早速インスタグラムにアップ。開始時刻を前に行列が連なり始め、途中、参加者にシャンパンが振る舞われるなど、女性を中心に、カップルや親子連れなど、さまざまな参加者が集い、終始盛り上がりを見せた今回のワークショップ。街がファッション一色に染まったこの日にふさわしい、華やかで賑やかなイベントになりました。

Roberu創業者 岩元慎治(いわもと しんじ)
イラストを学ぶ中、独学で始めた革製品づくりが《Roberu》のルーツ。口コミで評判を呼び、2009年にブランドを設立。コンセプトは、「ハンドメイド・イン・ジャパン」。岩元氏自らハンドステッチやミシンで手づくりするのと同時に、信頼がおける東京・浅草のレザー職人と共に、多彩な製品を生み出してきた。CRAFTED FOR LEXUSのために、これまで、イタリアンレザーと麻を組み合わせたキャンバストラベルバッグや、LFAのレザーシートを使ったペンケースを制作している匠。

CRAFTED FOR LEXUSについてはこちら
https://lexus.jp/brand/intersect/tokyo/crafted-for-lexus-index/

LFAレザーペンケース
https://lexus.jp/brand/intersect/tokyo/crafted-for-lexus/#roberu2Roberu

岩元氏のレザーペンケースの拘り
https//lexus.jp/magazine/20170616/41/cra_luxury_pencase.html

2016年のイベントの様子
https://lexus.jp/brand/intersect/tokyo/events/cfl_creators-160910.html

「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2017」についてはこちら
https://www.vogue.co.jp/fno/