TOUR RESULT

2021.07.01 - 07.04

ロケット・モーゲージ・クラシック

ロケット・モーゲージ・クラシック
ロケット・モーゲージ・クラシック

2日目朝に新型コロナ陽性判定で棄権 何より一日も早い回復が待たれる

 2021年も半年が経過し、東京五輪が間近に迫ってきた。その前には、全英オープンも2年ぶりの開催を控えている。松山英樹は、全米オープンから1週間の休みを挟み、「ロケット・モーゲージ・クラシック」に3年連続のエントリー。マスターズ以来の優勝を狙うのはもちろん、そうはならなかったとしても、2つのビッグイベントに向けて好感触を掴みたい。

NEXT

∧

∨

「マスターズ前とは、悩んでいる内容が全然違います。もっと安定したいし、飛距離も伸ばしたいです。しっかりと少しずつ、目指しているものを考えながら近づけたらなと思います」

 全米オープンでは、首位と2打差で発進しながら、2日目にブレーキがかかり、最終日に3アンダーをマークして反撃したものの、26位タイに終わった。

「ちょっとしたキッカケで最終日みたいな良いゴルフが出来たかと思えば、2日目、3日目みたいに、なかなか思うようなプレーが出来ないまま18ホールが終わってしまう時もあるという感じです。今は」

 その意味で言えば、今大会初日の松山のプレーは、ほぼ良いほうのゴルフだった。インからスタートして10番で3.5mのパーパットをセーブすると、松山はそこから次々とショットをピンに絡めていった。どちらもパーとなったが、12番では188ヤードの2打目を右ピンハイ2mにつけ、13番でも残り150ヤードからショートサイドの左ピンハイ3.5m。最初のバーディーは、14番でやってきた。109ヤードの3打目は奥からスピンバックで、ピン右手前2m。これをきっちり沈めると、チャージはなかなか止まらなかった。15番では、1打目がピン右70㎝のベタピン。16番では、曲がるか曲がらないか微妙な4mのバーディーパットを読み切った。17番では、残り283ヤードからショートサイドのピン左手前6.5mに2オン。2パットで怒涛の4連続バーディーとしたが、ファーストパットがカップに蹴られた結果だから、どちらかといえばイーグルを逃した惜しいホールだった。

 後半も、グリーンを狙うショットは冴えたままだった。ただ、「ラインの読みが、なかなか当たらなかった感じです」と松山が振り返ったように、パッティングがわずかにカップからずれた。1番ではピン奥2mにつけたが、パットはカップの左側をなめて外れた。4番では右ピンハイ3mのチャンスも、ボールはカップ右を通過。6番でも4.5mが決まらず、7番では3mのバーディーパットが、今度はカップの右側に触れて、通過していった。

 ここで、悪天候のため中断。結果から見ると、松山にとってはまさに水を差された格好となった。3時間15分後、リスタートの8番で、左ラフから125ヤードの2打目をグリーン左奥のフリンジとラフの境目まで運んだが、パターを選んだ6.5mの3打目は、ボールの一部にかかるラフの芝が影響したのか、2mショート。続くパーパットはカップ右を通過し、さらに返しの1mもカップ左を抜けていった。一気に2打を吐き出すダブルボギー。これを引きずったのか、最終の9番でも、1打目でピン右奥3mにつけるナイスショットを見せながら、左に曲がるバーディーパットが決まらなかった。4アンダーのままなら21位タイとまずまずのスタートだったが、2アンダーとなって首位と7打差の56位タイ。松山も、「残念な最後でした」と振り返る2ホールとなってしまった。

 ただ、“水を差された”という表現は、実は違っていたのかもしれない。2日目のスタート時刻、13時10分に異変が起こった。松山は1番ホールに姿を現さず、WD(withdraw。棄権)の表示とともに、名前がリーダーボード最下部に記された。理由は、新型コロナウイルスの陽性判定。松山はPGAツアーを通じて、以下のコメントを発表した。

「この陽性の知らせを聞き、ロケット・モーゲージ・クラシックを棄権しなければいけないことは、とても残念です。周囲の人たちの健康と安全のため、最大限、必要な措置をとるつもりです。皆様のご心配に、心から感謝申し上げます。完全に回復して、出来るだけ早く競技に戻ることを楽しみにしています」

 日本時間の7月4日には、マネジメントサイドからプレスリリースにより、感染の状況と現在の症状についての説明もなされた。それによると、初日のプレー後、平熱ではあったが、のどの痛みや頭痛、吐き気があったため、2日目の朝にPCR検査を受け、陽性判定が出たとのこと。棄権した松山はそのまま隔離に入り、現在は頭痛と倦怠感があるなかで、フロリダ州の自宅において静養中という。

 全英オープンや東京五輪への出場も心配されるところだが、まずは健康が第一なのは言うまでもない。今はとにかく、松山の一日も早い回復が待たれる。

通算スコア:0
順位:CUT

∧

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。