TOUR RESULT

2020.10.15 - 10.18

ザ・CJカップ

ザ・CJカップ
ザ・CJカップ

思わぬトリプルボギーを喫して21位タイ
ZOZOチャンピオンシップを良い契機にできるか

 3週連続参戦に臨んでいる松山英樹の2戦目は、「ザ・CJカップ」。例年はアジアシリーズの韓国開催となる大会だが、今年は新型コロナウイルスの影響でアメリカ開催となった。開催コースのシャドウクリークゴルフクラブは、前週と同じくラスベガスのゴルフ場。ショットの調整に勤しむ松山にとっては、ありがたかったとも言える。

NEXT

∧

∨

「(前週)予選落ちして、2日間の時間ができました。ちょっと良くなりそうかな、何かキッカケが掴めそうかな、というのはありますね」

 予選カットがない大会だけに、4日間戦えることがあらかじめわかっていることもありがたい。だが、もちろん、自身のゴルフの確認だけに費やすつもりもない。

「本当に優勝争いがしたいですし、優勝もしたいので、初日から良いスタートが切れるように頑張りたいなと思います」

 その意欲は、初日前半のプレーに早速、表れた。4番のパー5でバーディーを先行させると、5番ではわずかに右に曲がる2mを沈め、6番でもピン奥2.5mから下りのパットを慎重に流し込んで、いきなりの3連続バーディー。前半最後の9番で1.5mのパーパットを外し、1オンを狙えるパー4の11番では1打目を右の崖のような傾斜に打ち込んで2つ目のボギーと、流れが悪くなりかけたが、松山はそれをバウンスバックで断ち切った。12番で、111ヤードの2打目をピン奥3mにつけて4つ目のバーディー。トップと5打差の2アンダー、14位タイという位置もあってか、松山はこの日のプレーを、「まずまず」と評した。

 2日目に入ると、スコアの伸ばし合いの様相がさらに濃くなった。松山も負けじと、バーディーを重ねにかかった。前半の13番で4.5mを沈め、14番では177ヤードから1.5mにつけて、2連続でバーディーを先行させると、前半最後の18番でも右に曲がる2mを決めた。後半も、4番でグリーン右ラフから22ヤードの3打目を50cmにつけ、最終9番では131ヤードの2打目がピン左奥に落ちた後に、傾斜で時計回りの孤を描いて戻ってきて、あとわずかでカップインというスーパーショット。“お先に”のタップインバーディーで締めくくった。ボギーは、19ヤードのバンカーショットを4.5mショートさせた16番のみに抑え、この日は4アンダー。通算6アンダーで、トップとは8打差に広がったが、8位タイとトップ10に名前を入れた。

 ビッグスコアで、優勝争いに近づきたい3日目。松山は、前日と同じく5つのバーディーを奪った。4番で、24ヤードの3打目がカップインしそうな見事なアプローチとなって初バーディーとすると、7番でも29ヤードの3打目を1m弱に寄せ、11番でも37ヤードの2打目がベタピン。さらに、14番では3.5mのやや右に曲がるラインを読み切り、15番では143ヤードの2打目をベタピンにつけて連続バーディーも奪った。

 それでも、「なんか良くなかったですね」と松山の表情が晴れなかったのは、ひどく大きなミスがあったわけでもないのにボギーも3つ数え、消化不良だったからだ。松山からは、「ビックリするほど悪い感覚はなかったのですが、なかなか上手くコースを攻略出来なかったという感じです」という言葉も聞かれた。3番では、下り傾斜に打っていくアプローチが4mオーバーし、5番では逆に15ヤードのアプローチが2.5mショート。後半も、12番では1mのパーパットがカップに蹴られた。通算8アンダーで10位タイ。首位との差は7打に縮んだが、もう少し伸ばせていたはずなのに、という気持ちが強かったはずだ。

 それでも、可能な限りの上位フィニッシュを目指し、松山は最終日をスタート。3番ではピン奥5.5mから、わずかに右に曲がるラインを読み切り、バーディーも先行させた。しかし、5番のボギーに続き、6番が痛かった。左の深いラフから215ヤードの2打目がロストボールとなって、思いがけないトリプルボギー。7番では、21ヤードの3打目を1mにつけて1打を返したが、8、9番でもボギーを叩き、最終的に通算6アンダーの21位タイに沈んだ。

「自分の期待と今の状態が伴っていないのが、崩れてしまう原因なのかなと。最近凄くそういう傾向があります。自分の期待が大きい分、ミスしたときの落ち込み具合も凄いですし」

 一つの失敗に対する落胆が大きく、それがさらなるケガを呼んでしまうということだろう。しかし、振り返れば悪いことばかりでもない。この日の後半は、11番で3.5mを沈め、18番でも16ヤードの3打目を1m弱に寄せて、2つのバーディーを記録。一方で、ボギーはゼロに抑えている。

「少しずつ良くなってきている部分はあるので、また来週、切り替えて頑張りたいです」

 次週は、昨年2位となって日本中を沸かせたZOZOチャンピオンシップ。アメリカ開催となったが、日本からの期待は変わらない。完全復調への良いきっかけにしたい。

NEXT

∧

∨

スコアボード

HOLE
Par
ROUND4
ROUND3
ROUND2
ROUND1
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 T
4 4 4 5 3 4 5 3 4 4 4 4 3 4 4 5 3 5 72
4
E
4
E
3
-1
5
-1
4
E
7
3
4
2
4
3
5
4
4
4
3
3
4
3
3
3
4
3
4
3
5
3
3
3
4
2
74
2
4
E
4
E
5
1
4
E
4
1
4
1
4
E
3
E
4
E
4
E
3
-1
5
E
3
E
3
-1
3
-2
5
-2
3
-2
5
-2
70
-2
4
-2
4
-2
4
-2
4
-3
3
-3
4
-3
5
-3
3
-3
3
-4
4
E
4
E
4
E
2
-1
3
-2
4
-2
6
-1
3
-1
4
-2
68
-4
4
E
4
E
4
E
4
-1
2
-2
3
-3
5
-3
3
-3
5
-2
4
-2
5
-1
3
-2
3
-2
4
-2
4
-2
5
-2
3
-2
5
-2
70
-2

リーダーズボード

Pos Name
1 ジェイソン・コクラック
2 ザンダー・シャウフェレ
3T ティレル・ハットン
3T ラッセル・ヘンリー
5 テイラー・グーチ
6 ホアキン・ニーマン
7T バッバ・ワトソン
7T ラント・グリフィン
9 セバスチャン・ムニョス
10 ハリス・イングリッシュ
21T 松山英樹
Total Thru Round R1 R2 R3 R4 Strokes
-20 F -8 70 66 68 64 268
-18 F -6 66 64 74 66 270
-17 F -7 65 68 73 65 271
-17 F -2 66 68 67 70 271
-16 F -4 70 65 69 68 272
-13 F -6 72 68 69 66 275
-12 F -4 74 69 65 68 276
-12 F E 70 68 66 72 276
-11 F -3 71 70 67 69 277
-10 F -4 75 66 69 68 278
-6 F 2 70 68 70 74 282

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。