TOUR RESULT

2019.12.12 - 12.15

プレジデンツカップ

プレジデンツカップ
プレジデンツカップ

4アップから引き分けという屈辱
2020年にこの悔しさをぶつける

 松山英樹の2019年最後の試合は、「プレジデンツカップ」。アメリカ選抜と世界選抜による2年に一度の戦いだ。松山は、2013年の初出場から4回連続の出場。今回の世界選抜メンバーのなかではアダム・スコット(オーストラリア)の9回に次ぐものだ。しかし、出場回数が増えても毎回勝てないのでは、その喜びも半減だろう。過去12回の開催で、世界選抜はわずかに1998年の1勝のみで、2003年の引き分け1回に敗北は2桁の10回に上る。
「3回とも勝てていないので、勝ちたい気持ちが強いです。アダム(スコット)も、そろそろ勝ちたいと思っているはずです。貢献できるように頑張りたいです」

NEXT

∧

∨

  初日のフォーボールは、台湾のパン・チェンツェンと組んで、ウェブ・シンプソン、パトリック・リードと対戦。2人は、メジャーチャンピオンコンビを相手に、先に主導権を握った。3番で松山が4.5mのバーディーパットを沈めて1アップと先行すると、4番でも松山が、より近くにつけたパンのパッティングの前にミドルパットを沈めて2アップ。

 その後、取られて取っての展開が続き、16番でマッチはオールスクエアとなったが、最後に勝負を決めたのは松山だった。17番で、まるで4番の再現のように、パンがピン手前2.5mのチャンスを打つ前に、8.5mを決めて大きくガッツポーズ。続く18番を分けて、1アップで勝利をもぎ取った。世界選抜全体でも4勝1敗と、最高のスタートを切った。

 2日目のフォーサムは、アン・ビョンフン(韓国)とのコンビで、アメリカ選抜のキャプテン兼選手のタイガー・ウッズ、ジャスティン・トーマスと激突。この一戦も熱い戦いとなった。4番までに2ダウンの劣勢となったが、6、7番で松山が2.5mと3mを沈めてオールスクエア。さらに8番で、アメリカ選抜がパーセーブできず、1アップのリードを奪った。  9番から13番までに、世界選抜チームは1ホールを取ったものの、アメリカ選抜は2ホールを取って、オールスクエアのまま最終ホールへ。土壇場で執念を見せたのは、キャプテン率いるアメリカ選抜だった。松山が7.5mを外したのに対し、トーマスが5m強を決めて、大きな雄叫び。この日、チーム全体では2勝2敗1分けと、初日にリードした3ポイント差は変わらなかったが、松山としては、相手を勢いづかせかねない悔やまれる敗戦だった。

「明日に切り替えて、頑張りたい」という言葉を残した松山は3日目の前半、フォーボールに思いをぶつけた。初日と同じくパンとのコンビで、相手も同じくシンプソン。リード組を圧倒した。7番までに3アップとし、後半も11番こそ取られたものの、その後が圧巻だった。12番ではパンの2打目がカップインしそうになりながら10cmもない距離に止まって、再び3アップ。13番では、今度は松山がわずかに左に曲がる5mを沈めて、4アップと差を広げる。14番のパー3では、松山が3mにつける素晴らしい1打目を放ち、沈めれば勝利という場面にまで相手を追い込んだ(結果はパー)。

最後は、15番でパンがバーディーとし、5&3の圧勝。世界選抜も、通算で9対5と4ポイントをリードした。

 松山が休養した3日目後半のフォーサムで、世界選抜は2ポイント追い上げられた。しかし、2組目が5ダウンから引き分けに持ち込むという劇的な展開もあり、勢いはまだ充分に世界選抜にあった。だからこそ松山は、最終日も絶対勝ちたかった。

 シングルス12戦のなかで松山が起用されたのは、2戦目。当然、早い組で勝ち名乗りを上げ、後続の選手に活力を与えることが求められた。松山は、トニー・フィナウとの対戦で、その役割に見合ったプレーを展開した。前半9ホールを終えて、4アップの大差。

 しかし後半に入り、11番でフィナウが先に2.5mを沈めたのに対し、2m強を入れ返せず、ここから状況が一気に変わった。12番では松山がバンカーショットで2打を要し、ダブルボギー。13、14番では、11番のようにフィナウが先にパットを沈め、松山が入れ返せないという厳しい展開だった。4ホール連続で取られて、マッチはイーブンに。

 16番パー3では、松山が170ヤードの2打目をほぼ右ピンハイの3m強につけ、わずかに右に曲がるラインも読み切ってガッツポーズ。再びリードを奪った。だが、一度変わってしまった大きな流れを戻すのは難しかった。続く17番で、松山の1m強のパーパットが決まらず、オールスクエア。結局、フィナウと0.5ポイントを分け合った。

 最終日の序盤はアメリカ選抜がリードしたマッチが多かったが、徐々に接戦となっていった。世界選抜にも充分に勝機はあった。

「だからこそ1ポイントを取りたかった。本当に悔しいです」

 最終的に、14対16の逆転負け。松山自身は、2勝1敗1分けでチーム3番目の成績だったが、胸に残ったのは痛みだけだっただろう。もちろん、この屈辱を糧にし、今後何倍にもして返すしかない。幸い、今大会の松山のプレーには大きな破綻が見られなかった。

「ドライバーも、ほぼ暴れなかったですし、いい感じで次のステップに行けるんじゃないかなと思います」

 2020年こそは、笑顔で終えたい。短いオフを挟み、すぐにまた新たな戦いが幕を開ける。

NEXT

∧

∨

リーダーズボード

Win Name Score Name Win
  インターナショナルチーム 総合スコア
14 VS 16
アメリカチーム
最終日 シングルス
  アブラハム・アンサー 16H
3 and 2
タイガー・ウッズ
  松山英樹 18H
引き分け
トニー・フィナウ  
  パン・チェン・ツェン 16H
4 and 2
パトリック・リード
  李 昊桐 15H
4 and 3
ダスティン・ジョンソン
  アダム・ハドウィン 18H
引き分け
ブライソン・デシャンボー  
イム・ソンジェ 15H
4 and 3
ゲーリー・ウッドランド  
  ホアキン・ニエマン 16H
3 and 2
パトリック・カントレー
  アダム・スコット 17H
2 and 1
ザンダー・シャウフェレ
  アン・ビョン・フン 17H
2 AND 1
ウェブ・シンプソン
キャメロン・スミス 17H
2 and 1
ジャスティン・トーマス  
  ルイ・ウェストヘーゼン 18H
引き分け
マット・クーチャー  
  マーク・リーシュマン 18H
引き分け
リッキー・ファウラー  
3日目 フォアサム
  アダム・スコット
ルイ・ウェストヘーゼン
17H
2 AND 1
ゲーリー・ウッドランド
ダスティン・ジョンソン
  アブラハム・アンサー
マーク・リーシュマン
18H
引き分け
リッキー・ファウラー
ジャスティン・トーマス
 
  イム・ソンジェ
キャメロン・スミス
17H
2 and 1
パトリック・カントレー
ザンダー・シャウフェレ
  ホアキン・ニエマン
アン・ビョン・フン
18H
引き分け
トニー・フィナウ
マット・クーチャー
 
3日目 フォアボール
  李 昊桐
マーク・リーシュマン
16H
3 and 2
リッキー・ファウラー
ジャスティン・トーマス
アブラハム・アンサー
イム・ソンジェ
16H
3 and 2
パトリック・カントレー
ザンダー・シャウフェレ
 
パン・チェン・ツェン
松山英樹
15H
5 and 3
ウェブ・シンプソン
パトリック・リード
 
  アン・ビョン・フン
アダム・スコット
18H
引き分け
トニー・フィナウ
マット・クーチャー
 
2日目 フォアサム
アダム・スコット
ルイ・ウェストヘーゼン
16H
3 and 2
マット・クーチャー
ダスティン・ジョンソン
 
  ホアキン・ニエマン
アダム・ハドウィン
18H
1 Up
パトリック・カントレー
ザンダー・シャウフェレ
アブラハム・アンサー
マーク・リーシュマン
16H
3 and 2
パトリック・リード
ウェブ・シンプソン
 
  松山英樹
アン・ビョン・フン
18H
1 Up
タイガー・ウッズ
ジャスティン・トーマス
  キャメロン・スミス
イム・ソンジェ
18H
引き分け
リッキー・ファウラー
ゲーリー・ウッドランド
 
1日目 フォアボール
  ホアキン・ニエマン
マーク・リーシュマン
15H
4 and 3
タイガー・ウッズ
ジャスティン・トーマス
イム・ソンジェ
アダム・ハドウィン
18H
1 UP
パトリック・カントレー
ザンダー・シャウフェレ
 
アン・ビョン・フン
アダム・スコット
17H
2 and 1
トニー・フィナウ
ブライソン・デシャンボー
 
パン・チェン・ツェン
松山英樹
18H
1 Up
パトリック・リード
ウェブ・シンプソン
 
ルイ・ウェストヘーゼン
アブラハム・アンサー
15H
4 and 3
ゲーリー・ウッドランド
ダスティン・ジョンソン
 

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。