TOUR RESULT

2019.09.26 - 09.29

セーフウェイオープン

セーフウェイオープン
セーフウェイオープン

概ね好調も、結果に繋がらず予選落ち
2週連続参戦で良い流れを掴めるか

 8月下旬のツアー選手権から約1カ月。松山英樹が新たなシーズンのスタートとして、第3戦の「セーフウェイオープン」をチョイスした。前シーズンも第3戦からの始動ということで、2年続けて同じようなスケジュールとなった。

 オフの期間は、日本で休養と練習に充てた。「ドライバーとパッティングをしっかりと出来ればと思ってやっていました。良い感じで来ているかなと思います」と、フィーリングも悪くない。しかし、風邪を患ってしまったため、アメリカに渡ってから好感触が少し消えていることが懸念材料だ。

 初日、その不安な部分は、42.86%というフェアウェイキープ率の低さに表れた。

NEXT

∧

∨

これではいくら77.78%の高いパーオン率でも、多くのチャンスは望めない。

 また、硬軟入り混じったグリーンの状態にも悩まされた。

「柔らかいと思って打つと、跳ねてグリーン奥に外したり、警戒すると手前からバックスピンがかかってピンから遠ざかったり。もう少しアジャストする力が必要でしたね」

 スタートの10番で2度のバンカーショットを強いられ、新シーズンをボギー発進とすると、11番では3.5m、12番では4.5mがカップを捉えられない。ようやくバーディーが来たのは16番のパー5だが、これも長めの7mをねじ込んでのものだった。

 後半に入っても、4番で3.5m、5番で5mと少ないチャンスをものにしながら、終盤をまとめきれない。6番で3mのパーパットがカップ縁で止まれば、8番では1mのパーパットがカップに蹴られた。イーブンパーで、首位と7打差の73位タイ。いきなり、予選落ちがチラつく位置での出だしとなった。

 それでも、「何をしたらいいのかわからないという状態ではないです。しっかりとやるべきことをやれば、結果もついてくると思います」とポジティブに考えて臨んだ2日目は一転、多くのチャンスを演出した。4番では3.5mがわずかに右に外れたが、5番のパー5では、21ヤードのバンカーショットを1mにつけて、バーディー先行。8番では1mのパーパットが決まらなかったが、前半最後の9番で5m、折り返して10番で5.5m、11番で5m、12番で4.5mと、ショットは好調さを見せていた。

 ただ、この日はパッティングが入らず、「崩れる雰囲気は全くなかったですが、伸ばすためには全然ダメな内容でした」とモヤモヤが募った。9番から12番までのチャンスは全て決まらず、15番の5mも入ってくれない。

 16番では、ガードバンカーからの3打目をベタピンにつけてバーディーとしたが、カットラインはまだ1打先。それが17番でのミスを誘った。「パターが入っていない分、ショットでつけたいという気持ちが出たんじゃないかなと思います」という118ヤードの2打目がグリーンに届かず、ボギーとなって万事休す。イーブンパーの86位タイで、決勝ラウンド進出には2打及ばなかった。

 問題は噛み合わせだ。この日は、フェアウェイキープ率が64.29%に上昇したものの、パッティングのスコアへの貢献度を示すデータは、前日の0.324から-1.693に低下。

「ティーショットはあまり悪いところも出なかったし、かなり思った通りのスイングが出来始めています。あとは、どう結果に繋げていくか。まあ、そこが一番難しいんですけど……。これより悪い成績はないので、来週から頑張りたいと思います」

 早めに優勝するのが目標と語っていた松山にすれば、早々に上位に入って良い流れに乗りたいところだ。そのためにも、2週連続出場となる次週の「シュライナーズホスピタルズforチルドレンオープン」は、大事な1戦となる。

NEXT

∧

∨

スコアボード

HOLE
Par
ROUND4
ROUND3
ROUND2
ROUND1
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 T
4 3 4 4 5 4 3 4 5 4 3 4 4 4 3 5 4 5 72
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
4
E
3
E
4
E
4
E
4
-1
4
-1
3
-1
5
E
5
E
4
E
3
E
4
E
4
E
4
E
3
E
4
-1
5
E
5
E
72
E
4
E
3
E
4
E
3
-1
4
-2
5
-1
3
-1
5
E
5
E
5
1
3
1
4
1
4
1
4
1
3
1
4
E
4
E
5
E
72
E

リーダーズボード

Pos Name
1 キャメロン・チャンプ
2 アダム・ハドウィン
3 マーク・リーシュマン
4T チャールズ・ハウエル III
4T ザック・ブレア
4T ジャスティン・トーマス
7T ディラン・フリテリ
7T キャメロン・パーシー
7T ザン・シン ジュン
10T ニック・ワトニー
10T コリン・モリカワ
10T ニック・テイラー
CUT 松山英樹
Total Thru Round R1 R2 R3 R4 Strokes
-17 F -3 67 68 67 69 271
-16 F -5 68 70 67 67 272
-14 F -7 70 72 67 65 274
-13 F -4 73 65 69 68 275
-13 F -4 75 66 66 68 275
-13 F -3 71 64 71 69 275
-12 F -6 70 65 75 66 276
-12 F -5 70 69 70 67 276
-12 F -3 69 68 70 69 276
-11 F -1 69 65 72 71 277
-11 F -1 72 64 70 71 277
-11 F E 69 66 70 72 277
E -- -- 72 72 -- -- 144

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。