TOUR RESULT

2019.08.01 - 08.04

ウィンダム選手権

ウィンダム選手権
ウィンダム選手権

再びトリプルボギーでの予選敗退も、
ランク31位でプレーオフシリーズへ

 今シーズンも、いよいよレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」を迎えた。松山英樹は、全英オープンから3週連続の出場を選択。今大会は昨年も参戦したが、そこには、プレーオフシリーズを前にフェデックスカップランクが88位に沈んでいたという事情があった。対して今年は、ランク29位。本来ならスキップしても良さそうなものだが、頭にはやはり、「年間の目標の一つ」と言う、最終戦「ツアー選手権」出場がある。ここで良い戦いをし、「ツアー選手権」出場の条件であるランク30位以内を、より確実なものに近づけたい。

NEXT

∧

∨

「予選は通らないと話にならない状況ですが、上位に行って戦うことが出来ればと思います。優勝争いをするゴルフが3週続けば、余裕で最終戦に行けます。そういうゴルフが出来るようにしたいですね」

 順調に駒を進めれば、6週連続出場という過酷なスケジュールが待っているが、それもお構いなしだ。

「去年も6連戦(WGC「ブリヂストン招待」からプレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」まで)をしていますし、大丈夫かなという感じですね」

 迎えた初日。松山は6連戦に向けて、まずまずのスタートを切った。序盤の6ホールでは2つのバーディーを奪った一方、ボギーも2つ重ねたが、「悪いスイングをしたのが結果に出ました。ここが悪いんだというのがすぐに分かりました」と、すぐに修正。8番から3つのバーディーを数え、ボギーはゼロに抑えて、3アンダーで最初の18ホールをまとめた。トップとは5打差で、順位は46位タイ。今大会ではアイアンを一新し、パターもエースに戻したが、パーオン率は83.33%、パッティングの貢献度を示すスタッツも0.146と、問題とはならなかった。

「結果も凄く欲しいですけど、それ以前の山積みになっている問題が解消されてきています。クリアにすると、結果がついてくると思います」

 このポジティブな言葉は、2日目のプレーにも充分表れていた。インスタートの14番でボギーを先行させたが、その後はバーディーを4つ奪い、ボギーはゼロ。この日もパーオン率は72.22%と高かった。

 ただ、全英オープン2日目の1番のように、今回もわずか1ホールの乱れが命取りとなった。17番。引鉄となったのは、141ヤードのセカンドショットだ。しっかりと打てたつもりなのに、キャリーがまったくグリーンに届かなかった。

「距離的に自分ではピッタリくらいの感覚で打っているのが、10ヤード以上ショートしているので……。アプローチに気持ちを切り替えられなかった要因ですかね」

 花道からの3打目アプローチはダフリ気味に入って、いったんグリーンに乗ったボールが戻り、3パットまで喫して痛恨のトリプルボギー。通算3アンダーは84位タイで、予選カットに1打足りなかった。決勝ラウンドに進めなかったのは、全英オープンに続き、今季2度目のこととなった。

 ただそれでも、自分の中にある復調の感触に変化はない。

「全体的に上手く流れに乗れれば、上位で戦っていてもおかしくない内容にはなってきていると思います」

 今大会終了時の松山のフェデックスカップランクは30位と、6年連続最終戦出場も近い位置のままだ。真価を発揮するのは、次週のプレーオフシリーズ第1戦、「ザ・ノーザントラスト」からでも、まったく遅くはない。

NEXT

∧

∨

スコアボード

HOLE
Par
ROUND4
ROUND3
ROUND2
ROUND1
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 T
4 4 3 4 5 4 3 4 4 4 4 3 4 4 5 3 4 4 70
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
4
2
3
1
3
1
4
1
4
E
4
E
3
E
4
E
4
E
4
E
4
E
3
E
4
E
5
1
4
E
2
-1
7
2
4
2
70
E
5
1
3
E
3
E
4
E
4
-1
5
E
3
E
3
-1
4
-1
3
-2
4
-2
3
-2
4
-2
4
-2
5
-2
2
-3
4
-3
4
-3
67
-3

リーダーズボード

Pos Name
1 J.T. ポストン
2 ウェブ・シンプソン
3 アン・ビョン・フン
4 ビクトル・ホブラン
5 キム・シウ
6T ジョシュ・ティーター
6T ビリー・ホーシェル
6T イム・ソンジェ
6T ブライアン・ハルマン
6T ローリー・サバティーニ
6T ジェイソン・コクラック
6T ブライス・ガーネット
CUT 松山英樹
Total Thru Round R1 R2 R3 R4 Strokes
-22 F -8 65 65 66 62 258
-21 F -5 64 65 65 65 259
-20 F -3 62 65 66 67 260
-19 F -5 66 66 64 65 261
-17 F -6 66 65 68 64 263
-16 F -6 64 65 71 64 264
-16 F -6 68 67 65 64 264
-16 F -5 62 67 70 65 264
-16 F -4 67 65 66 66 264
-16 F -3 63 68 66 67 264
-16 F -4 70 64 64 66 264
-16 F E 64 64 66 70 264
-3 -- -- 67 70 -- -- 137

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。