TOUR RESULTTOUR RESULT

2014.09.04 - 09.07

BMW選手権

起死回生の2連続バーディー
自らの手でもぎ取った最終戦切符

「行けても行けなくても
それが自分の力」

 強い選手は、誰もが注目する終盤のホール、特に18番で観客を魅了するプレーをすると言われる。まさにその言葉を地で行く、最終日17番、18番のセカンドで見せたスーパーショット。改めて松山英樹が、何か強い星の元に生まれてきた一人だということを感じさせた。今時の言葉で言えば、「持ってる男」ということか──。
「マイルハイシティ」、コロラド州デンバー近郊のチェリーヒルズカントリークラブで初の開催となったプレーオフ第3戦BMWチャンピオンシップ。

NEXT

∧

∨

ドイツバンクチャンピオンシップで崩した体調が心配されたが、松山は元気な様子でスタートした。手の中には、前戦2日目で得た「今年一番いい感覚」も残っていたようだ。インスタートとなった10番で、セカンドを左奥のピンのショートサイドに寄せてバーディーとすると、続くパー5の11番では、アプローチをグリーン手前にワンクッションさせて1.2mにオン。連続バーディーを奪う。前半最終の18番では左の池ギリギリのセミラフから左ピンハイ2mにつけ、3つ目のバーディー。後半で2つのボギーを叩き、トータル1アンダーとなったが、いつもよりボールが飛ぶ環境に戸惑ったのか、周りも伸びずに首位は3アンダー。松山は13位タイにつけた。そして何より、戻りつつあるパッティングのフィーリングが嬉しい。
「感触は良いと思います。ショットがまだ、ところどころ変なスイングで無理やり合わせているところがあるが、パットに関してはそれもなく、良い感じで打てていると思います」
 実際、バーディーを決めたホールだけでなく、13番、15番、17番の微妙な距離のパーパットも、しぶとく沈められた。

「練習で自信がついてきた。練習でもすごく良いストロークが出来ている」
 2日目、その好調さが初日以上にスコアに表れる。1番で、もう少しでチップインというアプローチを見せると、7番では約10mのパットを決め、13番、17番では4m、3mにつけて、この日計4つのバーディー。ボギーは5番の一つに抑えた。
 この日3アンダー、トータル4アンダーはトップから4打差の5位タイ。この試合に最終戦へぎりぎりのランク30位で乗り込んだ松山だが、その順位を守るどころか、2勝目も見える位置だ。ただ、松山はまだ2日目ということもあって、気持ちを抑える。
「自分の良いプレーが出来たら上に行けると思っている。順位はあまり気にしないです。良い位置でプレー出来ているので、明日からも崩れないようにやっていきたいと思います」
「スコアを作る上では、一番パットが大事。今週2日間は入ってくれるから、スコアを作れている。これをいかに持続出来るかが大切だと思います」
 迎えた3日目。松山が自ら口にしていたパッティングが、実際に大きなポイントになった。無情にも、良い意味ではなく、悪い意味で。

NEXT

∧

∨

8番では12mから3パット、12番では6mにつけながら、バーディーパットがカップ左を抜け、返しもカップに蹴られて、再び3パット。1番と5番ではショットが悪くボギー。2番、4番、16番でバーディーとしたが、ボギーを全て消すだけのものは、この日の松山には無かった。ムービングデーと呼ばれる3日目。やはり、上位はどんどんスコアを伸ばす。そんな日に1オーバーは即、優勝争いからの脱落を意味する。トータル3アンダーで順位こそ15位タイだが、トップとはあっという間に10打の差が広がっていた。
「満足感はない。」というコメントから、逆に優勝争いに踏み止まれなかった不甲斐なさを思う気持ちが滲み出る。しかし、後ろを見てばかりいても仕方がない。
「悪かったら、明日で終わり。良かったら来週も行けると言うだけです。明日頑張ってみて、行けなかったら行けなかったで、それは自分の力。行けたら行けたでそれも自分の力。あと残り1日頑張るだけです」

30位付近をさまようランキング
起死回生の4番アイアン

 最終日、目標はランキング30位に生き残ることに切り替わった。3日目終了時点の結果のままならランキング26位。ランキング30位を守れる計算だ。
 しかし、パッティングへの迷いを1日では振り切ることが出来なかったからか、先が思いやられるスタートとなる。1番ホールではピン手前2.7mにつけるも、バーディーパットはカップの左をすり抜ける。3番もアプローチを2mにつけたが、ボールは再びカップ左を転がっていった。続く4番でセカンドを2mにつけ、この日をバーディー先行としたが、流れは引き戻せない。5番ではティーショットをクリークに入れ、8番ではアプローチが大きくオーバーし、ボギーがバーディーを上回る。後半に入り、10番ではセカンドをベタピンにつけるショットでバーディーを奪うが、「いいストロークが出来ていなかったのでイライラして回っていた」状態では、11番、12番の2m程のチャンスも入らない。14番は、ショットを曲げてボギー。この時点で松山の予想ランキングは、とうとう31位と最終戦進出圏外に出てしまった。そしてその後も、他の選手のスコアによって、松山のランキングは30位付近をさまよう。

NEXT

∧

∨

「ボードは見ていました。15番が終わった時点で想定ランキングが30位と。残り2ホールで、どちらかでバーディーを獲らなければ」という思いで迎えた17番。ティーショットを右サイドの小さなバンカーへ入れた松山は、レイアップを覚悟する。だが、ライは良く、バンカーのアゴも思ったより低かった。残り228ヤードで、手にしたのは4番アイアン。今シーズン最高のショットの一つだったのではないだろうか。クリークをギリギリ超えてグリーンに着弾したボールは、左のほぼピンハイ4.3m。2パットでバーディーを奪い、この時点でランキング予想は30位から29位へ浮上する。そして、これで終わらないのが、この男の強さ。最終戦への切符を他人任せにはしない。自分の手で、きっちりもぎ取る。
「最後はボギーだけ打ってはいけないと思って打った。セカンドはあんな良いショットを打てるとは思わなかったけれど、ボギーを打たないところに打とうと」
 フェアウエイ右セミラフからの162ヤード、9番アイアンは、カップ手前10cmに落ちた後、ピンに当たるショット。ピンに当たると大きくカップから離れるように飛んでしまうこともあるが、右手前2mに止まってくれたのは、これも松山の「持ってる」ところか。

「集中はずっとしていた。それが上がり2ホールで続いたかなと思います」
 最後の最後で来た2連続バーディー。トータル4アンダー20位タイ。ランキングは28位で、フル参戦1年目での最終戦出場という快挙を、自らしっかりと手繰り寄せた。
「ショットは本当に悪いながらも、ある程度は良くなってきた。パットは変わらずどん底ですね。初日、2日目が良かっただけに余計にそう思うかもしれないけれど、もっと自分のフィーリングが出てくるような練習をしないといけないかなと思う」と、やはり自分に厳しい言葉が出てくるのが、この男らしい。だが、18番でカップからボールを拾い上げた後の、ほっとした笑顔が、松山の心境を最もよく表していたし、これがシーズンの良い締めくくりに繋がるのではないだろうか。
「予選落ちもないし、30位以下もない。とにかく自分の納得出来るプレーがしたい。優勝出来ればもちろん良いですが、先に繋がるプレーが出来たら、それだけでも嬉しい。勝ったとしても自分が納得出来ないプレーでは意味がないと思います。これから先のことを考えて、良いプレーをしたい」
 いよいよ、USPGAツアー1年目最後の戦い。アトランタでは、色々なものから解き放たれた、松山の最高のプレーが見られるはずだ。

NEXT

∧

∨

スコアボード

HOLE
Par
ROUND4
ROUND3
ROUND2
ROUND1
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 T
4 4 4 4 4 3 4 3 4 4 5 3 4 4 3 4 5 4 70
4
E
4
E
4
E
3
-1
5
E
3
E
4
E
4
1
4
1
3
E
5
E
3
E
4
E
5
1
3
1
4
1
4
E
3
-1
69
-1
5
1
3
E
4
E
3
-1
5
E
3
E
4
E
4
1
4
1
4
1
5
1
4
2
4
2
4
2
3
2
3
1
5
1
4
1
71
1
3
-1
4
-1
4
-1
4
-1
5
E
3
E
3
-1
3
-1
4
-1
4
-1
5
-1
3
-1
3
-2
4
-2
3
-2
4
-2
4
-3
4
-3
67
-3
4
-3
4
-3
5
-2
4
-2
4
-2
3
-2
4
-2
4
-1
4
-1
3
-1
4
-2
3
-2
4
-2
4
-2
3
-2
4
-2
5
-2
3
-3
69
-1

リーダーズボード

Pos Name
1 ビリー ホーシェル
2 バッバ ワトソン
3 モルガン ホフマン
4T ジム フューリク
4T リッキー ファウラー
4T セルヒオ ガルシア
4T ライアン パーマー
8T アダム スコット
8T ロリー マキロイ
8T ジョーダン スピース
20T 松山英樹
Total Thru Round R1 R2 R3 R4 Strokes
-14 F -1 68 66 63 69 266
-12 F -4 70 66 66 66 268
-11 F -7 72 72 62 63 269
-9 F -4 70 68 67 66 271
-9 F -2 71 66 66 68 271
-9 F -3 68 64 72 67 271
-9 F 1 69 64 67 71 271
-8 F -4 71 66 69 66 272
-8 F -4 67 67 72 66 272
-8 F -3 67 70 68 67 272
-4 F -1 69 67 71 69 276

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close