TOUR RESULTTOUR RESULT

2014.08.29 - 09.01

ドイツバンク選手権

圧巻の8バーディーを奪った
「今年一番いい感覚」

予選カットは、「前半を終えた
時点で全然気にしなかった」

 首位から15打離れたトータルイーブンパー、57位タイ。松山英樹のプレーオフシリーズ第2戦、ドイツバンクチャンピオンシップは、結果的に見れば低調なものに終わった。しかし彼にとっては、この第2戦が、今後の戦いに向けて大きな意味を持ったのではないだろうか。松山の中に表れた、「今年一番いい感覚」。2日目に8バーディーを奪ったゴルフは、長く続いた不調から抜け出す、道標となるかもしれない。

NEXT

∧

∨

 開幕前に、「つかんだものはないですよ」と語っていたとおり、初日にはまだ気配はなかった。1番こそ、セカンドをピン奥に落として傾斜とバックスピンで戻し、60cmのバーディーパットを決める絶好のスタートを見せたものの、2番、3番でアプローチを寄せきれず連続ボギー。さらに8番ではバンカーショットがピンを大きくオーバーし、9番ではティーショットを左に曲げたことが響き、ふたたび連続ボギーを献上する。

 折り返して12番ではセカンドを左ピンハイ2.5mにつけ、14番ではエッジからハイブリッドでチップインを決めて2つスコアを戻したが、バーディーを取りたい後半唯一のパー5の18番で、グリーン手前のバンカーから1打で脱出出来ないミスにより、この日5つめのボギー。昨年、一昨年と優勝者のスコアが20アンダー以上というこのコースでの2オーバー、65位タイ発進を、「大変な1日だった」と振り返った。
 2日目も、出だしは良くはなかった。インスタートで、11番ではバンカーから寄せられず、12番ではセカンドでかなりの前下がりのライからグリーンオーバーし、連続ボギー。

 しかし、「いいショットを2回打って、パットも決める事が出来てすごくリズム良くプレー出来た。」という、15番の2.5mを沈めたバーディーから流れが変わった。続く16番では、右から左へのグリーンの傾斜を利用して、ピン左奥4mにつけてバーディー。
18番では、グリーン左サイドのバンカーから寄せてバーディーとし、この日の前半を1アンダーで終えると、1番3.5m、2番1mを入れて連続バーディー。さらに終盤の7番からは2m、2m、1mを沈めての3連続バーディー。3番と6番では、3パットでダブルボギーとし、この日2アンダーと結果的には目立たなかったが、奪った8つのバーディーは、初優勝を果たしたザ・メモリアルトーナメント最終日以来であり、今年2度目のこと。

「途中からいい感じで振れていましたし、今年で一番いい感覚が出たと思う。久々にパットが入って気分良くプレーできました。序盤のパーパット、後半のパーパット、ボギーパットをミスしているところはまだまだかなと思いますが、それ以上に、良いパットが決まり始めて、ショットも良いものが出ている」

NEXT

∧

∨

 じつは、6番ダブルボギーの時点で予選カットラインの3オーバーとなっていたのだが、「前半を終えた時点で(予選カットは)全然気にしていなかった」というように、このゴルフならば、全く問題にはならなかった。
「明日、明後日で試合の中でスイングの感覚がずれないようにやっていきたいと思います」

上位進出を阻んだ体調不良
正念場となる次の1週間

 トータル1アンダーイーブンパー、44位タイで進んだ決勝ラウンド。3日目も、「感覚」は確かに松山の体の中に残っていた。前半こそ、3番と9番で難しいアプローチが残った為にボギーとし、バーディーは4番のみに終わって1オーバーとしたが、後半に入ると、12番では163ヤードを2mにつけてバーディーとし、15番、16番ではいずれも、バックスピンとグリーンの傾斜で3mに寄せて連続バーディー。最終18番でも、89ヤードのサードショットを1mにつけて、バーディーフィニッシュを決める。この日3アンダー、トータル3アンダーで34位タイに浮上。

「ドライバー以外は良いかなと思います。パターは入って当たり前の距離が入ってくれている。ホッとしている部分と、入る自信を持って打てていない部分が半々ですけど、今日に関しては短いパットもほとんど外さず、良かったなと思います。
 良くない日でもある程度つけられているし、良ければもっとピンに行くと思う。自分の打った感触的に、良い当たりが先週などに比べて段々と増えてきているので、その点は良かったなと思います。満足度は100を目指しますけど、試合を作るという意味でのアイアンショットだったら、これくらいで良いのかなと思う」
 しかし、中々良い事ばかりも続いてはくれない。3日目終了時に、「体のキレは序盤しっくりきていなかったんですけど、上がりで良かったので気にしないです」と、あまり多くを語らなかったが、ゴルフの調子が戻ってきたと思ったら、今度はブリヂストンインビテーショナルから5連戦目を迎えている体が不調を訴えた。

NEXT

∧

∨

「風邪です。昨日からしんどかった。その中でも昨日(3日目)はしっかりアンダーで回れているので、風邪が言い訳になることはないですね」と、決して最終日の結果の原因を体調には求めなかったが、7番でアプローチを大きくダフって(本人は、「ただのミスショット」と言うが)しまう姿を見ると、その影響は大きかった。後半10番から12番まで、アプローチの難しい場所にショットしてしまったり、ショートパットを明らかに引っかけたりで3連続ボギーとすると、14番でもアプローチがピンを大きくオーバーしてボギー。最終パー5で2オンからバーディーとしたのはさすがというところだったが、結局この日のバーディーは、4番と18番の2つのみ。
「今日はうまくプレー出来なかった。構えた時点で上手くいく感じがしなかったですし、アドレスのフィーリングが上手くいかなかった」
 しかし、救いはやはり、体調が優れない中でも、本人がそれほど悪くなかったと振り返るゴルフの内容だ。

「その中でも良いパットは打てましたし、あとはそれが結果に繋がらなかった。ショットも良いショットを打っても結果に繋がらなかった。一つでも良い流れになれば、アンダーで回れたと思います。」
 今回の結果で、フェデックスカップポイントランキングは24位から30位に後退。次戦は、最終戦ツアーチャンピオンシップに進める30位以内に残る為に、好結果が求められる。しかし、掴みかけた感触が本物ならば、出来るはずだ。しかも次の舞台、コロラド州のチェリーヒルズカントリークラブは、2012年に松山が全米アマチュア選手権に出場した際のコース。フル参戦初年度の彼にとって、数少ない既知の場所だ。
「休養して明日休むか、練習するか。今日これだけ悪かったから、来週頑張らないと最終戦に行けなくなってしまうので、来週いいプレーができるように。コースも知っているので。知っている分、余裕を持っていけると思う。来週頑張って優勝争いに加わりたい」
 ルーキーでツアーチャンピオンシップ出場という快挙のため、そして「今年一番良い感覚」をしっかりと体に染み込ませるという意味でも、松山にとっては正念場とも言えるこれからの1週間となる。

NEXT

∧

∨

スコアボード

HOLE
Par
ROUND4
ROUND3
ROUND2
ROUND1
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 T
4 5 3 4 4 4 5 3 4 4 3 4 4 4 4 3 4 5 71
4
E
5
E
3
E
3
-1
4
-1
4
-1
6
E
3
E
4
E
5
1
4
2
5
3
4
3
5
4
4
4
3
4
4
4
4
3
74
3
4
E
5
E
4
1
3
E
4
E
4
E
5
E
3
E
5
1
4
1
3
1
3
E
4
E
4
E
3
-1
2
-2
4
-2
4
-3
68
-3
3
-2
4
-3
5
-1
4
-1
4
-1
6
1
4
E
2
-1
3
-2
4
E
4
1
5
2
4
2
4
2
3
1
2
E
4
E
4
-1
69
-2
3
-1
6
E
4
1
4
1
4
1
4
1
5
1
4
2
5
3
4
3
3
3
3
2
4
2
3
1
4
1
3
1
4
1
6
2
73
2

リーダーズボード

Pos Name
1 クリス カーク
2T ジェフ オギルビー
2T ラッセル ヘンリー
2T ビリー ホーシェル
5T ジョン センデン
5T ロリー マキロイ
7T マーティン カイマー
7T ジェイソン デイ
9T カール ペターソン
9T ジミー ウォーカー
9T ロバート ストレブ
9T ビル ハース
9T チェッソン ハドレー
9T ノ ソンユル
9T ウェブ シンプソン
57T 松山英樹
Total Thru Round R1 R2 R3 R4 Strokes
-15 F -5 73 66 64 66 269
-13 F -6 70 71 65 65 271
-13 F -1 70 66 65 70 271
-13 F -2 69 66 67 69 271
-11 F -5 69 71 67 66 273
-11 F -1 70 69 64 70 273
-10 F -4 71 66 70 67 274
-10 F E 66 68 69 71 274
-9 F -5 67 73 69 66 275
-9 F -4 70 70 68 67 275
-9 F -3 73 67 67 68 275
-9 F -2 67 69 70 69 275
-9 F -2 66 73 67 69 275
-9 F -1 69 68 68 70 275
-9 F E 66 70 68 71 275
E F 3 73 69 68 74 284

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close