CADDY BLOGCADDY BLOG

2018.11.26

松山英樹の専属キャディ進藤大典氏のブログ vol.93

ダンロップフェニックス
ダンロップフェニックス
ダンロップフェニックスが終了して
僕にとっての2018年シーズンが
終了しました。

残念ながら試合結果は、皆様のご期待に沿えることはできませんでしたが、たくさんのご声援を頂き本当にありがとうございました!

ゴルフにタラレバはないのですが、先週の試合もあと一つ二つパットが入っていたり、ショットが良かったりすれば、いい流れを引き寄せて優勝争いにも十分に食い込んでいける内容だったと思います。

ゴルフというのは紙一重で優勝するもあり予選落ちもあり、それだけにトータルなバランスを維持することが本当に難しいスポーツだとつくづく感じます。

NEXT

∧

∨

このような状態のときもあれば良い流れが来ることもある。英樹の地力からすればまたいい流れを呼び寄せる時が来ると確信しています。

そして、もう皆様ご存知のことと思いますが、試合終了後にメディアでも流れましたが、今シーズンで松山英樹専属キャディとしての活動を一段落つけさせていただくことになりました。2013年以来6シーズンにわたりPGAツアーという世界最高峰の舞台をメインにチーム松山の一員として戦えたことを本当に感謝しています。メジャーでの試合、優勝した試合、惜しくも優勝を逃した試合、それ以外の試合も含めて1年1年の内容が濃く、どの試合も本当にたくさんの思い出がありすぎてなかなか一言で言い表すことはできません。

PGAツアーで英樹と共にプレーできたことは僕の人生にとって最高の舞台だったと思いますし、この6年間を誇りに思っています。英樹はじめチーム松山のみんな、スポンサーの皆様、そして競技生活を支えてくださった多くの皆様に心より感謝を申し上げたいです!

ただ、これで英樹のバックを全く担がないというわけではありません!思い起こせば初めて英樹のバックを担いだ時のなんとも言えない安心感というか、、ちょっとくらいのトラブルや障害物ではビクともしない戦車のような重厚感のある感覚、V8エンジンを搭載したような日本が世界に誇る高性能な大型車といいましょうか。。

この6年間で一緒に目指してきたメジャーで勝つという夢の実現のために、これからもサービスエリア的なカタチで英樹のためにできることは何でもサポートしていければと思っています。自分なりに様々な視点を持って、いろいろなことにチャレンジし勉強して、次に英樹のバックを担ぐ時のために僕自身も頑張りたいと思いますので、その時がくるのを楽しみにしていてください!

チーム松山は12月にバハマで開催されるヒーローワールドチャレンジに出場して2018年シーズンが終了します。2016年にはダントツで優勝した思い出の大会です。今シーズン復活を果たしたホスト役のタイガーもきっと素晴らしいプレーを見せて大会を盛り上げてくれるでしょう。僕も日本から、このブログを読んでくださっている皆様と共にチーム松山の今年の締めくくりを応援したいと思います!

(写真:松山英樹選手(右)と記念撮影)

松山英樹専属キャディ 進藤大典
Hideki Matsuyama caddy Daisuke Shindo

∧

∨

LINE UP

  • UXUX F/F SPORTF/F SPORT LEXUS SUVLEXUS SUV

LEXUS INFO

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close