CADDY BLOGCADDY BLOG

2018.09.28

松山英樹の専属キャディ進藤大典氏のブログ vol.91

ツアー選手権
ツアー選手権
ツアーチャンピオンシップを
4位フィニッシュし、
今シーズンが終了しました!

優勝争いには届きませんでしたが、結果的にはツアー選手権で2016年の5位を上回り、この大会の最高成績で今シーズンを締めることができました。
30人という限られたエリートフィールドで5年連続プレーすることができたうれしさ、凄さを改めて強く感じました。

試合は世界中の皆様がご存知のとおり、タイガー・ウッズの復活優勝で幕を閉じました。3日目にタイガーとホールとホールの合間ですれ違いました。
いつもなら目を合わせて挨拶してくれるのですが、今回それはありませんでした。

NEXT

∧

∨

僕の感覚ですが、意図的に緊張感をつくりだし集中力を高めていることがヒシヒシと伝わってきました。そして!皆様もテレビでご覧になられたと思いますが、あのギャラリーの大波の凄さ。やはりこんな映像を作り出せるのはタイガーしかいないですよね。最終戦での優勝といい、やはりスーパースターが戻ってくれたことはゴルフ界にとっても本当に嬉しいニュースだったと思います。

そして英樹の2017-18シーズンも終了しました。今シーズンはPGAツアー参戦して以来、おそらく英樹にとっても最も納得のいかないシーズンだったと思います。
昨年2位まで上がった世界ランクも下がりました。でもそんな中でもプレーオフ4戦でのパフォーマンスと結果は、英樹の底力を証明するものでしたし、 間もなくスタートする2018-19シーズンをいい流れでスタートすることができると思います。

僕にとっても今シーズンはおおきな節目の年になりました。夏場に2ケ月休みをいただき、久しぶりに日本の夏を過ごしてたくさんの貴重な体験ができました。

復帰後のプレーオフも、最終戦までチームのみんなで戦うことができました。またPGAツアーの選手やキャディ仲間も温かい声をかけてくれました。

改めて自分がたくさんの皆様に支えられていると実感し、感謝の気持ちがより強くなったシーズンでした。

この場を借りて皆様に御礼を申し上げます。新しいシーズンがすぐにマレーシアから幕を上げます。引きつづきチーム松山へのご声援をよろしくお願い致します。

(写真:左ー飯田光輝トレーナー、右ー進藤大輔キャディ)

松山英樹専属キャディ 進藤大典
Hideki Matsuyama caddy Daisuke Shindo

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close