CADDY BLOGCADDY BLOG

2017.12.26

松山英樹の専属キャディ進藤大典氏のブログ vol.81

ヒーロー・ワールドチャレンジ
ヒーロー・ワールドチャレンジ
長いようで短い一年。
2017年もまもなく終わります。

このサイトをご覧いただいている皆様、本年もたくさんの応援ありがとうございました。

例年通りハワイ・マウイで始まった今年は、前年終盤の勢いを保ったまま素晴らしいスタートを切ることができました。いきなり優勝争いを演じ、僕自身はカリフォルニア・サンディエゴでの試合で、人生で初めて体調不良で仕事をキャンセルしてしまいましたが、2月のアリゾナ・フェニックスで大会連覇を達成。期待を大きく膨らませてメジャーシーズンを迎えることができました。

NEXT

∧

∨

目標としているメジャー制覇は成し遂げられませんでした。
それでもすべての試合がそれぞれ記憶に残るゲームになったと思います。

強風の吹いた初日に出遅れたマスターズ、終盤に巻き返して2位に入った全米オープン。全英オープンでは最終日の1番でティショットをOBゾーンに打ちましたが、カムバックしてみせました。そして、クエイルホロークラブでの全米プロではタイトルにあと一歩に迫りました。

一年間コースを一緒に歩いて、どんなときも一生懸命プレーする英樹のひたむきさ、集中力の高さ、ゴルフに対する情熱や生き様を改めて実感できました。彼のおかげで、僕も日々様々なことを経験させてもらっています。

英樹は今年、結婚して新しい家族ができました。子どもの写真を眺めたりする時間は、もちろんいままでにはなかったものです。

先日、小平智選手と古閑美保さんの結婚式が都内で行われたのですが、僕の同級生である宮里優作選手がスピーチで「勝てなくて苦しい時期に家族ができて『人生はゴルフだけではない』と実感して、いろんなことが見えるようになった」と話していました。彼らは身近な人々のサポートを力に変えられます。だからこそ、2018年はまた新しいヒデキ・マツヤマが見られるのではないかと期待しています。
今年見つかった課題をひとつひとつクリアしていくことで、メジャー制覇だけでなく、PGAツアーの年間王者や世界ランキング1位という称号も見えてくるはず。僕自身も、自分にしかできないことを精一杯頑張って、少しでも彼の助けになればと思います。

日本に帰国しているオフの間は、ファンの皆さん、そしてスポンサーの方から普段本当に多くの応援いただいていることが改めて心に沁みます。この場をお借りして感謝申し上げます。2018年も力の限り戦い抜いて、恩返しになればと思います。

松山英樹専属キャディ 進藤大典
Hideki Matsuyama caddy Daisuke Shindo

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close