CADDY BLOGCADDY BLOG

2017.08.10

松山英樹の専属キャディ進藤大典氏のブログ vol.78

WGCブリヂストン招待
WGCブリヂストン招待
WGCブリヂストン招待で今シーズンの
3勝目を挙げることができました。

これまでのコースとの相性を考えれば、一度もトップ10入りしたころのなかったファイヤーストーンCCでまさか優勝、しかも2位に5打差をつける圧勝ができるとは…というのが率直な気持ちです。1シーズンで世界選手権シリーズ2勝という快挙も、さすが英樹だな…と改めて実感させられました。

本人が試合後に話していた通り、日曜日のスタート前のショットの状態は本当に心配になるほど悪いものでした。
それでも英樹のアプローチの技術が1番2番で勢いをつけたと思います。

NEXT

∧

∨

コースに出ると、1番でOKアプローチに寄せ楽にスタートを切れ、スコアを伸ばしたい2番では、ティショット、セカンドも飛びすぎるくらいの素晴らしいボールを打った後だったこともあり、絶対にバーディを獲りたい場面でしたが、ここも絶妙なアプローチでイーグルを決めました。すごく速い下りのラインを見事に決めた瞬間に、「今日は行けるかもしれない」と思えました。今思えば、1週間でチップインが3回もありました。もちろん技術あってこその話ですが、勝つときというのはそういうものかもしれませんね。

4年前のこの大会で、英樹の隣で僕もタイガー・ウッズの61を見ることができました。

当時の61は、本当にタイガーらしいゴルフが詰まったものでした。ショットを大きく曲げたところからスーパーセーブを見せたり、ビックリするようなパットが入ったり…。

ただ、英樹の61はタイガーとはまた違う"英樹らしい61"だったと思います。誰よりもまっすぐ飛ばして、アイアンショットでチャンスをどんどん作っていく。英樹にしかできない、オリジナルの1イーグル、7バーディだったように思います。

シャーロットに移動し、今週はメジャー最終戦の全米プロゴルフ選手権に臨みます。

ファイヤーストーンCCで作ったいい流れをキープしながら、いいリズムに乗れるように。難しくマイナーチェンジしたクエイルホロークラブに挑戦したいと思います。

応援よろしくお願いします。

松山英樹専属キャディ 進藤大典
Hideki Matsuyama caddy Daisuke Shindo

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close