CADDY BLOGCADDY BLOG

2015.04.17

松山英樹の専属キャディ進藤大典氏のブログ vol.23

マスターズ・トーナメント
マスターズ・トーナメント
最終日ローリー・マキロイと並び、
ベストスコアの66を出し、
5位フィニッシュと好成績を
残す事が出来ました。

一週間沢山の応援本当にありがとうございました。

メジャーでトップ10に入れたのは今後の残りのシーズン、3試合のメジャー、来年以降のマスターズにとって良い経験ができたと思います。

メジャーでの優勝の為には、まずメジャーでの舞台の経験を沢山積む!!
この過程が凄く大事だと常に僕は考えています。

英樹とも試合中に話しをしていたのですが今年のマスターズでは、去年のマスターズ、今までのマスターズとの雰囲気の感じ方が違いました。

NEXT

∧

∨

場慣れと一言で片付けてしまう程単純なものではないのですが、PGAtourにフル参戦して二年目。
シーズンを通してメジャーに挑む流れ。これを感覚で覚え、またその場の雰囲気をどんどん自分のものにする。

この過程が凄くメジャー優勝には大事なステップの一つ。

優勝も、優勝争いの場面を沢山経験した方が有利なのは間違いありません。

ジョーダン・スピースがまさに良い例だと思います。

昨年バッバ・ワトソンとの最終日最終組での経験を得て、直近の試合では2位、優勝、2位と優勝争いをバリバリしてマスターズに挑みました。

全選手の中で一番そういう雰囲気に間違いなく慣れていたと思います。
それが予選ラウンドの64・66のスーパーロケットスタートにつながり、そのまま逃げ切りの完全優勝に繋がった勝因の一つではないでしょうか。

僕たちも昨シーズンのメジャーでは悔しい成績が続きましたが、その経験一つ一つがメジャー優勝への道へ一歩一歩進めていると実感しています。

もちろん良い時ばかりではないのは分かっています。メジャーに照準を合わすのがどれほど難しい事かも。タイガー・ウッズやバッバ・ワトソン、アダム・スコット、ヘンリック・ステンソン、トップランカーの選手達が身をもって教えてくれています。

僕自身も今回の成績をしっかり振り返り、反省し、どうすればもっと上に行けるかを分析し今後に繋げたいと思います。

まだまだ戦いは始まったばかりです。
残りの試合、メジャーでベストのサポートが出来るように日々精進します。

松山英樹専属キャディ

進藤大典

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close