CADDY BLOGCADDY BLOG

2015.03.13

松山英樹の専属キャディ進藤大典氏のブログ vol.21

WGCキャデラック選手権
WGCキャデラック選手権
WGC初戦はトータル+2オーバー
23位でフィニイッシュしました!

厳しいセッテイングの中で、初日は六連続ボギーなどありましたが、そこから踏ん張って25位以内に入り、また昨年の成績を上回れて良かったです!!

去年は優勝が5アンダー。アンダーパーがたった3人だけという、驚異の難しさでした。

今年は雨が降り、多少ですがグリーンが柔らかくなったため優勝が9アンダーでしたが、1アンダーでもtop10に入れています。

世界ランカーが揃ったメンバーでこのスコアですから、まさに世界選手権という名にピッタリなセッティングかもしれませんね。

どんなゴルフ場だったか軽く説明しますね!

NEXT

∧

∨

舞台となったのは、トランプ・ナショナル・ドラールゴルフ

通称 ブルーモンスター

あの世界の不動産王ドナルド・トランプの持ち物の一つでもあるゴルフ場ですが、昨年大会前に、東京ゴルフ倶楽部のグリーンの改造や、2016年のリオ五輪のコース設計を任された設計士ギル・ハンスによる大改修が行われ、コース難度が格段に難しくなりました。

今年もさらにコースがアレンジされてより難しさが増していました。

僕の本音からすると少し難しすぎる気がしますが…

今年も当たり前のように毎日吹くフロリダ独特の強風に、固いフェアウェイとグリーン、蛇が体を巻き付くように池が毎ホール選手にプレッシャーをかけてきます。

また、ほぼ全てのフェアウェイバンカーがキャリーで300から310ヤード飛ばせないと捕まってしまいます。これが今回の優勝争いの一番のミソかもしれません。

優勝したダスティン・ジョンソン、
二位のJ.B.ホームズ、
三位のバッバ・ワトソン、
四位のアダム・スコット、ヘンリック・ステンソン、
クラブを池に投げて話題を作った世界ランク一位のローリー・マキロイは九位。

みんなこのバンカーを越えていっちゃう世界屈指の飛ばし屋達です。さすがにズルいと思いました…(笑)

またこの人達は曲がるときもワールドクラスの曲がり方をするので、バカーンっと曲がるとフェアウェイバンカーを通り越して、更にその横の林も通り越して隣のホールのラフとかフェアウェイまで曲げてしまうから、逆にそこから狙えたりするんですよね。

飛ばし屋封じの為に、トランプさんに全ホール隣に家かマンションでも建てて貰いたいものです。。。

NEXT

∧

∨

泣き言はこの辺にして、来年はブルーモンスターを退治したいですね!

松山英樹専属キャディ

進藤大典

∧

∨

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。

Close