CADDY BLOG

2020.02.12

松山英樹のキャディ進藤大典氏のブログ vol.109

ウェイストマネジメント・フェニックスオープン
ウェイストマネジメント・フェニックスオープン
2020年がスタートしたと思ったらあっという間に2月ですね!

PGAツアーも米国本土の西海岸シリーズ2試合が終わりました。特にフェニックスオープンは、2014年以来昨年まで6年間バックを担ぎ、2連覇あり途中棄権あり優勝争い有りと本当に僕にとっても思い出深い大会です。今年はテレビ解説での参加となりましたが、あのコースを知り尽くしているので解説している自身もが1ホール1ホールを楽しむことができました。優勝したウェブシンプソンは、2017年、英樹にプレーオフで負けた経験を活かしての優勝。昨年のリッキー、2016年の英樹の優勝もそうですが、悔しい思いをした選手が優勝するという展開、フェニックスオープンはどこかで神様が力を貸しているのではないかと思うくらい、ここ数年劇的な展開が続いています。来年の大会もいまから楽しみです。

NEXT

∧

∨

ファーマーズインシュランスオープン、フェニックスオープンと、英樹自身の思いとしては物足りない結果になってしまったのだと思いますが、僕の見方は全く変わらずいつでも英樹は優勝争いに加わってくると疑っていません。昨年9月末の開幕戦で予選落ちして以来、フェニックスオープンまで予選落ちはありませんし、現状でFedExランクポイント14位、来年のシードも楽々クリアしています。また今回はここまでのスタッツにも注目してみましたが、平均ストロークが69.360の7位。パーオン率やグリーン周りのアプローチの精度を見ても上位10位台と相変わらずの安定感をキープしています。英樹の使用クラブがメディアで取り上げられているようにこの1月、2月はクラブテストも含めて、オフでやってきたことを試合で試しながら、日に日に良い状態をつくっていく中で、パターや噛み合わせが良くなってくれば、間違いなくその時が来ると思っています。その時とはあと2ケ月に迫ったマスターズであることは言うまでもありません。

そして今週はジェネシス招待です。開催されるリビエラCCはLA有数の歴史を持つ素晴らしいコースです。戦略性の高い見ごたえあるコースですし、タイガーも出場します。英樹やタイガーはもちろんですが、PGAのトップ選手達のそれぞれのコースとの向き合いに是非注目してください!

僕も今週は日本のお客様をお連れして、リビエラCCに行ってきます。久しぶりにアメリカ本土での英樹の生プレーを見るのが楽しみです。目一杯応援してきますので、皆様もチーム松山への応援宜しくお願いします!

(写真:LAのローリングヒルズゴルフクラブにて)

松山英樹キャディ 進藤大典
Hideki Matsuyama caddy Daisuke Shindo

∧

∨

LINE UP

  • UXUX F/F SPORTF/F SPORT LEXUS SUVLEXUS SUV

LEXUS INFO

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。