CADDY BLOG

2020.01.24

松山英樹のキャディ進藤大典氏のブログ vol.108

ソニーオープン・イン・ハワイ
ソニーオープン・イン・ハワイ
2020年がスタートしました!

今年も英樹を中心にPGAツアーについて寄稿してまいりますので引き続きキャディブログを宜しくお願い致します。

いよいよ今年のPGAツアーもマウイのセントリートーナメント、オアフのソニーオープン・イン・ハワイというハワイでの2試合で幕を開けました。ソニーオープン・イン・ハワイはテレビ解説もさせていただきましたが、選手それぞれスイングを改造したり、新しいギアを投入したり、新しいキャディとのタッグを組んでみたりと、メジャーに向けて今年一年をどう戦っていくか、いろいろな動きが見られるのもこの年始の試合の面白いところです。

NEXT

∧

∨

マウイでは、ジャスティン・トーマス、オアフではキャメロン・スミスという共に26歳のまだまだこれから勢いが加速しそうな選手が優勝しました。このような若い選手たちに加えてタイガー・ウッズはじめとしたベテラン勢やトップ選手達も加わり、毎週誰にも勝つ可能性があって、瞬きするのも惜しいくらい2020年のPGAツアーもエキサイティングでハイレベルな展開になること間違いありません。

そのような群雄割拠なPGAツアーですが僕個人としては、やはりタイガー・ウッズに注目しています。昨年マスターズでの復活優勝がありましたが、タイガーにとっても年齢的な壁は必ずや忍び寄ってきます。メジャーを狙っていく戦いができるのもあと数年だと思うので、タイガー・ウッズという伝説のゴルファーのキャリアの一年一年を目に焼き付けていきたいと思っています。

そして英樹の2020年もオアフからスタートしました。ソニーオープン・イン・ハワイはどちらかといえば相性のいい大会とは言えませんが、初日103位と出遅れたものの残り3日間でスコアを伸ばし終わってみれば首位と5打差の12位フィニッシュ。ロングホールでのアンラッキーなOBなどもありましたし2~3つパターが入っていれば面白い展開になっていたと思います。

英樹がハワイへ出発する際に空港まで見送りに行きましたが、準備も整っていて不安もなく、自信に満ちている感じだったので、あとは試合を重ねていくだけだと思っています。昨年から言っていることですが、どの試合でも英樹は勝つ状態にあります。あとはタイミングと運が味方すればメジャー含めてその時は訪れると確信しています。この後PGAツアーもアメリカ本土での西海岸シリーズに入ります。トリーパインズ、フェニックスオープン、リビエラ、どの試合も勝てるチャンスがありますし、いつ勝ってもおかしくない状態だと思いますので皆様もどの試合も見逃さず英樹を応援していただければと思います!

僕も2020年はメディアでのお仕事に加えて、少しでも多くの方に本場のPGAツアーを生で体験していただける機会をご提供できるべく新しいチャレンジに取り組んでいます。日々勉強の毎日を過ごしていますが、皆様と現場でお会いできるのを楽しみに今年も頑張ってまいりますので宜しくお願いいたします!

(写真:初詣で訪れた増上寺にて)

松山英樹キャディ 進藤大典
Hideki Matsuyama caddy Daisuke Shindo

∧

∨

LINE UP

  • UXUX F/F SPORTF/F SPORT LEXUS SUVLEXUS SUV

LEXUS INFO

  • LEXUSについて詳しくはこちらLEXUSについて詳しくはこちら
  • LEXUS COLLECTIONLEXUS COLLECTION

松山英樹は2014年1月よりLEXUSの所属となりました。